海外留学を終えて帰国後、英語を全く使わない普段の生活に戻ってしまうと、すぐに英語力は下がります!日本は日常会話で英語を一切使わずに生活ができてしまいます。まさにこの環境が、留学で得た英語力を下げる要因になっているのです。せっかく留学で身に着けた英語力、キープしたいと考えるのであれば自分で英語を使う機会を作っていかなければなりません。

今回は、留学後の英語を使う機会をどのように作っていくか具体的に紹介します。ぜひ参考にしてください。

留学後何もしないと英語力はすぐに低下してしまう!

楽しく有意義だった留学生活、目的であった英語力上達も果たして帰国です。しかし、そのまま何もせず放っておくと、気づいた時にはスピーキング・リスニングともに英語力が低下しています! 

なぜ英語力が低下してしまうのか?その答えはとてもシンプルで、「英語を使っていないから」です。

残念ながら、英語にかかわらず、語学力はその言語を使わなければどんどん落ちていきます。せっかく費用をかけて海外で勉強をしてきたのに、帰国して英語力を上げるどころかキープができないようでは留学した意味がなくなってしまいます。日本に帰国後の留学経験者に聞くと「日本語を聞く時間が増えるにつれ、英語がどんどん抜けていくようで怖かった」と言う方もいました。

英語を使う機会をつくることが大切!

日本では、あらゆる物事の名称や表現を日本語のみで完結させることが可能で、英語を使わなくても不自由なく生活ができます。しかし、逆にこの性質が原因で、留学後の英語力の低下をより招きやすくなってしまうのです。留学後も英語力をキープするためには、留学していた頃と同じように、日常的に英語を使う機会を作る必要があります。

留学後も英語力を維持するための学習法

留学後に英語力をキープする方法はいくつもあります。空き時間に気軽にできるもの、真面目に取り組む方法、収入を得ながら学習する方法などを具体的に紹介します。ご自身のレベルや生活スタイルにあったものを選んで、継続的な英語のスキルアップに努めましょう!

移動中に洋楽や洋画を視聴する

移動の時間など空き時間に、スマホやタブレットなどを利用して洋楽や洋画を視聴しましょう。英語学習のために多くの時間を割けない場合でもイヤホンがあれば気軽にできる、誰にでも取り組みやすい英語の勉強法です。イヤホンで聴く・観ることで雑音からも逃れ、集中できるでしょう。

洋楽・洋画を選ぶポイントとしては、以下を意識してみましょう。

  • 好きなジャンルを選ぶ
  • 洋画はスラングなどが少ない作品を選ぶ
  • 繰り返し視聴する
  • 洋画はまず日本語でストーリーを把握し、英語字幕を読みながら理解する
  • 詩やセリフで気にいったものは頭の中でアウトプットする

これまでならSNSのチェックかゲームに終始していた移動時間も、英語力をキープするための時間に生まれ変わるのです。留学で得た英語力がある上でこの行動を毎日続ければきっとキープできるでしょう。洋画・洋楽を視聴する際には、他のことをしながらの聴き流しは避けましょう。また、難しいと感じたら、別の作品に変えてみることをおすすめします。

英文ニュースを毎日読む

現代はスマホなどで、いつでも気軽に英文ニュースを読むことができます。無料のものでもいいので、毎日読む習慣をつけましょう。長い時間読む必要はなく、5分、10分、または1記事限定で読むなど決めて毎日続けることが大切です。

英文ニュースを読む際には、いくつもの記事を雑に読むのではなく、一つ一つの記事を、読み込むことを意識しましょう。例えば、NHK World-Japanであれば、日本語で読んだニュースを英文で確かめながら読むことができます。また、自宅で読む場合は、音読することでスピーキング力を鍛えることもできます。

最新のニュースに加え、食べ物やカルチャーなど多様なコンテンツがありますので、まずは自分の好きなジャンルを選んで読みましょう。自分の興味のある内容であれば記事に入り込みやすく、英文ニュースを読むことの習慣化にも効果的です。

外国人の友達と日常的に会話する

留学中に出会った外国人のお友達との付き合いは続けていますか?せっかくできたお友達ですから、積極的にメッセージ交換やスカイプ等で連絡を取ってみましょう。友達とフランクな口調でコミュニケーションをとることで、日常英会話の力をつけることができます。

また、日本にいる外国人の友達を新たに作るのもよいでしょう。日本にいながらも外国人の友達と出会うには、以下のような方法がありますので、ぜひ試してみましょう!

  • 国際パーティに参加する
  • Facebookやイベントサイト等で探して国際交流イベントに参加する
  • 英語カフェに行く
  • 外国人のいるシェアハウスに住む

相手の外国人はイングリッシュネイティブである必要はありません。あくまでもコミュニケーションをとる共通語として、英語を日常的に使うことが目的です。

ここで、初めて会った外国人と会話をするときに便利なフレーズをご紹介します。

Nice to meet you !
初めまして!

Where are you from ?
どちらの出身ですか?

What do you do ?
どんな仕事をしてるんですか?

Where do you live in ?
どちらにお住まいですか?

Do you like Japanese food/Japanese ? 
日本食は好きですか?

What kind of music/sport do you like ?
どんな音楽/スポーツが好きですか?

I’m glad to see you.
お会いできてうれしいです

相手が答えたら自分のことを伝えて、外国人との会話のキャッチボールを楽しみましょう。

英会話レッスンを利用する

留学には時間も費用もかかりますが、そのぶん上達が早いという面があります。二度三度と留学すればそれだけ効果があるかもしれませんが、すべての人ができるとは限りません。

そんなときに、「国内留学」ともいえる英会話レッスンの利用がおすすめです。特にオンライン英会話は、日本にいながら好きな時に、さまざまな人の英語に触れることができます。独学で英語をキープしようとする人でも、ときどきオンライン英会話のレッスンを受けることで、アウトプットの機会を得られたり間違いを正してもらったりすることが可能になるのです。

たとえば、

1年間の留学生活でビギナーから中級レベルまで上がったところで帰国し、その後、日本語中心の生活に戻ったところ、半年後には英語力も留学前の英語力に戻ってしまった...

ということもよくあるそうです。

留学中に1年かけて勉強した英語も半年で消えてしまう可能性がありますので、帰国後にも英会話レッスン等を利用して、せっかくの留学体験をムダにしないようにしましょう。

英語力を活かせるアルバイトをする

英語を使ったアルバイトをすることで、ある程度の緊張感をもちながら英語力をキープする手段もあります。観光施設のスタッフ、ホテルスタッフ、イングリッシュパブのクルー、英会話学校の事務職など、留学後の英語力が生かせるアルバイト先はさまざまです。

英語を使うアルバイトをすることで、英語力をキープするだけでなく、上達させることができます。また、英語ができると時給が上がる可能性があるほか、アルバイトで得た経験が就職活動での優位性につながります。責任を持って働いて収入を得ながら、英語力をキープまた上達できるのであれば一石二鳥ですね!

単語帳(単語集)を継続して使い語彙力をキープする

留学後の英語力をキープするには、基礎的な知識の見直しもやはり重要です。なかでも単語は頭から抜けやすいので、単語帳を使って語彙力をキープする必要があるでしょう。英語のレベル別におすすめの単語帳が異なります。

  1. 初級者向け:中学英語のレベルが載っているもの
  2. 中・上級者向け:TOEICやTOEFL、英検の点数、級に対応した単語帳、英語を英語で学ぶ形の単語帳

この際のポイントは、これと決めた単語帳1冊を完全消化することです。分からない単語は常に調べる、忘れてもまた確認するといった反復練習が必要です。

まとめ:留学経験を就職に活かそう!

留学経験で得た英語力・国際感覚は、就職に大変有利です。外資系企業や、グローバルなビジネスをしている日本企業などではやはり英語が必須です。外国人とコミュニケーションがとれる、資料作成やメールのやり取りをこなせる、企業のグローバル化に貢献できるなど、企業にとって英語力の高い留学経験者は昨今とても求められている人材なのです。

せっかく留学しても、帰国後も継続的に英会話をしなければ、どんな人でも英語力を失ってしまいます。

留学したから英語力そして人生が安定するということはなく、むしろ留学後にどのような行動をとれるかが重要です。留学で得たベネフィットを失わないよう、英語にかかわる時間を自ら作ったり、外国人と積極的にやり取りをしたりする、意識的な行動が必要なのです。

日本にいながらも日常的に英語を使うことで、英語がどんどん自分のものになる楽しさを感じられます。そうなれば、人生の選択肢が増え、就職後の成功にもつながります。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

ピックアップ