日本でもグローバル化に伴い、海外企業との取り引きや接待など、ビジネスシーンで英語を使う機会が増えてきています。会社で英語を話す必要があるけれど、「英会話に自信が無い…」「実際に英語を話す場面では焦ってしまって英語が出てこない…」という方も多いのではないでしょうか?

しかし、ビジネス英語は実はそんなに難しいものではありません。ビジネス英語の表現には定番のフレーズがあり、シチュエーションごとに使う英文のパターンがあります。しかも、ビジネス英語に必要な知識は、中学校レベルで十分足りるくらいのシンプルなものです。

ビジネス英語だからと言って、必要以上に構えることはありません。まずはこの記事を読んで、シンプルなビジネス英語フレーズから覚えていきましょう。使えるフレーズを一挙にご紹介します。

日本語ではシンプルなあのビジネス用語、英語ではどんなフレーズになる?

日本語では普段何気なく使っているビジネス用語も、英語で言おうとすると「あれ?なんて言うんだろう?」と思うことがあります。「お疲れ様です」「お世話になっております」などは日本語独特の言い回しであり、英語でその通りに翻訳できないものもあります。

「お疲れ様です」「お世話になっております」を伝えるフレーズ

「お疲れ様です」「お世話になっております」は、日本語における独特な言い方で、英語にはこの2つを的確に表現するフレーズはありません。では、英語では同じようなことを言いたいとき、どんなフレーズを使えば良いのでしょうか?

英語では、シチュエーションによって表現が違ってきます。

「お疲れ様です」に相当するフレーズ

Hello.
How are you.
お疲れさまです。(最初の挨拶として)

You must be tired.
お疲れになったでしょう。

Thank you for ~.
~(をしてくれて)ありがとうございます。(最後の挨拶として)

「お世話になっております」に相当するフレーズ

I appreciate your constant support.
いつもお世話になっております。

よろしくお願いします」を伝えるフレーズ

「よろしくお願いします」も、英語にはない日本語特有のフレーズです。英語の場合は、「○○をお願いします」など、具体的に表現します。

I would appreciate your understanding.
ご理解いただけると幸いです。

I would appreciate your cooperation.
ご協力をお願いいたします。

Looking forward to do buisness with you.
一緒にお仕事できることを楽しみにしています。

ビジネスシーンは始めと終わりが重要!挨拶で使える英語フレーズ

ビジネスでも挨拶からはじまり挨拶に終わります。それほど難しい表現を使う必要はありません。定型文としていくつか覚えておけば大丈夫です。

はじまりの挨拶フレーズ

はじめて会う場合や、これまで何度も会っている場合など、状況に応じて使い分けてみましょう。

Nice to meet you.
はじめまして。

How are you?
調子はいかがですか?

I am glad to see you.
お会いできて光栄です。

How have you been?
お久しぶりです、どうされてましたか?

How was your weekend / holidays?
週末 / 休日はいかがでしたか?

お別れの挨拶フレーズ

お別れの際にも的確な挨拶をして、相手に好印象を残しましょう。

Thank you for your time.
お時間を頂きありがとうございました。

It was nice meeting you.
お会いできて良かったです。

Have a good weekend.
良い週末をお過ごしください。

Thank you for everything.
いろいろありがとうございました。

Hope to see you again.
またお会いしましょう。

会議や立ち話で使えるビジネス英語フレーズ

会議の時には、はっきりと自分の意見を述べることが必要です。会議や立ち話の際に使えるビジネス英語フレーズを集めました。

相手に提案するときのフレーズ

まずは、相手に何かを提案する時のフレーズを見ていきましょう。

What do you think about ~?
What do you feel about ~?
~についてどうお考えですか?

Why don’t you ~?
~してはいかがですか?

Why don’t we ~?
~しませんか?

I would like to hear your opinion.
あなたの意見をお聞かせください。

相手からの提案に答える・質問するときのフレーズ

会議では、質問をすることもあれば、回答することもあります。会話が途切れてしまうことのないよう、共通して使えるフレーズはしっかりと身につけておきましょう。

Could you explain ~?
~について説明していただけますか?

I agree with you on ~.
~について同意します。

I can't agree with that.
同意しかねます。

May I ask you a question?
質問してもよろしいでしょうか?

I see your point, but ~.
あなたのおっしゃることはわかりますが…。

では、ここで実際の会議の司会進行の流れを例文で見てみましょう。

Hello, everyone. I would like to welcome and thank you all.
皆さんこんにちは。本日はお集まりいただきありがとうございます。

We are going to talk about online marketing.
本日はオンラインマーケティングについて話し合います。

First, I would like to start with the project schedule.
まずは、プロジェクトのスケジュールについてです。

Next, Mr Smith will tell us about the research.
次に、スミス氏からリサーチ結果についてお話があります。

Do you have any questions?
何かご質問はありますか?

We are running out of time, Let's discuss this next time.
時間も押してきましたので、この話題はまた次回に話し合いましょう。

May I ask for a few comments before we close?
会議を終わらせる前に、何かご意見などありますでしょうか?

So, I would like to wrap up the meeting.
では、本日の会議は以上です。

Thank you for your participation.
ご参加ありがとうございました。

ランチや飲み会で使えるビジネス英語フレーズ

仕事の合間にランチに行ったり、飲み会で関係性を深めるのは、ビジネスを円滑に進める上でも重要なことですよね。ランチや飲み会で使えるビジネス英語フレーズをご紹介します。

What are you doing for lunch?
ランチはどうしますか?

Are there anything you can’t eat?
何か食べられないものはありますか?

Would you like to have some drinks?
飲みに行きませんか?

Let's have a coffee sometime.
こんどお茶しましょう。

That would be great.
いいですね。

I would love (like)to.
喜んで。

I'm sorry but, I can't come.
ごめんなさい、行けません。

They serve the best ○○.
ここの○○が美味しいんですよ。

I will have the same.
同じものをお願いします。

What would you like to drink?
お飲み物は何がよろしいですか?

電話応対で使えるビジネス英語フレーズ

英語での電話応答も、苦手意識で焦ってしまう人が多い場面です。電話越しだと相手の声が聞こえにくい場合もありますが、電話対応時にも定番のフレーズがありますので、それらを覚えてゆっくりハッキリ話すようにしましょう。

電話かけるときのフレーズ

勤務する会社や取引先が外資系企業の場合は、電話で英語をかける機会がおのずと増えます。まずは定型文をしっかりと使いこなしましょう。

Hello, this is Yamada from ○○company.
お世話になっております、○○社の山田と申します。

May I speak to Mr. Sato?
佐藤さんとお話をしたいのですが?

I would like to speak to Mr. Tanaka, please?
田中さんをお願いします。

I am calling about the meeting.
会議の件でお電話しました。

Can I leave a message?
伝言をお願いします。

では、ここで英語での電話応対の例文として、田中さんが取引先のスミス氏に電話をかける際の会話をご紹介します。

女性:
Thank you for calling, this is ABC Corporation.
How may I help you?
お電話ありがとうございます。ABCコーポレーションでございます。
どのようなご用件でしょうか?

田中:
Hello, this is Tanaka from XYZ company.
May I talk to Mr. Smith, please?
お世話になっております、XYZ社の田中と申します。
スミスさんはいらっしゃいますか?

女性:
Could you wait for a moment, please?
少々お待ちいただけますか?

I’m afraid Mr. Smith is not available right now.
Would you like to leave a message?
恐れ入りますが、スミスはただいま電話に出られません。
伝言を承りましょうか?

田中:
Would you tell him to call me back, please?
かけ直していただけるようお伝え願えますか?

女性:
May I have your name and phone number please?
ではお名前とお電話番号をいただけますか?

田中:
I am Tanaka from XYZ company and my number is 03-1234-5678.
XYZ社の田中です。電話番号は 03-1234-5678です。

女性:
Mr. Tanaka from XYZ company and phone number is 03-1234-5678, right?
XYZ社の田中様、お電話番号は03-1234-5678ですね?

田中:
That's right.
そうです。

女性:
I will tell him to call you back.
Thank you for calling, Mr. Tanaka.
折り返し電話するようスミスに伝えます。
お電話ありがとうございました田中様。

電話を受けるときのフレーズ

オフィスの電話やご自身の携帯電話に、急に外国人から電話がかかってきたときも、スマートに対応をしましょう。

Thank you for calling.
お電話ありがとうございます。

How may I help you?
ご用件をお伺いします。

May I have your name, please?
どちらさまですか?

Could you wait for a moment, please?
少々お待ちいただけますか?

He is not available right now.
○○はただいま電話に出られません。

Would you like to leave a message?
伝言を承りましょうか?

では、オフィスで社外の男性から英語の電話を受けた時の例文をご紹介します。

自分:
Good morning, this is XYZ company.
May I help you?
おはようございます、XYZ社です。
ご用件をお伺いします。

男性:
Hello, I would like to speak to Mr. Tanaka, please?
田中さんをお願いします。

自分:
Could you hold on, please?
少々お待ちいただけますか?

I am afraid Tanaka is out of office until 3pm.
申し訳ございません、田中は3時まで外出しております。

男性:
OK, I will call him back after 3pm.
わかりました、では3時以降にかけ直します。

自分:
I will tell him you called.
May I have your name again, please?
お電話を頂いた旨を伝えます。
もう一度お名前を伺ってもよろしいでしょうか?

男性:
Mr. Smith from ABC Corporation.
ABCコーポレーションのスミスです。

自分:
Mr. Smith from ABC Corporation.
I will tell him you called.
Thank you for calling. Good-bye.
ABCコーポレーションのスミス様ですね。
田中に伝えます。
お電話ありがとうございました。

メールで使えるビジネス英語フレーズ

メールの良いところは、相手に用件を簡潔に伝えることができるということです。電話と違って焦らずゆっくり見直しもできるので、メールの方が抵抗が無い方が多いかもしれませんね。
英語のビジネスメールには定番の型がありますので、それに沿って作成すれば簡単です。ポイントは、短く簡潔に用件を伝えるということです。

印象を劇的に変える出だし・結びのフレーズ

一般的なビジネスメールは「Dear 相手の名前,」で始めて、相手を気遣う言葉を1文入れます。そして、最後は「Sincerely,」で結びます。どちらも、カンマ(,)を必ず入れましょう。「Hello」や「Hi」という書き出しはカジュアル過ぎるので、ビジネスメールでは使わないようにしましょう。

出だしのフレーズ

本文の冒頭では相手への呼びかけと、相手への心遣いの1文を添えます。

<相手への呼びかけ>
Dear Mr. Smith,
スミス様

Dear Sir/Madam,
ご担当者様

<相手への心遣い文>
We always appreciate your business.
いつもお取り引きありがとうございます。(いつもお世話になっております。)

Thank you for your message.
メッセージをいただき、ありがとうございます。

Thank you for the other day.
先日はありがとうございました。

結びのフレーズ

要件を述べたあとは、結びのフレーズを添えてメールを締めくくります。

Thank you for your understanding.
ご理解よろしくお願いいたします。

Thank you for your cooperation.
ご協力ありがとうございます。

Sincerely,
Regards,
敬具

英語のビジネスメールは5段階を意識!シンプルなテンプレートを紹介

ハードルが高そうに見える英語のビジネスメールですが、要点をしっかり押さえれば、以下の5段階を意識すればかんたんに作成できます! それぞれ1~2文ずつで構成すれば、立派なビジネスメールの完成です。

あいさつ

誰に宛てたメールなのかがわかるように、かならず「Dear Mr. ○○,」という風に、相手の名前から書き出します。男性の場合は「Mr.」、女性の場合は「Ms.」の敬称を名前の前に付けます。

メールを送った目的

どんな用件のメールなのかがすぐにわかるよう、メールを送った目的を簡潔に伝えます。

詳細事項

具体的な用件を書きます。現状の説明・その件に対して自分はどうしたいのか・相手に対するお願い、をわかりやすく順番に書いていきましょう。

結びの言葉

ビジネスメールでは、締めくくりに入れる結びの言葉があります。最後にかならず入れましょう。

署名

メールを送った相手が返信したい場合に迷わないよう、自分の名前と会社名、連絡先の電話番号などを記載しましょう。相手がどこの誰に連絡すれば良いのかを明確にします。

以上の5文でできるメール例文を社内メール、社外メールの2パターンでご紹介します。

<上司へのお願いメール>

【あいさつ】
Dear Mr. Smith,
スミス様

Thank you for your advice on the event.
イベントに関してのアドバイス、ありがとうございました。

【メールを送った目的】
Due to Mr. Tanaka is sick, the meeting tomorrow will be rescheduled.
田中さんが病欠のため、明日の会議の予定を変更したいのですが。

【詳細事項】
Could you let me know when would be a good time for you to have the meeting next week?
来週でいつがご都合がよろしいかお知らせいただけますでしょうか?

【結びの言葉】
Thank you so much.
よろしくお願いいたします。

Sincerely,
敬具

【署名】
Taro Yamada
Manager, ‎Planning Department
ABC Corporation Co., Ltd.
1-2-3 Akasaka, Minato-ku, Tokyo 123-4567
Email: taroy@abcenglish.com
Phone:+81-3-1234-5678
FAX:+81-3-1234-5678

<取引先へのあいさつメール>

【あいさつ】
Dear Mr. John Brown,
ジョン・ブラウン様

We always appreciate your business with us.
いつもお取り引きをいただき、ありがとうございます。

【メールを送った目的】
I am Mr. Takahashi from ABC Corporation. I am writing this email to introduce myself.
ABCコーポレーションの高橋と申します。本日はご挨拶のため、メールを差し上げております。

【詳細事項】
I am now in charge of Project Y since Mr. Yamada is transferred to Tokyo.
弊社の山田が東京へ移動になりましたので、代わりに私がYプロジェクトの担当になりました。

【結びの言葉】
I am looking forward to do business with you.
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

Sincerely,
敬具

【署名】
Taro Takahashi
Manager, ‎Planning Department
ABC Corporation Co., Ltd.
1-2-3 Akasaka, Minato-ku, Tokyo 123-4567
Email: taroy@abcenglish.com
Phone:+81-3-1234-5678
FAX:+81-3-1234-5678

ビジネス英語で気をつけたいこと

business-eigo-phrases

ビジネス英語でまず気を付けたいことは、「丁寧に話す」ということです。日本語でも、会社の上司や取引先の人などと話すときには丁寧な言葉遣いをしますよね?それと同じで、英語でもビジネスシーンでは友達と話すようなフランクな話し方ではなく、ビジネスマンとしてふさわしい言葉遣いがあります。

たとえば、「Can you ~?」のCanをCouldに変えたり、「Can I ~?」のCanをMayに変えると、それだけでよりフォーマルな、ビジネスにふさわしい表現になります。

Can you ~?
~してもらえますか?(~できますか?)

Could you ~?
~していただけますか?

Can I ~?
~してもいいですか?

May I ~?
~してもよろしいでしょうか?

完璧な英語を使う必要はない

ビジネス英語と聞くと、とても難しいものと身構えてしまう人がいます。でもそうではなく、上に出てきたように「~していただけますか?」「いたします」などの丁寧な言い回しが英語にもありますので、フレーズとして覚えてしまえば怖くありません。また、多少の言い間違いは気にしないことです。「はっきり、ゆっくり、丁寧に」話せば相手も好印象を持ってくれるでしょう。

一度で理解できなかったら聞き返してもOK

相手の英語が早すぎて言っていることが理解できなかったり、「意味が分からない…」と焦ったりすることもあるかもしれません。しかし、一度で理解出来なかったら、聞き返すのは失礼にはあたりません。むしろ、わからないままうやむやに返事をして、あとでトラブルになる方がビジネスをするうえで重大な問題です。

では、相手が何と言ったのかわからない場合の、定番の聞き返し方を紹介します。

  • Pardon?
  • Excuse me?
  • Sorry?

以上はいずれも、「もう一度言ってください。」「すみません(なんでしょうか?)」という意味になります。注意したいのはかならず語尾を上げて発音することです。語尾を下げると「ごめんなさい。」と謝る意味になってしまいます。

似たような表現として、以下のようなフレーズもあります。

Could you say it again?
Could you repeat that, please?
もう一度お願いできますか?

Did you say ~?
~とおっしゃいましたか?

また、相手の英語を話すスピードについて行けない場合は、少しゆっくり話してもらえるようにお願いしましょう。

Could you speak more slowly, please?
もう少しゆっくりお話しいただけますか?

日常表現より丁寧な英単語・英熟語を使う

「英語には敬語が無い」と聞いたことがあるかもしれません。しかし、それは間違いです。日本語ほどではありませんが、英語にも丁寧表現はあります。ビジネスの場面では、日常表現より丁寧な言葉を使うようにしましょう。

May I ~?
~してもよろしいでしょうか?

I would like to ~.
したいと思います。

Could you ~?
~していただけますか?

I'm afraid that ~.
I'm sorry but, ~.
恐れ入りますが、

シンプルで確実なビジネス英語フレーズまとめ

ビジネスで使う英語は、友達と話す英語よりは丁寧な表現になりますが、定番のフレーズを覚えてしまえば難しいものではありません。紹介したフレーズはすぐに全部を覚えなくても大丈夫ですので、自分の業務に関係のあるフレーズから優先的に身につけていきましょう。

使っていくうちに英文がパッと出るようになって、自信も付いてくるでしょう。ビジネスシーンでは丁寧な表現を意識しつつも、難しい表現にこだわることなく、円滑に話を進めることを心がけてくださいね。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

ピックアップ