私たち日本人は「ごめんなさい」 や「申し訳ありません」 と、英語で誰かに謝ろうとしたら、まず「sorry」が頭に浮かぶのではないでしょうか?

実はこの英語の「sorry」は、心から自分が悪いと感じた時に使われます。つまり、ちょっとした失敗をした時に「ごめんね」 「悪い、悪い!」 と軽い感じで「sorry」を使ってしまうと、「悪いと思っていないのに口先だけ謝っているのか」 と思われてしまい失礼にあたることもあります。

このように、日本と海外の「謝る」ことの感覚にズレがあることを踏まえて、相手や場面に合わせて伝え方を変えることが非常に重要です。

そこで今回は、海外で謝るときの注意点や、英語で正しく謝るための極意・フレーズをご紹介します。

英語の「sorry」を使うことで、不利になることもある?

あなたは、相手が不機嫌な顔をしていたり怒っていたりする時、理由を聞く前につい「ごめんなさい」 と謝ってしまうことはありませんか?

しかし、海外では「sorry」と簡単には言いません。

先ほどもお伝えした通り、英語の「sorry」は、すべての責任は自分にあると感じた時に使われます。そのため、裁判や言い争いなどで「I’m sorry.」と言ってしまうと不利になることもあります。実際に、アメリカは訴訟社会であるため、保険会社の担当者から契約時に「I’m sorry.は簡単には使わないこと」と念を押されることもあるそうです。

このように、日本と海外の人では「謝罪」の感覚にズレがあります。

日本の風習は、海外では通用しないことを覚えておきましょう

誰かに親切にしてもらった時や、仕事で助けてもらった時などに「すみません」と伝えることありますよね。

私たちがよく使う「すみません」には、「謝罪」の意味だけでなく、「ありがとう」や「ありがとうございます」といった「感謝」の意味もあります。これは、相手の優しさや気遣いに対してお礼や感謝の気持ちを伝えようとする、日本文化ならではのコミュニケーションです。こういった習慣から「ありがとう」の意味も持って「すみません」と英語でもつい言ってしまう人が多いのです。

また、日本人の多くの人は、例え相手が悪いと思ったとしても、その場を解決の方向に持っていくために「すみません」と言うことがあります。これは、まず自分に非があるのではないかと考える習慣からくるものです。これは素晴らしい文化だと思います。

ですが、これはあくまで日本の習慣。外国の人は、こういった文化があることなど知らないのです。

海外では、謝罪することで自分の責任を認めたと思われ、責任を負わされたり賠償金を多く取られたりすることがあるので、すぐには謝らない人がほとんどです。海外で旅行をしたり生活をしたりする上では、日本人は特にこの点を注意すべきなのです。

「謝罪」の英語の代表格「I’m sorry.」と「Excuse me.」の使い方

sorry

英語の 「I’m sorry.」 と「Excuse me.」というフレーズは、どちらも日本語では「すみません」と訳すことができます。海外でもよく使われる言葉なのですが、それぞれどんな意味があるのか、この機会にぜひ覚えておきましょう。

「I’m sorry.」

「sorry」は「気の毒に思う」「残念に思う」という意味を持つ英語です。そのため「I’m sorry.」は、自分の非を認めて申し訳なさを伝える時に使われます。

I’m sorry I'm late.
遅れてごめんなさい

I'm sorry, I don't know.
ごめんなさい。知らないです

I'm terribly sorry.
本当にごめんなさい

また、「sorry」は謝罪の意味ではなく「気の毒に思う」という意味でも使われます。

I'm sorry for you.
お気の毒に

I'm sorry to hear that.
それを聞いて残念です

「I'm」を外して「sorry」にすると、「ごめん!」 といった親しい人などに使うカジュアルなニュアンスに変わります。「Oh!」や「Oops!」をつけて言うと「あー、ごめん!」「あっ、ごめん!」というニュアンスになります。

Oh! I'm sorry.
あー、ごめん

「ごめんなさい」と一言で終わらせるだけでなく、「○○してごめんなさい」という時は、「for」や「that」を付け足して表現します。

I’m sorry to keep you waiting.
待たせてごめんね

I’m sorry for my late reply.
返事が遅くなってごめんね

「so」や「very」「really」をつけることで「本当にごめんなさい!!」といったニュアンスに変えることができます。

I'm so sorry.
I'm very sorry.
I'm really sorry.

本当にごめんなさい

これは、親しい友人や家族などに使うフレーズです。また、「自分がしたことに対して残念に思っている」というニュアンスになるので、少し回りくどく感じることもあります。

「Excuse me. 」

excuse」は「容赦する」「許す」という意味を持つ英語です。

そのため、「Excuse me.」 は、謝罪の意味としても使えますし、相手に許可を求める時にも使われます。「Excuse me.」を使う場面は、電車の中などで人と軽くぶつかってしまった時や人混みを割って入る時など、「失礼します」「あ、ごめんなさい」と深刻ではない場面で謝罪の意味で使われたり、お店で店員さんを呼ぶ時や電話に出る時など、許可を取る意味でも「Excuse me.」は使われます。

見知らぬ人に道などを聞く時は

Excuse me, can I ask you a question?
すみません、ちょっと伺いたいのですが

会議室などに入室する時は

Excuse me, may I come in?
失礼します。入ってもよろしいですか?
Excuse me for a second.
Please excuse me for a moment.

ちょっと失礼します

人混みなどで通してほしい時は

Excuse me. Could you let me through?
Excuse me, Can I pass?

すみません。通していただけますか?

会話しているところに割って入る時は

Excuse me for interrupting.
お話し中、ごめんなさい

「I’m sorry.」 と「Excuse me.」というフレーズをご紹介しました。この「I’m sorry.」 「Excuse me.」以外に軽度の謝罪として

My bad.
ごめん

It’s my fault.
私のせいだ

という英語もよく使われます。こういった表現も覚えておくとコミュニケーションの幅が広がります。

仕事で使える英語での謝罪フレーズ

前出の「I’m sorry」ですが、少しカジュアルな謝罪表現なため、ビジネスでは控えた方が良いです。そのようなときは、よりかしこまった「apologize」を使うことで、ビジネスで使えるお詫び表現になります。

I apologize for this late 〇〇.
〇〇が遅れてしまい、申し訳ありません

I apologize for the delay in replying.
返信が遅くなってしまい、申し訳ございません

My sincere apologies for this late 〇〇.
〇〇が遅れてしまい、大変申し訳ありません

sincere」を使うことで、より謝罪の気持ちを伝える表現になります。重大なミスした際には、こちらの表現が望ましいです。

We appreciate your understanding of our situation.
ご理解いただけると幸いです

I am afraid he is away from his desk at the moment.
申し訳ありませんが、ただいま担当は席を外しております

I apologize for the flaws in the document.
書類に不備があり、大変失礼いたしました

We sincerely apologize for causing such trouble.
Please accept my deepest apologies for causing this inconvenience.
ご迷惑をおかけしましたこと、深くお詫び申し上げます

謝罪の念を強調する時は、「so」「very」「terribly」といった副詞を使いましょう。ただし、「apologize」を使用する場合は、「so」「very」「terribly」は使えないので注意が必要です。この場合は 「sincerely」「deeply」を使いましょう。

ビジネスにおいては、「I'm」「We're」「We'll」 といった省略形を避け、「何に対して」謝っているのかを具体的に述べましょう。また、メールなどでも短い文章よりも、長い文章の方が丁寧な印象を持たれます。

謝罪に対する返答で使える英語フレーズ

気にしなくていいよ、と伝える場合

No worries.
Don’t worry.

心配しないで大丈夫だよ

Never mind.
Forget it.

気にしないで

No problem.
問題ないよ

Don’t be sorry for that.
謝ることはないよ

下記のフレーズは、上司や目上の人が使うフレーズなので、目上の人には使わないように注意しましょう。

There is no need to apologize.
謝る必要はありませんよ

まぁいいよ、と伝える場合

That’s OK.
It’s OK.
まあいいよ

この「That’s OK.」と「It’s OK.」は、謝るキッカケとなった出来事と自分との関係性の距離を表しています。「That’s OK.」は、関係性が離れていることや時間が経った出来事に対してのフレーズで、「It’s OK.」は、関係性が近いことや今起きた出来事に対してのフレーズです。「It’s OK.」の方が、少し突き放したニュアンスになります。

この他には、

Forget about it.
忘れよう

Let’s forget about it.
それについては忘れましょう

It’s all right.
大丈夫

I forgive you.
許しましょう

謝ったことに対して、許す時

Thank you for apologizing.
謝ってくれてありがとう

と伝えましょう。

謝られても許せない場合

どうしても許せない時は、

I can’t forgive you.
許さない

相手が謝っていても、何度も同じことを繰り返していたり、誠意を感じない時は、

No, you are not.
反省してないでしょ

I can’t accept that.
受け入れられません。

外国人と話す機会を作って、お互いの文化を学ぼう!

使われる場面や相手、表現の仕方がそれぞれ微妙に違います。

日本では、誰かに良いことをしてもらった時は「すみません」ということも、海外では「Thank you.」というべきなのです。相手としては、なぜ謝っているのか、理解ができないのです。これは文化の違いです。海外に行く場合は、相手の文化に合わせなければなりません。

また、謝る状況においては、その時のコミュニケーションの取り方で相手とのその後の関係も変わります。謝る時は、表現だけでなく誠意をもって伝えましょう。謝られても許せない時は突っぱねたり、形だけ許したりするのではなく、納得いくまで話し合うようにしましょう。

英語や英会話を学んでいく上で、こういった文化の違いに気づく場面もあるかと思いますが、やはり、実際に外国の方と話す機会を増やすことが、相手の国の文化を知る上でも大切になってきます。

外国の方と友好関係を築いて、お互いの文化を知り合うのも、あなたの英語力を上げてくれる要素になるはずです。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

ピックアップ