みなさんは、英語の5文型についてご存知でしょうか?学生時代に習ったはずだけれど、いまいちよく分からない、忘れてしまった、という方も多いのではないでしょうか。

英語にはさまざまな文法がありますが、まずは骨組みともいえる5文型を押さえておく必要があります。いくら単語や慣用表現を知っていても、文型の知識なくしては正しく運用できません。

今回は、英語5文型のとても簡単な見分け方について、例文も交えてご紹介していきます。

英語の5文型で使う記号「S・V・O・C」とは?

英語の5文型について説明するときに欠かせないのが、「S・V・O・C」の記号です。学校の教科書や参考書でも目にした記憶があると思いますが、それぞれ何を指すか覚えていますか?

それぞれの記号が何を表すのかわからないと、文型の学習は始まりません。まずは「S・V・O・C」について確認していきましょう!

  • S:主語
  • V:動詞
  • O:目的語
  • C:補語

いくつ覚えていましたか? 特に目的語Oや補語Cは、言われてもわかりにくいかもしれません。そのような場合は、和訳を絡めることで、より簡単に理解できます! では、それぞれの記号に代表的な和訳をあててみましょう。

  • S(主語) …「誰が」「何が」
  • V(動詞) …「どうする」
  • O(目的語) …「誰を/何を」「誰に/何に」
  • C(補語) …「どのように」

いかがでしょうか。先ほどよりはイメージしやすくなったと思います。

M(修飾語)はとばして文型を判断しよう

実は、文型を表す時の記号はSVOC以外にもう一つ、修飾語Mがあります。「いつ」「どこ」「なぜ」のような補足情報を追加する役割があります。ただし、こちらは5文型のパターンに登場しませんので、文型を考える際はとばして考えましょう!

第1文型:SV(主語+動詞)

第1文型は主語Sと動詞Vのみで完結する文型です。和訳にあてはめると、「誰が(何が)~する」となります。動詞Vのうしろには、修飾語Mで補足情報を付け加えるケースが多いです。
具体的に例文をいくつか見てみましょう!

I run everyday.
私は毎日走ります。

Iが主語S、runが動詞Vです。everydayという補足情報が追加されています。

He swims in the pool.
彼はプールで泳ぎます。

heが主語S、swimsが動詞Vです。in the poolという補足情報が追加されています。

第1文型の中には、少し紛らわしいものもあります。その1つが、There is~./There are~.構文です。「~がいる」「~がある」などの存在を表すための有名な構文ですね。

There is a cat on the chair.
一匹の猫が椅子の上にいる。

a catが主語S、isが動詞Vです。

主語は通常文頭にくるケースが多いため、thereが主語なのではないかと考えてしまいがちですが、There is~./There are~.構文でのthereは主語ではありません。there単体では意味を持たず、上記の文での主語はa catになります。

SVの順番ではなくVSの順番に倒置されるのでわかりづらいですが、和訳が「一匹の猫が~」となっていることを考えれば、主語がa catであることもうなずけるのではないでしょうか?

第2文型:SVC(主語+動詞+補語)

第2文型は「主語S+動詞V+補語C」で構成されている文型です。和訳にあてはめると、「誰が~だ」「何が~だ」となります。多くの場合、S=Cの関係が成り立つのが特徴です。
具体的に例文をいくつか見てみましょう!

I am tall.
私は背が高い。

Iは主語S、isは動詞V、tallは補語Cです。私=高いというイコール関係がありますね。

My hobby is reading.
私の趣味は読書です。

my hobbyは主語S、isは動詞V、readingは補語Cです。

You look nice.
あなたはすてきですね。

youは主語S、lookは動詞V、niceは補語Cです。

第2文型は状態や性質などを述べるのに使われる文型で、こちらも比較的わかりやすいと思います。

第3文型:SVO(主語+動詞+目的語)

第3文型は「主語S+動詞V+目的語O」で構成されている文型です。和訳にあてはめると、「誰が何を~する」「何が何を~する」などになります。
主語が何らかの対象にはたらきかけることを表せます。対象物は主語とは異なるものですので、S≠Oの関係です。
具体的に例文をいくつか見てみましょう!

I play tennis.
私はテニスをします。

Iは主語S、playは動詞V、tennisは目的語Oです。

I know him.
私は彼を知っている。

Iは主語S,knowは動詞V、himは目的語Oです。

第1文型、第2文型とは違い、和訳が英語の語順と少々異なりますので気を付けましょう。和訳ではSOV(誰が、何を、~する)のようになりますが、英語の場合は動詞が主語の直後におかれ、SVO(誰が、~する、何を)という順番になっていますね。

また、第3文型で使われる動詞は他動詞に限られます。自動詞と他動詞の違いは、目的語があるかどうかです。

  • 自動詞:目的語を必要としない動詞 例)walk, swim, sleep など
  • 他動詞:目的語を必要とする動詞 例)make, watch, find など

第3文型はO(目的語)を必ず含む文型ですので、自動詞が使われないのは当然のことですね。

また、自動詞と他動詞の違いも、やはり和訳にあてはめるとわかりやすいです。

walk(歩く)、 sleep(寝る)といった自動詞は、単体でも状況が伝わりますが、make(作る)、find(見つける)のような他動詞はどうでしょう? それだけでは「何を?」と聞きたくなりますよね。「何を」を表す目的語Oが必要になることがわかると思います。

第4文型:SVOO(主語+動詞+目的語+目的語)

第4文型は「主語S+動詞V+目的語O₁+目的語O₂」で構成されている文型です(前後の目的語を区別するために番号をふっています)。要素が4つになって複雑ですが、引き続き和訳をもとにイメージしていきましょう。

「誰が誰に何を~する」という和訳の仕方が代表的です。他の人に対して何かをやってあげるといった内容で使われることが多い文型となっています。
具体的な例文をいくつか見てみましょう。

He gave me a present.
彼は私にプレゼントをくれた。

heは主語S、gaveは動詞V、meは目的語O₁、a presentは目的語O₂です。記号を入れた和訳なら「SがO₁にO₂をVする」といった具合ですね。

I showed him my car.
私は彼に私の車を見せた。

Iは主語S、showedは動詞V、himは目的語O₁、my carは目的語O₂です。

こちらも、先ほどの第3文型と同じように語順に注意が必要です。和訳ではSOOV「誰が、誰に、何を、~する」となっていますが、英語の場合は動詞が主語の直後におかれ、「誰が、~する、誰に、何を」という順番になっていますね。

第4文型は前置詞(to/for)を置けば第3文型に言い換えられる

第4文型は、前置詞(to/for)を置くことで、第3文型SVOの形に変えることが出来ます。

第4文型:My mom baked me a cake.
第3文型:My mom baked a cake for me.
ママが私にケーキを焼いてくれた。

第4文型において目的語O₁にあたるmeに前置詞forをつけると、補足情報という扱いとなり、第3文型が作れます。
my momは主語S、bakedは動詞V、a cakeは目的語Oとなり、for meは後ろにつけてbaked cakeを修飾する修飾語Mとなるのです。

第4文型:I gave him my car.
第3文型:I gave my car to him.
私は彼に車をあげました。

第3文型に言い換えると、Iは主語S、gaveは動詞V、a carは目的語O、to himはgave a carに補足情報を付け加える修飾語Mとなります。

ちなみに、第4文型を第3文型に書き換えることで、for meやto himといった「誰に」の部分を強調するという効果が生まれます。

第5文型:SVOC(主語+動詞+目的語+補語)

第4文型は「主語S+動詞V+目的語O+補語C」で構成されている文型です。和訳にあてはめると「誰が何をどんな状態に~する」となります。第2文型ではS=Cの関係が成り立ちましたが、第5文型ではO=Cが成り立つのが特徴です(ただし例外あり)。

第4文型と同様、少々複雑ですので、具体的な例文で理解していきましょう!

He makes me happy.
彼は私を幸せにする。

heは主語S、makesは動詞V、meは目的語O、happyは補語Cです。happyのように形容詞が補語Cに入るのが最も一般的な使われ方です。

He calls me Mary.
彼は私をメアリーと呼ぶ。

heは主語S、callsは動詞V、meは目的語O、Maryは補語Cです。このように、補語Cに名詞が入るケースもあります。

また、補語Cが動詞になる場合もありますが、この場合はVに位置する動詞が限られてきます。まずは例文から見てみましょう。

I let him work till late at night.
私は彼を夜遅くまで働かせておいた。

Iは主語S、letは動詞V、himは目的語O、workは補語Cです。O=Cにならない例外パターンです。補語Cが動詞の場合は、OCは「OがCする」といった主述関係となります。

I listened to him play the piano.
私は彼がピアノを弾いているのを聴いた。

Iは主語S、listenedは動詞V、himは目的語O、playは補語Cです。こちらも「OがCする」という英文です。なお、補語Cの動詞は必ず原形ですのでこちらもあわせて知っておきましょう。上の例文を見ても、主節の時制がlistenedと過去形である一方、playは原型になっていますね。

上の二つの例文のように、「OがCする」という文型になっている場合、動詞は使役動詞(let)もしくは知覚動詞(listen)に限られます。使役動詞・知覚動詞というのは聞き慣れないかもしれませんが、漢字を見れば大方の想像がつくと思います。

  • 使役動詞・・・make, have, letなど。誰かに何かをさせる、させてあげる動作
  • 知覚動詞・・・see, listen, hear, watch, smell, feelなど。人間の五感にかかわる動作

英語の5文型まとめ

英語の5文型についてご紹介してまいりました。参考になるものはあったでしょうか?

第1文型~第5文型にかけて、徐々に難易度が上がっていきます。特に第5文型は難しく感じるかと思いますが、それぞれどの単語がS・V・O・Cに当てはまるかを考えていけばスッキリと理解できるはずです。

さらに難しい文法や言い回しを身に着けるために、まずは基本の5文型を押さえるようにしてくださいね!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

ピックアップ