英語の副詞は、英文における微妙なニュアンスを正確に伝えるために使われる、便利な品詞です。しかしながら、ルールや使い方を何となく理解していて、誤用されることが多い品詞でもあります。

この記事では、英語で副詞を使うときに守らなければならない重要ルールや、英文での副詞の使われ方を、例文を交えながら紹介していきます。ぜひ最後までご覧ください。

副詞は「追加情報を与える」役割がある

副詞の役割は、英文に追加情報を与え、意味をより詳細にすることです。なお、副詞は文型におけるSVOCいずれにも属さない修飾語(M)として機能し、述部などに追加情報を与えます。

副詞は情報を補うものですので、たとえ副詞を省いたとしてもほとんどの場合、文意は伝わります。しかし、副詞がないと英文がシンプルになりすぎて、内容の薄い味気ない文になってしまう場合もあります。

より細かい内容を伝えたい場合は、積極的に副詞を使っていくのが良いでしょう。

動詞の修飾

もっとも頻出する副詞の使われ方は、動詞などでおかれた述部(V)を副詞で修飾することです。副詞で動詞を修飾する場合、どこに副詞を置くかはかなり自由で、代表的なものとしては以下のようなパターンがあります。

<動詞の直後に来る場合>
He runs fast.
彼は速く走る。
<文末に来る場合>
He wrote a letter first.
まず、彼は手紙を書いた。
<動詞の直前に来る場合>
He often visits Kyoto.
彼はよく京都を訪れる。

コロケーションなどの観点から、この副詞はこの位置に来やすい、といった傾向はありますが、位置を間違えても文意が大幅に変わったりすることはありません。副詞の置き場所に関しては、あまりシビアになる必要はないといえます。

※コロケーション(collocation):慣習的に使われる「単語の組み合わせ」のこと。 ex.heavy rain (強い雨)

形容詞の修飾

一部の副詞は、形容詞を修飾することができます。「really」や「very」はその中でも頻出のものです。

The girl is really cute.
その女の子は本当にかわいらしい。
The man is old enough to receive pension benefits.
その男性は年金を受け取るのに十分な年齢だ。

enough」は、例外的に形容詞の後ろから修飾することになっていますので、注意しましょう。

文の修飾

カンマで区切ることで、副詞の効果を主節全体に及ばせることもできます。

Surprisingly, all of the members survived from the disaster.
驚くべきことに、メンバー全員がその災害から生還した。

上の例文の文頭に置いてある「surprisingly」は、それ一語が従属節として機能しており、以降の主節全体を修飾する形になっています。

なお、口語的ではありますが、カンマで区切ったうえで副詞を文末においても大丈夫です。後ろから文全体を修飾する形になります。

May the Force be with you, always.
いつも、フォースとともにあらんことを。

スターウォーズの有名なフレーズである上の例文でも、文末のalwaysが文全体を修飾しています。

例外的に名詞を修飾する場合もある

かなり限定的ではありますが、名詞を修飾する場合もあります。「only」や「even」などは、名詞を修飾することができる副詞です。

Only one.
一つだけです。
Even a child can do that.
子供でもできることです。

このonlyevenは形容詞のように見えるのですが、文法上のカテゴリは副詞になります。

副詞でできる追加情報1:「日時」

today」や「yesterday」など、動作や状態がいつ起きる、起きたものなのかを示す際に、副詞が使われます。atinなどを用いてももちろん表現できるのですが、副詞でも可能です。

Today, I have no appointment.
今日、特に予定はない。
I read a book yesterday.
昨日本を読んだ。

日時を表す代表的な副詞

  • today 今日
  • yesterday 昨日
  • everyday 毎日
  • now 今
  • after 後で
  • before 前に
  • tomorrow 明日
  • soon すぐに
  • then そのとき
  • later 後で
  • recently 最近

副詞でできる追加情報2:「頻度」

「毎日のように行う」、「たまに行う」、「ほとんどない」などの、動作や現象が発生する「頻度」の情報を加える際にも、副詞が役に立ちます。

I often visit China.
よく中国を訪れる。
I rarely drink beer.
ビールを飲むことはほとんどない。

頻度を表す代表的な副詞

  • always いつも
  • generally いつも
  • normally ふだん
  • almost ほとんど
  • usually たいてい
  • frequently 頻繁に
  • often しばしば
  • sometimes ときどき
  • occasionally たまに
  • rarely めったに~ない
  • seldom めったに~ない
  • scarcely ほとんど~ない
  • hardly ほとんど~ない
  • never まったくない
  • routinely 定期的に
  • regularly 定期的に
  • periodically 定期的に

副詞でできる追加情報3:「場所」

副詞で動作や状態が起きている場所を示すこともできます。「in+場所」や、「at+場所」と似たようなニュアンスです。

Place a cup over there.
あそこにカップを置いてください。
Working abroad is challenging.
海外で働くことは並大抵なことではない。
Go home early.
早く家に帰りなさい。

場所を表す代表的な副詞

  • home 家で
  • abroad 海外で
  • there そこで
  • here ここで
  • somewhere どこかで
  • upstairs 階段の上へ
  • downstairs 階段の下へ
  • overseas 海外で

副詞でできる追加情報4:「程度」

「ものすごい」、「すこしだけ」、「まあまあ」といったような、程度を副詞で示すこともできます。こうしたフレーズを使えば、比較などの定量表現をスマートに行うことができます。

The sales score was significantly improved.
売上が大幅に改善された。
This product is much better than any other products.
この商品は抜群に良い。

程度を表す代表的な副詞

  • much とても
  • significantly とても
  • quite かなり
  • enough 十分に
  • too とても
  • little ほとんど~ない
  • few ほとんど~ない
  • considerably ものすごく
  • very とても
  • slightly すこしだけ
  • relatively 比較的
  • greatly とても

副詞でできる追加情報5:「状態」

状態の良し悪しも、副詞で表現できます。状態を示す形容詞に対し、状態を示す副詞でさらに補強して、より詳細な状況を表すような使われ方が多いです。

The computer is badly damaged.
このコンピュータは著しく損傷している。
I have been perfectly recovered.
完全に回復しました。

状態を表す代表的な副詞

  • badly 悪い
  • perfectly 完璧に
  • fast 速い
  • slowly ゆっくり
  • quickly すばやい

副詞でできる追加情報6:「原因・結果」

何か生じた原因や、その結果どうなったか、というメッセージを、副詞を使ってクリアにすることもできます。論理的な文章を書いたり、筋道を明確にするのに役に立ちます。

Finally, the challenger won.
最終的に、挑戦者が勝った。
And then, the lamp turned red.
そして、ランプが赤になった。

原因・結果を表す代表的な副詞

  • consequently 結果的に
  • subsequently 次に
  • intrinsically 本質的に
  • then そして
  • therefore そのため
  • finally 最終的に
  • lastly 最後には

副詞でできる追加情報7:「確度」

何かが起きる可能性を示すときに、確度を示す副詞が使えます。間違いなくそうなのか、もしかしたらそうなのか、といった情報を追加することができます。

Maybe, I am wrong.
多分、私が間違っている。
Hopefully I can see you again.
また会えたらいいですね。

確度を表す代表的な副詞

  • undoubtedly 疑いようのなく
  • definitely 間違いなく
  • surely 間違いなく
  • possibly おそらく
  • hopefully 願わくば
  • perhaps たぶん
  • maybe たぶん

末尾が「ly」の単語は副詞の可能性大!

副詞の語尾は、「-ly」になっている場合が多いのも注目すべき点でしょう。それも、「形容詞+ly」であるパターンが多いため、初見の英単語でもその品詞と意味を推測することが可能です。

  • interesting→interestingly 面白く
  • surprising→surprisingly 驚くほど
  • total→totally 全く

なお、このパターンに当てはまらない副詞もありますので注意しておきましょう。

good→well うまく/よく

また、「seldom」や「often」などは、派生元がない副詞です。このタイプの副詞は、知らないとわからないので、文脈や単語自体から意味を推測することは困難です。

もちろん、副詞の意味を最初から覚えておくに越したことはありません。パターンも様々ですので、地道な努力で暗記していくことがやはり正攻法です。

英語の副詞まとめ

英語の副詞は、英文に追加情報を与える役割を果たします。

副詞を置くことで、より詳細な内容を伝えられるようになりますので、スピーキングやライティングの際にも積極的に使っていくべきでしょう。副詞は英語の厳格なルールである英文中の位置に縛られることがないので、比較的自由に使うことができますよ。

また、英語の副詞は、どんな情報を追加できるのかが7種類にパターン化されます。パターンごとに、少しずつ頻出単語を覚えていきましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

ピックアップ