教養のある大人であれば、当たり前のように「敬語」を使いこなせると思います。また、敬語はビジネスで必須であり、最低限のマナーであるといえます。

これは英語でも同様であり、日常会話レベルで完結するたわいもないおしゃべりであれば丁寧に敬語表現を意識する必要性はまったくありませんが、取引や就職面接など、上下関係の中で英会話をする際には、尊敬語、謙譲語、丁寧語を含む敬語の表現を意識する必要が生じます。もちろん日常英会話よりもレベルは高く、マスターすることは容易ではありません。

そこでこの記事では、英語を話す際に気を付けておきたい、敬語のポイントをいくつかご紹介していきます。

相手を敬うと同時に自分自身を魅せる!英語の敬語表現

突然ですが、「日本語には尊敬語、謙譲語、丁寧語といった敬語表現があるが、英語にはそれがない」と学校の先生から聞いた記憶はないでしょうか。英語は自由度が低くバリエーションに乏しいが、日本語は表現力豊かで非常に自由度が高い、といった文脈上において、語られることが多い話題です。

実はこれ、半分あっていて半分間違っています。日本語の敬語に対応する文法ルールは英語にはありませんが、相手の身分や年齢に合わせて言葉を選ぶ表現は、英語に数多くあります。

日本語には、語尾を「です」「ます」にして柔らかさを持たせる方法や、「お箸」「ご縁」のように名詞や名詞句を丁寧な形に変える「丁寧語」という活用法がありますが、これに対応する英語表現はありません。また、日本語にも英語にも動詞の形を変えて敬意を表現する方法はありますが、日本語の謙譲語と尊敬語のように、自身の格を下げる方法と相手の格を上げる方法の2パターンが英語に存在するわけではありません。

このように、英語と日本語では、敬語の毛色が異なります。英語での敬語表現はそこまで難しくなく、また日本語ほど神経質になる必要はありません。ですが、適切な言葉選びをきちんとマスターして巧みな言葉選びが行えるようになれば、丁寧で博識な英語話者と思われて一目置かれる可能性もあります。

また、英語は重点先行主義の言語結論ありきの言語とよく呼ばれます。お互いのメッセージをストレートに伝えあうことはビジネスシーンにおいてももちろん重要となるのですが、時にはクッションを設けた、丁寧で婉曲的な表現が好まれる場合もあります。この記事を読んで、そんな丁寧な大人の表現をマスターできるようになりましょう。

王道は、助動詞を使った敬語表現

お願いや指示をする場合、命令形を用いることが一般的です。ですが、命令形はシンプルでわかりやすい反面、丁寧さを欠いたぶっきらぼうな印象を与えかねず、トラブルのもとにもなります。

そこで覚えておきたいのが、助動詞を挟んで表現に柔らかみを持たせるテクニックです。willcanなどの、推量や可能性のニュアンスを含む助動詞がよく用いられます。

couldの方がwouldより丁寧?

お願いを表現する方法はいくつかありますが、丁寧さの度合いで並べるとおおよそ以下のようになります。

Give me a pen.
ペンをください。
Will you give me a pen?/ Can you give me a pen?
ペンをくれますか?
Would you give me a pen?/ Could you give me a pen?
ペンをいただけないでしょうか?
Would you mind if I say “Could you give me a pen?”?
「ペンをいただけますか」と言ったら、お気に障るでしょうか?
I am afraid but, could I have a pen?
恐れ多いのですが、ペンをいただけないでしょうか。
Sorry but could you give me a pen?
すみません、ペンをいただけないでしょうか。

1番ストレートに伝わるのは一番上の命令形ですが、少しぶっきらぼうな印象を与えます。willやcanなどの助動詞を挟んで、クッションを持たせると効果的に敬意を持たせることができます。

canやwillの尊敬度をさらに強化したものがcouldとwouldです。この2つには、実は仮定法のニュアンスが含まれており、「あなたに頼むなんて恐れ多くてありえない、でも、もし可能なら…」といった丁寧なニュアンスを出すことができます。目上の人にはcouldかwouldを使っておくのが無難です。

また、willとcan、wouldとcouldの丁寧さの度合いに対した差はありませんが、可能性を意味するcanのほうが意思を示すwillよりも少しだけ丁寧で婉曲的になります。

最後の3つの例文は、敬意のレベルを徹底的に強化した形になっています。ここまで言うのはさすがに仰々しいためあまり実用的ではありませんが、一応覚えておきましょう。一触即発の緊張状態や、相手が激怒する寸前のようなシチュエーションのときには、これくらい丁寧に言ってもいいかもしれません。

文頭のことばで敬語表現をつくってみよう

日本語でも、「拝啓○○様~」や「暑くなってきた今日この頃、いかがお過ごしでしょうか~」などのような、実用的な意味がほとんどない前置きを挟んで、敬意を示し丁寧さを表すことがありますが、これに相当する前置きフレーズが英語にもあります。

これは、プラスの情報とマイナスの情報両方で使うテクニックであり、どちらのパターンでも多用されます。

I am pleased to inform you that you won the competition.
おめでとうございます。あなたは大会で優勝しました。

前置きの部分を省略し、「You won the competition.」でも意味は十分伝わりますが、それだとなんだかそっけない印象になります。

I’m afraid that I lost my log in account.
残念ながら、ログインアカウントを紛失しました。

こちらも、「I lost my log in account.」が本体です。「Unfortunately,」といった前置きもよく使われます。

このようなフレーズがスムーズに口から出てくるようになれば、「この人は英語上級者だな」と一目置かれるようになります。

その他 日常英会話の敬語表現

その他、日常英会話で使える敬語表現をチェックしていきましょう。

相手への「譲歩」の言葉を入れる

日本語か英語かに関係なく、何かの論点を挟んで議論をしているときに、相手の意見を尊重せずに自分の主張だけをごり押ししていると、建設的な議論ができなくなります。このような事態を避ける目的で、意見が一致しても異なっても相手の意見を尊重できるように、「譲歩」のフレーズを覚えておきましょう。

譲歩のフレーズで汎用性が高いものは「although」と「though」です。どちらもほぼ同じ意味で「~だけれども」と言う意味があります。

Although your saying is reasonable, your opinion lacks evidence.
君の意見は確かに合理的だが、エビデンスを欠いている。

上のような主張をしたい場合、「your opinion lacks evidence.」だけでも通じます。ですが、この表現だと丁寧さに欠け相手へのリスペクトが足りず、場合によっては相手の感情を逆なでしてしまう事態に発展します。

althoughやthough以外にも、indeedなども多用されます、カンマを挟み、独立副詞として用いるやり方がポピュラーです。

Indeed, you are right, but we need to think more.
君は正しいが、もう少し考える必要がある。

非人称の名詞・代名詞を使う

非人称の名詞や無生物主語を使うことで、ストレートに人を刺さない婉曲表現を作ることもできます。日本語でも同じことがいえますが、「あなたは○○を改善すべき」と言うよりも「○○は改善されるべき」と言ったほうがクッションになります。

You need to improve some of the items.
(あなたは)いくつかの点を改善すべきだ。
Some of the items should be improved.
いくつかの点が改善されるべきだ。

ちょっとしたコメントも敬語表現にできる

ここまで解説した事項は文章レベルの敬語表現でしたが、ちょっとした言葉選びのレベルでも敬語表現を作ることができます。

たとえば、友達や家族など、親しい間柄であれば「Thanks.」のようなフランクな表現でOKですが、ビジネスパートナーなどのフォーマルなシーンの場合「I appreciate it.」などの丁寧でかしこまった表現がベターです。

Pleaseは敬語表現ではない!

命令形にpleaseをつけると敬語になる、と教わったことがある人も多いと思いますが、この覚え方はあまり適切ではありません。

pleaseには「お願いだから○○してください」といったような、こちらが下手に出て相手に懇願しているような印象があります。

Please, please don’t kill me!
お願いだから、私を殺さないで!

上の文章は極端な例ではありますが、pleaseは話者が手を合わせて懇願するようなイメージを作り出してしまい、あまり多用しないほうがいいでしょう。

命令形をフォーマルなシーンで使うことは基本的にOKです。ですが、上で説明したようにpleaseをつけると丁寧すぎるあまり不自然な英語になる場合があるので、気をつける必要があります。目上の人にpleaseなしの命令形を使っても、あまり問題にならないこともあります。

英語ビジネスメールを書くときの敬語表現

ビジネスメールや手紙など、テキストベースのやり取りでも敬語表現はあります。日本語の「拝啓」や「敬具」などのように、意味はほぼないものの添えることで丁寧さを表すテンプレフレーズが存在します。

Dear

Dearは日本語でいうところの「拝啓○○様」「○○様へ」のような意味を持つ単語です。電子メールでも手紙でも使えます。

Dear Mr. Taro Tanaka
Dear Ms. Hanako Yamada

少し仰々しい印象もあるので、人によってはdearをつけない人もいます。場合によりけりですので、適宜使い分けましょう。

sincerely yours/ best regards

sincerely yoursbest regardsは、メッセージの文末に着ける〆の言葉で、日本語の「敬具」や「お体ご自愛ください」などの〆のあいさつに相当します。これらのワードには特に実用的な機能はありませんが、丁寧な表現となるため、特別な理由がない限りつけておくのが無難でしょう。sincerely yoursもbest regardsもほぼ同じ役割を持ちます。

これ以外にも「thanks」を使う人も多くいますが、これは親しい間柄で使われやすいものです。初対面の相手などには控えるようにしましょう。

他には「love」を使う人もいますが、これは恋人や友人レベルの親しい関係のみで使われるものですので、使うにしても慎重に考えてから使いましょう。

ビジネスで役立つ英語の敬語表現まとめ

今回紹介したものをマスターすれば、ビジネスで守るべき、英会話の敬語マナーのほとんどはマスターできたといえます。日本語のように、言葉遣いをすこし間違えるだけで大炎上する、といった事態は英語ではまず発生しませんので、怖気づくことなく、どんどん英語の敬語を使っていきましょう。

また、敬語に限った話ではありませんが、英語は使って身に着けるものです。頭で覚えることと実際に習得するのは別の話ですので、ぜひ頑張ってみてください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

ピックアップ