英語系資格の王道である英検。その最高レベルにあたる1級を取得するには、並大抵ならぬ努力が必要ですが、まず英検1級対策として、まず何から始めればいいのか分からない人は多いのではないでしょうか。

また、がむしゃらに勉強をした結果本番で散々な結果になった、何回受けても合格できないといったような人もいると思います。

英検1級対策で、まずやるべきことは「単語力の強化」です。そこでこの記事では、英検1級を受けるにあたって最優先で強化すべき「単語力」にフォーカスをあてて、英検1級対策を目的にした単語の覚え方をレクチャーします。

英検1級単語にチャレンジ!この単語、分かりますか?

突然ですが、以下の英単語の意味が即座に分かるでしょうか?

  • harass
  • urtail
  • entice
  • pivotal
  • barrage
  • lucrative
  • fortify
  • conviviality
  • fiasco

上記の単語は、いずれも英検1級では超頻出の重要単語です。これを見て、「うーん、この意味は……」などと悠長に考えているようでは英検1級に合格はできません。意味の理解はもちろん、これらの単語を自分のものにして使いこなせるようになるまでマスターする必要があります(正解はこの記事の後半で)。

英検1級で必要な単語数は1万字以上!

英検の各級で求められる語彙レベルは、おおよそ以下のようになっています。1級は1万語以上の膨大な語彙が求められており、1つ下の準1級と比べても、文字どおり桁違いに異なります。

  • 1級:10,000~15,000語
  • 準1級:7,500~9,000語
  • 2級:3,800~5,100語
  • 準2級:2,600~3,600語
  • 3級:1,250~2,100語

また、出題される単語のジャンルは非常に多岐に渡ります。日常でよく使うものはもちろん、日本の英語教育ではまず習わない単語、ビジネスシーンでしか使うことがない単語、アカデミックな表現など、マニアックな英単語がガンガン出てきます。

準1級とはレベルに大きな差がある

もともと英検に準1級という階級はありませんでした。2級と1級のレベル差があまりにも激し過ぎるため、その橋渡しをする目的で準1級というクラスが作られたのです。それでも準1級と1級のレベル差はなお桁違いであることには変わりなく、英語に相当な自信がある人でも1級の試験ではガンガン落とされるのが実情です。

その分だけ、英検1級ホルダーであることのステータスは相当なものです。英検1級を持っていればそれだけで国家資格である通訳案内士の英語要件をパスできますし、大学入試の英語科目を満点扱いで受験免除になる場合があるなど、多大な恩恵を受けることができます。

英検1級対策は、何よりもまず単語力の強化を

英検1級の対策をこれから始めるのであれば、まずは「単語」から行いましょう。

単語の勉強から始める理由はいくつかあります。一次試験では語彙問題が25問あり、そのウエイトがかなり高いことや、短文読解や長文読解で使われる英単語のレベルも総じて高いことなどがあります。

単語力をないがしろにしていては英検1級には受かりません。ぜひこのことを意識して学習に取り組みましょう。

2次試験でも語彙力が求められる

高い語彙レベルが求められるのは1次試験(リスニング、リーディング、ライティング)だけではありません。英語による面接試験が行われる2次試験でも、語彙力が求められます。

2次試験の面接でexaminer(試験官)から口頭で出題される問題文では、一次試験ほどハイレベルの英単語はあまり出てきません。しかし、それでも難易度が高いことは確かです。

また、2次試験ではこちらの語彙力がある程度あることをアピールする必要もあります。レベルの低い英単語だけを連発していると、英語力の低さを露呈することになりますので、ぜひ状況に応じてレベルの高い単語をうまく使い分けられるレベルまで語彙力を鍛えましょう。

英検1級対策ができるおすすめ単語帳

このセクションでは、英検1級対策に効果的な英単語帳を紹介しています。英語系の学習参考書で定評がある「旺文社」か「アルク」の単語帳を選べばまず問題ありません。

旺文社「英検1級でる純パス単」

英検1級でる純パス単

旺文社の「でる順パス単」シリーズは英検受験者に絶対な人気を誇る英単語帳です。付録のCD音源とセットで利用することで、目と耳の両方で単語を覚えることができます。また、単語とともに例文がセットになっているので、用法も学べます。

アルク「究極の英単語」シリーズ

英語系学習参考書を数多く出版しているアルクの「究極の英単語」シリーズにも定評があります。語彙レベル別にカテゴライズされており、vol.3まで網羅すると英検1級の対策に効果的です。
「究極の英単語」自体は英検の名を冠していませんが、英検1級にはvol.3のレベルも求められますので、十分対策になるでしょう。

英単語アプリやテストサイトなどツールも活用しよう

でる順パス単」シリーズ

今ではパソコンやスマホでも学習ができる時代ですので、文明の利器はどんどん使っていきましょう。特に英検対策に特化したアプリは山ほどあり、無料で利用できるものも多いです。

英検対策の教本でおなじみの旺文社が出版する単語帳「でる順パス単」シリーズのスマホアプリ版が特におすすめです。有料ですが、音源をダウンロードして利用可能です。隙間時間を使って効率的な学習ができます。

英検1級単語の覚え方

このセクションでは、実際に英検1級の英単語を覚えていくにあたって、気を付けておきたいことや暗記におけるtipsを解説しています。

1冊の単語集をボロボロになるまで覚えこむ

英検対策の単語帳はさまざまな出版社から出版されていますが、どの出版社も、実際の試験で出題されやすい英単語をまとめているので、結果的に中身が似たり寄ったりなものになります。

また、1冊の単語帳だけでも英検1級に出てくる単語のすべてを十分にカバーできます。そのため、複数の単語帳をつまみ食い式に使うことは時間の無駄といえます。一つだけをピックアップして、それを徹底的にボロボロになるまで使いましょう。

一気に覚えるのではなく、毎日一定の単語数に触れる

エビングハウス

wikipedia

ある程度英語の素養があり、それなりの実力がある人であれば、英検1級対策で新たに覚えるべき英単語は2,000語くらいです。2,000語と聞けば、無理なく覚えられそうですよね?

おすすめの方法は、何回も同じ英単語帳を周回することです。1周目ですべての単語を完璧に覚える必要はなく、薄く重ねてペンキを塗るように、何周もして学習したほうが記憶に残りやすくなります。

また、回を重ねるほど見慣れた単語の数が増えていきますので、スピードも上がると思います。何回も周回することで、その単語帳の中身がすべて頭の中で再現できる状態になれば、完璧です。

脳内では、「海馬」とよばれる部分が記憶をコントロールしており、入ってきた情報が要るか要らないかを判断しています。はじめて見る単語は、海馬が要らない情報と判断して、記憶からすぐに消去されてしまう可能性が高いのです。

海馬の作用により、一度覚えただけの短期記憶は1日でその66%が消去されるといわれています(エビングハウスの忘却曲線)。記憶を長期記憶として保存するには、繰り返しの刺激により脳に刻み込む必要があるのです。

1つの単語の意味をすべて覚える

英単語とその和訳が一つであることはほとんどありません。たいていの場合は一単語に複数の意味が含まれています。

この単語はこの意味、あの単語はあの意味、といったように1つの和訳で覚えてしまうと、いざ試験に出たときに、覚えていないほうの意味でその英単語が使われていたら、せっかくの努力が無駄になってしまいます。

そのため、必ず単語に含まれる意味はすべて覚えるようにしましょう。マイナーであまり使われない用法の場合には辞書や単語帳の下のほうに書いてありますが、そこにもきちんと目を通しておく必要があります。

正しい発音で覚える

正しい音で覚えないと、リスニングでその単語が出てきても聞き取れない場合があります。また、リーディングの場合でも、その単語の正しい音やアクセントが分からないと脳内でスムーズに英文を音読ができず、読解速度の低下につながります。

いずれにせよ、正しい発音やアクセントが頭に入っていないと、本番でかなりのディスアドバンテージになることは間違いありません。語彙問題、短文問題、長文問題、いずれの形式にも対応できるように、単語は音重視で覚えましょう。

発音記号を読んでどの音を出して発音するかを理解する、CDなどの音源を利用して耳で聞いて覚える方法が有効です。

どうしても覚えられない単語は飛ばす

例えば、「raison d'etre(存在理由)」という英単語は日常ではまず聞きませんが、英検1級ではごく普通に出題されます。スペルも音もアクセントも難しく、一目見ただけではまず覚えることができません。そのようなときには、記憶の片隅に留めておいて、後回しにしてしまうことも一つの手段です。

一つの単語を覚えることに躍起になるよりも、覚えた単語の絶対量を増やすことを優先しましょう。覚えにくい単語は飛ばして、後回しにしたほうが覚える効率は上がります。

語呂合わせで覚えるのは非効率

deny(否定する)」は、否定するという意味だから、そうではない……ではない……でない……デナイ……deny……といったように、語呂合わせで英単語を覚える方法があります。
誰しもが一度はやったことがあるやり方で、語呂合わせで覚えることを目的とした英単語本もいくつか出版されています。

しかしながら、このやり方は初心者の覚え方です。少なくとも、英検1級に挑戦する人が行うべき方法ではありません。何千もの英単語をこの方法で覚えようとすることは明らかに非効率で、時間の無駄になります。

日常で知らない単語に出会ったら調べる

英単語を覚える手段は何も単語帳や音源のCDのみだけではありません。例えば、街中の看板、海外ドラマ、洋画など、未知の英単語に触れられる機会はいくらでもあります。

日常生活で知らない単語に出会ったらラッキーです!その場でスマホや辞書を使ってその単語を調べて、頭に入れてしまいましょう。「○○の映画のこのシーンで出てきた単語」「○○の場所にあった看板で覚えた単語」といったように、状況と紐づけして単語を暗記できるので、記憶に定着しやすくなります。

早速、この記事の冒頭で出会った英単語も覚えてしまいましょう。

harass…嫌がらせをする
カタカナ英語でおなじみのハラスメントの動詞形です。知っている意味とリンクさせて覚えると記憶に定着しやすくなります。

curtail…切り詰める
会計やお小遣いなど、金銭的に節約するときなどによく使う単語です。

entice…おびき寄せる
魅力などにより何かが寄せられるような状況のとき、この単語がぴったりです。

pivotal...とても重要な
バスケットボールのピボットと同じで、何かが中心的であるときに使います。

barrage...集中砲火
軍事攻撃や、質問攻めなどの状況でもこの言葉が使えます。

lucrative...もうかる
ビジネスや、何かうまい話のことについて述べる時にはこの言葉を使いましょう。

fortify...強化する
防御壁を強化する、など物理的に何かを強くするニュアンスがあります。

conviviality...元気
日本語の元気、とほぼ同じ意味です。活気のある子どもを形容するときなどに使います。

fiasco...大失敗
どうしようもない大失敗であるときに使います。

英字新聞や英語ニュースでの学習も試みる

CNNやABCニュースなど、ネイティブが駆使する生の英語を聞くことや、New York Timesなどのネイティブ向けの英字新聞を読むことも、単語力の強化に効果的です。特に、この手のニュースメディアで使われる英単語のレベルは総じて高く、英検1級対策にはもってこいです。

また、英検1級のリーディングやリスニングのトレーニングにもなります。ネイティブ向けのニュースコンテンツは英検1級と同等か、あるいはそれ以上のレベルとして取り組めます。

単語もアウトプット型の学習法を

英単語の暗記というと一人でコツコツと頑張るイメージがあるかもしれませんが、インプットとアウトプットを同時に行いながら学習をしたほうが効果は倍増します。

オンライン英会話などを利用して、実際に覚えた単語を使い、用法や発音が合っているか、派生する英単語には何があるのかなど、その場で講師に聞きながら学習することも有効です。

英検1級単語の覚え方まとめ

英検1級で出題される英単語のレベルはとてつもなく高いです。これを攻略するためには、まずは単語力の強化が必須です。

単語帳による地道なトレーニングはもちろん、五感をフルに活用したトレーニングが必要です。逆にいえば、語彙力さえクリアしてしまえば英検1級の合格はかなり現実的なものになります。

英検1級合格はとても高い目標ですが、あきらめることなく頑張ってみてください!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

ピックアップ