外資系企業で働く場合、どのくらいの英語が必要とされるかご存知ですか?外資系企業で自分の英語力を試してみたいと思うものの、どの程度のレベルを期待されるのか分からず、外国人を相手に働いた経験がない方は特に不安になるかと思います。

今回は、外資系企業で求められる英語力を紹介するとともに、外資系企業への就職・転職にあたってどのような準備をすべきかわかりやすく解説していきます。ぜひご参考にしてください。

外資系企業で英語を使う場面

まずは外資系企業に勤める場合、どのような場面で英語が必要となるのかみていきましょう。

メールや電話などの業務連絡

本社や提携会社・取引先とのやりとりで一番使う連絡手段がメールです。送り先が日本人であっても、その案件に携わる外国人スタッフにも内容を共有できるよう、メールは英語使用となることが多いです。日本語と同様に、英語のメールにも決まった書き方がありますので、以下に例を紹介します。

  • Dear Mr./Ms.~(メール本文の冒頭)
  • Dear Sir/madam, To whom it may concern(同上、相手の名前が不明の場合)
  • I am writing with reference to (内容を書きはじめる時)
  • Yours sincerely, Kind regards (内容を書き終えた後に)

また、電話応対の際も英語でコミュニケーションを取る場合があります。緊張することもあると思いますが、英語でのメール・電話対応は業務において避けられないコミュニケーションツールということをしっかり理解しておきましょう。

ミーティング・飲み会

ミーティングでは、挨拶からディカッションまで英語でする外資系企業が多くあり、海外のオフィスとのミーティングはビデオ通話で行われることもあります。事前に配布される資料にしっかり目を通して準備をするのみならず、話の内容を理解し、積極的に発言できる英語力が必要とされます。

飲み会がある場合でも、やはり英語でのコミュニケーションが必須となります。失礼になるような発言はしないように気をつけたうえで、外国人の上司や同僚と積極的にコミュニケーションを取ることが大切です。

外資系企業では自分の意見をはっきり言うことが好まれる傾向にあり、ミーティングにおいても生産性をあげるため、自ら積極的に意見を述べる必要があります。意見を言う場合に使える、話し出しフレーズの例を以下に紹介します。

  • In my opinion, (自分の意見をいう場合)
  • May I suggest~ (提案をする場合)
  • I’m positive that~ (賛成する場合)
  • I doubt that~ (疑問がある場合)

また、他の参加者の意見に反応する場合に便利なフレーズには以下のようなものがあります。

Good point !
良い点をつきましたね

That’s interesting
それは面白いですね

資料作成

本社や取引先と共有する資料は、英語が大半となります。資料に何が書いてあるのかをすばやく理解できる英語力がないと、先にも述べたメールや電話・ミーティングの際に大変苦労し、業務に支障をきたしてしまいます。また、資料を作るオフィス用の表計算ソフトなども、言語が英語に設定されていることが多いでしょう。日本語で見慣れたメニューと違うので、最初は戸惑うかもしれません。

外資系企業で求められる英語力

ひとくちに外資系企業といっても、業界やポジションによって求められる英語力には差があります。しかし、業務内容にかかわらず一定レベルの英語力は求められます。挨拶程度の英語力ではどのポジションでも苦労することになるでしょう。

また、外資系企業では日本人とは文化や感性の異なる外国人ともコミュニケーションをとることになりますので、英語以外にもさまざまな力が求められます。

英語を読む力は必須

社内では日本語がメインという場合でも、資料やメールなどで英語を読む機会は頻繁にありますので、「読む力」はどの外資系企業でも必須といえます。働き始めのうちは戸惑うことが多いですが、何度も読み込んでいくと、だんだんと慣れてきて理解力がついてきます。

論理的思考力やコミュニケーション能力も重視される

外国人と接するときは、日本人とは違うやり方でいいんだと割り切りましょう。相手に伺いを立てるような言い方は避け、以下を意識することをおすすめします。

  • 相手の質問に対する回答はまず「Yes」か「No」で答える
  • まず、事実を説明する
  • 上記を伝えた後、理由や内容を続ける

これらを意識して、明確で論理的なコミュニケーションを取りましょう。日本語を上手に話す外国人相手であっても、この考え方は同じです。

上司・同僚が外国人の場合は一定の英会話能力が求められる

日本人が社員の90%を占めるような外資系企業の場合、社内で日常的に英語を使う機会がないこともあります。しかし、いざという時には英語でも意思疎通ができなくてはなりません。

仕事関連の食事会・飲み会では日常的に接していない外国人社員とも会話することがありますので、こうしたシチュエーションでも対応できるような英会話能力が必要です。

社内公用語が英語の場合はバイリンガルレベルである必要がある

外資系企業のみならず、自動車、商社そしてIT業界などの日本企業でも公用語を英語にするところが出てきています。事業をグローバルに展開するためには、日本語を英語に翻訳・通訳するための時間はロスと考えられているのです。

このような環境下では、ミーティング・資料・メールそして社内コミュニケーションまで英語が使われるためバイリンガルレベルが必要とされます。日常英会話で外国人上司また同僚、そしてクライアントとのスムーズなやり取りができること、場合によっては異議を唱える力も求められます。業務時間内は日本語無しでやっていくくらいの感覚が必要です。

国内企業・外資系企業にかかわらず英語力はつけておくべき

外資系企業に限らず、国内企業でも英語を使う時代になってきています。就職・転職先がどのような企業であるかにかかわらず、英語力を上げておくことで将来の可能性は大きく拡がります。

国内企業でも英語を使う機会が増えている

現在、英語を社内公用語にしていなくても、将来的にそうなる可能性のある企業は多いのです。グローバル化という目的だけでなく、クライアントが英語で業務をしていれば当然、合わせなくてはならない状況にあるからです。
このような理由から将来を見据え、外資・日本企業に関わらず英語力をつけておくことは大変重要です。就職・転職時には経歴書や面接で英語の能力についてアピールできるよう、英語をしっかりと身に着けておきましょう。

必要な英語力はあらかじめ確認しておく

就職・転職をする際、希望する企業ではどの程度の英語力が必要とされているかはあらかじめ確認すべきでしょう。たとえばTOEICの点数は高くても、会話の経験がない、話せないという場合、入社後に英語でのプレゼン、会議を求められても対応が難しいでしょう。しっかりとしたリサーチや面接時の確認を行うことで、「自分の英語力からは程遠いレベルを求められていた」「持っている英語力を活かせない環境だった」などのミスマッチを防ぐことができます。

就職・転職後もスキルアップに努める

希望する企業への就職・転職が成功したらそれで安心、というわけではありません。社内であまり英語を使う必要がない環境だと、それまでの英語力が一気に落ちてしまいますし、その業界の専門表現だけで良しとしてしまうと次のキャリアアップの対応力に影響がでてしまいます。継続的に英語力をスキルアップさせるよう努めましょう。

忙しいビジネスパーソンならではの賢い勉強方法の一つとしてオンライン英会話があります。ランチタイムや就寝前など、合間の時間を利用して無理のないスケジュールでレッスンを受けられますので継続性につながります。また、多様な講師がいるオンライン英会話を選べば、様々な発音に対応できるようになり、ビジネスシーンで大変有利になります。

外資系企業では、年齢や役職が上がるほど高い英語力が期待されますし、海外勤務の辞令が突然出ることもあります。現職に限定されず、他の業務へも対応できる汎用的な英語力を身につけておくべきでしょう。現状に甘んじない態度と行動力こそが重要です。それが結果的には、自分にとっての財産となり次のキャリアアップにつながっていくのです。

外資系企業の英語力まとめ

外資系企業のなかには、高いレベルの英語力が求められない企業もあれば、社内公用語が英語の企業もあります。また、これからは外資系ではない日本企業でも英語が必要とされる時代になってくるでしょう。

どんな企業であれ、英語でのコミュニケーションでチームワークをしっかり取れ、高い読解力で企業の方向性を理解し貢献できる人材が必要とされています。企業の要望にしっかりと応えられるよう、継続的に英語のスキルアップに努めましょう。

企業側が判断できる目安として、TOEICや英検等、英語の資格試験を持っておきたいものです。より上のスコア、級を目指して努力していきましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

ピックアップ