大人になってから、日本人が英語で文法を理解するのはなかなか難しいと思います。その中でも「完了形」は日本語にはない表現方法であるため、難しく感じるかもしれません。

「完了形」に限らずとも、文法を学ぶときはその例文にたくさん触れることで、どのような場面で使われるのかイメージしやすくなります。ここでは完了形を使ったさまざまな英文をご紹介します。

現在完了形 (Present Perfect Tense)

現在完了形はhave (has)+過去分詞形で表現します。現在完了形では、経験を表すことができます。

I’ve seen ‘Starlight Express’ in London. I want to see ‘Phantom of the Opera’ next.
ロンドンで「スターライトエクスプレス」を見ました。次は「オペラ座の怪人」を見たいです。

経験について話すとき、ever, never, before, in my life, so far, up until now, のような表現を現在完了形で使うことがよくあります。

We haven’t met before, have we?
私たち前に会ったことなかったですよね?
He’s never said sorry for what he did.
彼は自分のしたことに一度も「ごめんなさい」と言ったことがありません。

また、最上級の表現とともに使うと、ユニークな体験を表現します。

The dome of the Blue Mosque at Isfahan is the most beautiful building I have ever seen.
イスファハンのブルーモスクのドームは、私が今まで見た中で最も美しい建物です。
It was the best performance we have ever seen.
それは私たちが見た中で最高のパフォーマンスでした。

sinceとforの違いについて

現在完了形では、過去から現在まで続いている「継続」を表すこともできます。

I have studied English for 20 years.
私は20年間ずっと英語の勉強をしています。

よく使われる前置詞 forとsinceを英和辞典で調べると、

since「(動作・状態が始まる過去の時点を示して)・・・以来、・・・からずっと」
for 「(時間・距離を表して)・・・の間(ずっと)」

とあります。

この二つの違いは、年表をかいてみるとわかりやすいかと思います。

I have lived in my hometown since 2014.

年表上、2014年はある一点を指しますね。ある時点から現在までを表現したい時は、sinceを使います。

since 10 o'clock, since November, since 2014
I have lived in my hometown for 5 years.

上記の文と同じ意味ですが、この場合は5年間にポイントをおいた表現になります。
年表上では、2014年の時点から2019年現在の時点まで5年間の幅があります。

ある一定期間を表すときは、forを使います。

【for+期間】
for five minutes, for six hours, for 3 days, for 2 months, for four year

現在完了進行形(Present Perfect Continuous Tense)

現在完了進行形はhave (has)+been+~ing形で表現します。過去から今現在までずっと続けている動きを表します。

「続けている動作」を表すのは現在完了形と同じですが、現在完了進行形にすることで「続けている動作」を強調することができます。

I have been studying English for an hour.
私は1時間ずっと英語を勉強し続けています

→1時間前から今現在もずっと勉強をし続けている。

She has been waiting for you all day
彼女は一日中あなたのことを待っています。

→彼女は今現在も待っている

I've been working on this report since 7 o'clock this morning.
私は朝の7時からこのレポートに取り組んでいます。

→今現在まだ終わっていない

They have been travelling since last November.
彼らは去年の11月から旅をしています。

→彼らはまだ家におらず、帰ってきていない

完了形には動詞の過去分詞形が使われるため、動詞を辞書で調べるときは、必ず過去形、過去分詞形もチェックするようにしてください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

ピックアップ