GTEC(ジーテック / Global Test of English Communication)は、2020年度から刷新されるセンター試験で使用される民間英語試験のひとつであり、今後需要が増えると予想されています。比較的歴史が浅い検定であり、また対策教材なども限定的であるため、網羅的に対策をすることは一筋縄ではいきません。

この記事では、このGTECの対策に特化して、各技能別に押さえておきたいポイントなどをまとめました。

GTEC(ジーテック)とは?

GTEC(ジーテック)は、進研ゼミでおなじみのベネッセコーポレーションが制作している中高生向けの英語系試験です。4技能すべてを測定するテストであり、それぞれのバランスが重視されます。グローバルに活躍する人材を育成することを目的としており、未来を担う中高生に使える英語を習得させようという狙いがあります。

そのため、英語の学習途上である中高生が、実践で使える英語を駆使できるかを評価するようにデザインされており、知識と実践の橋渡しをするためのテストであるといえます。

日本限定の資格であるため国際的な価値はありませんが、使える英語を評価する数少ないテストであるため、日本国内での需要はかなり高いです。

また、そのメリットは何といっても、2020年度から実施される新しいセンター試験にて採用されていることでしょう。このテストのニーズが急増すると考えられており、特にライティング、スピーキングといったアウトプットスキルに今後注目が集まることが予想されます。

試験申し込みは中学校、高校から一括で申し込む団体受験形式、個人で申し込む形式の二種類があります。CBTは個人、団体どちらでも申し込みが可能です。

4種類の検定が存在

GTEC(ジーテック)には、「Core」「Basic」「Advanced」「CBT」の4種類があります。それぞれ、ターゲットとする受験者層が異なり、左から右に行くにつれて対策すべき内容が複雑化・高レベルになります。それぞれ中学3年~高校3年までをターゲットにしており、幅広い受験者に対応できるようになっています。

Core~Advancedは紙ベースの問題であり、コンピューターなどの電子機器は一切使用しませんが、CBT(Computer Based Testing)はその名が示すようにパソコンの操作だけで受験が完結する一風変わったテストです。

テスト形式によらず共通のスコアが算出されるため、異なるテストを受けた人でも互いのスコアを比較することができます。

なお、現役高校生レベルである英検準二級~二級のレベルはA2レベルであり、GTECでいえば「800点」が一つの目安になります。もちろん学年により学習済みの内容は大きく異なるので一概には言えませんが、800点を在学中に対策・突破することが一つの目安といえるでしょう。

スコア別レベルとCEFRの関係

CEFR(セファール)とは英語力の共通規格のことで、異なる英語系資格の間でレベルを比較するときによく用いられます。

GTECもCEFRによるカテゴライズがなされています。Coreの満点は840点で英検準二級レベル、Basicの満点は1080点で英検二級レベル、advancedの満点は1280点で英検準一級レベル、CBTは1400点で英検一級レベルとなっています。英検と並行して対策する際には、意識しておくと良いでしょう。

勉強の目標にするならCBTを意識しよう

上で説明したように、GTECには4種類のテストがあります。ただし現役の中高生であれば、在学中に一度は受けるであろうテストは最も難易度の高いCBTテストであると考えられます。現在まだ受験生ではないとしても、このCBTテストを意識して学習・対策をすることがおすすめです。

以降は、これから最もメジャーに受験されることが予想され、また最も要求されるレベルの高いCBTを中心に解説していきます。

GTEC CBTのテスト内容

GTEC CBT全体として要求されるレベルは英検二級、センター試験程度であり、難問奇問は出ません。高校の学習指導要領でカバーされていない単語やフレーズが出てくることもありませんので、高校の英語の授業に難なくついていけるレベルの現役高校生であれば、専用の対策をせずとも高い正答率が可能かと考えられます。

出題シチュエーションは日常、大学生活関連がほとんどであり、実際に大学進学後に似たようなシチュエーションに遭遇することも十分に考えられます(たとえ日本の大学でも、英語によるコミュニケーションが必要となる機会はたくさんあります)。

また、テストはすべてコンピューター上で完結するので、試験対策とは別にパソコン操作全般に慣れておく必要があります。特に中高生は紙ベースの試験には慣れているものの、キーボードタッチによる文字入力になれていない人が多いことがよくあります。

Speaking(スピーキング)

GTEC CBTスピーキングは、TOEFL iBTテストのように受験者がパソコンと対面して受験する形式です。ヘッドセットを用いて、音声で流れる質問に対して解答をしていきます。

最初は自己紹介などの非常に簡単な問題から始まり、だんだん難易度が上がっていくようになっています。問題数は7問、試験時間は20分です。

パソコンの前で独り言のようにスピーキングをするため、慣れていなければかなり気恥ずかしさがあります。ネット上で利用できるサンプル音源などを用いて対策しておくといいかもしれません。

Writing(ライティング)

GTEC CBTライティングでは、3つの大問で与えられる課題に対して英作文をする形式になっています。

1問目は自己紹介程度の簡単な英作文、3問目が最もボリューミーになっています。問題数は6問、試験時間は65分です。

日常シーンに即した英語を作文することが求められており、状況を的確に説明する、自分の意見を論理的に伝えるなどのスキル・対策が求められます。

Listening(リスニング)

GTEC CBTリスニングでは、講義など大学生活全般でありがちなシーンを模したリスニング問題が課されます。想定するシーンは大学生活ですが、中高生でも十分太刀打ちできるレベル設定になっています。

問題はすべて選択式の問題であり、自分で文章を作文する必要はありません。問題数は40問、試験時間は35分です。

また、全ての問題は一回しか読み上げられないので、一度情報を聞き逃すとそれだけで厳しい状態となります。ほとんどのリスニング試験では2回流れることが普通なので、あまり慣れていないと苦戦するかもしれません。

Reading(リーディング)

GTEC CBTリーディングでは、メール、広告、課題内容の抜粋など、大学生活でありがちなシーンに出てくる文章を読み、欲しい情報を的確に拾うタイプの問題が頻出します。問題数は40問、試験時間は55分です。

リスニングと同様に、問題はすべて選択式であり、英作文の必要はありません。

GTEC CBTの勉強のコツ

このセクションでは、GTEC CBTに向けての勉強のコツなどをまとめていきます。

自分のレベルを客観的に理解し、弱点を分析する

本格的に対策を始める前に、一度でも実際にGTEC CBTを受けてみることをおすすめします。特に、高校一年生の時点などで早めに受験することがおすすめです。もちろん知識が不十分でありハイスコアは期待できませんが、1年後、2年後に伸びをチェックすることが出来るでしょう。

年3回、47都道府県で受験が可能です。費用も他の試験に比べると負担が軽いので、まずはトライしてみましょう。

新センターで利用されるCEFRを意識したスコア目標を立てる

新しいセンター試験ではCEFRが利用されることが決まっています。GTEC CBTを受験する際には、ほとんどの中高生が受けるであろうセンター試験を視野に入れて、その目標点からGTEC CBTの目標スコアを算出してみましょう。

自分がCEFRでどのレベルにいるのか、目標はどこにあるのかといったことがわかれば、GTEC CBT以外の語学試験を受ける際にも目標が立てやすくなります。

セクションごとの出題傾向と問題に費やせる時間を覚える

上で解説したように、各セクションで出題される問題数と時間は決まっています。どの問題にどのくらい時間が割けるかという時間配分対策をきちんと行う必要もあります。

とりあえず実際に解いてみて、どの程度時間が足りなくなるのかといったことを肌感覚として理解するのがいいでしょう。

Speaking(スピーキング)の勉強のポイント

ここからは、実際に学習・対策をする上でのポイントを各技能別にまとめています。ぜひ参考にしてみてください。

問題展開パターンを把握する

GTEC CBTスピーキングで出題される質問はある程度型にはまっており、また、それに対する応答もテンプレートをうまく駆使すれば比較的簡単にできます。

中高生レベルで複雑な構文をすらすらと口から出すことは難しいですが、テンプレートを駆使すればそこに単語を当てはめるだけで文章が完成します。まずは丸暗記からでいいので、いくつかのテンプレートを覚えて、友人とのロールプレイなどの対策を通じてそのテンプレートを自分のものにしてきましょう。

オンライン英会話を活用する

高校生なら誰もが持っているスマホで、オンライン英会話を利用することもおすすめできます。

普段は学校の日本人教師の英語を聞くことに慣れてしまっているため、本場の英語がいきなり出てきたら混乱することもあります。ネイティブとコミュニケーションが取れるオンライン英会話をうまく利用して、スピーキングへの抵抗をなくすこともおすすめの手段です。

Writing(ライティング)の勉強のポイント

GTEC CBTライティングは、型にはまった構文を書けるようになることが重要です。このセクションでは、ライティングの勉強・対策をする上で気を付けておきたいポイントをまとめています。

汎用性の高い単語やテンプレートを覚える

例えば、英文メールの出だしや締めのフレーズ、自分の名乗り方、要件の伝え方などはほぼテンプレ化しており、対策すれば誰でもすぐに書けるようになります。

このように、英作文では利用可能なテンプレートが豊富にあり、うまく駆使すれば簡単に質の高い文章を書くことができます。また、この手のテンプレートはスピーキングにもそのまま応用可能であるため、まさに一石二鳥であるといえます。

英文における論理展開パターンを把握する

英文を書く際には厳格なルールがあります。これは、GTEC CBTライティングでももちろんこれを踏襲する必要があり、ある程度知識として理解し対策しておく必要があります。

最低限、以下の三つだけは把握しておきましょう。

  • introduction: 序文、論点は何か、著者のスタンスは何かを明確にする
  • body: 本文、実験、調査結果などの具体例を示し、論証をする
  • conclusion: 再度、自分の意見をまとめる

この構成は、英米の小中学生が作文を習うときに徹底的に指導される基本的なルールです。散文スタイルの文章を除き、このルールに当てはまらない英文はないので、この機会に覚えておくといいでしょう(試験以外でも役に立つテクニックです)。

Listening(リスニング)の勉強のポイント

GTEC CBTリスニングでは、キャンパスライフのワンシーンなどの題材が出題されやすく、あたかもその場にいるようなシチュエーションで問題が出てくることがよくあります。

効率の良いメモの取り方を学ぶ

GTEC CBTには、5分ほどの超長文リスニング問題もあり、耳から得た情報を記憶だけで整理することは不可能に近いです。そのため、耳で聞きながらメモをとる必要があるため、「メモの取り方」の対策も必要であると言えます。

略記、記号、簡略的な絵など、自分にだけわかるマイルールを決めておくといいでしょう。矢印などを使って状況を整理したり、ストーリーを並べたりすることも有効です。

もちろん、メモを取ることだけに躍起になって実際の中身が聞き取れないのでは本末転倒です。メモを取るとともに、ストーリーのあらすじは頭で理解できるようにしましょう。

問題の先読みのコツを掴む

各設問の冒頭で、「解答準備時間」が与えられます。この時間は、スクリーン上(CBTではない紙ベースの試験であれば問題冊子上)の情報を読み、会話のバックグラウンドを頭に入れるための時間です。

もちろん、ぼーっとして待っているのではなく、設問や選択肢に目を通し、前提情報を頭の中に入れることが得策です。一つ一つの断片的な情報ではなく、全体を俯瞰的に見て会話の状況、シチュエーションをとらえることを意識して先読みし対策しましょう。

Reading(リーディング)の勉強のポイント

最後に、GTEC CBTリーディングの勉強ポイントを解説していきます。

これまでの学校の勉強を復習し、語彙力を鍛える

GTEC CBTリーディングで出題される問題で使用される語彙や文法は、高校の学習指導要領に即したものです。現役高校生であれば今受けている授業で用いている学習参考書や教科書が、大学生や社会人の人であればかつて高校で使った学習教材が対策に非常に役に立ちます。

教科書は薄くてとっつきやすく、しかもエッセンスが詰まった良著です。ボキャブラリーも同時に鍛えることができますので、ぜひ利用してみましょう。

また、教科書もそうですが、高校の授業でとったノートも大きな武器になります。ノートは「自分専用の参考書」のようなものであり、自分の苦手分野などの情報が詰まっています。手元にあるのであれば、ぜひ利用しましょう。

時間との戦いのため、速読力(スキミング・スキャニング能力)を育てる

GTECでは限られた時間の中で大量の英文を読む必要があります。この際に役立つスキルがスキミングとスキャニングです。聞き慣れないスキルかもしれませんが、どちらもGTEC CBTリーディングを攻略・対策する際には必須といっていいスキルです。

スキミングとはいわゆる「見出し読み」のことであり、各段落のトピックセンテンスのみに着目して文章を読んでいくやり方です。短時間で文章の全体像を把握することが可能であり、ベタ読みをするよりも頭に情報が定着しやすくなります。

スキャニングは、「欲しい情報をピンポイントで文章から拾ってくるやり方」です。設問から先に読み、その設問で問われている内容、欲しい情報を頭の中に仕入れてから文章を探しにいきます。新聞から欲しい情報が書いてある紙面、見出しを探しに行くやり方に似ています。

実は、どちらも日常の中でトレーニング可能です。駅の案内表示などには外国人向けの英語表記を利用して、欲しい情報をピンポイントで探すトレーニングをしてみましょう。このように、机に向かう勉強だけではなく、日常のあらゆるシーンからでも学習・対策をすることができます。

GTEC対策まとめ

GTEC CBT(ジーテック)は4技能全てを総合的にトレーニングしなければハイスコアは望めません。しかし、各セクションで求められるレベルはどれも高校での学習に即したものであり、難問奇問は出ません。実際に堅実な対策を行い、問題をこなし、また独特の受験形式に慣れていけば、ハイスコアを出すことも可能でしょう。ぜひ、目標スコアを突破出来るように頑張ってください。

出典:GTEC

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

ピックアップ