医師の英語力の重要性は、グローバル化する日本において徐々に高まりつつあります。今回は、医師や医大生の英語教育に深く関わる、現役医師であり教育者でもある国際医療福祉大学医学部准教授の押味先生にお話を聞いてみました。また、【後編】では、押味先生の実際の経験を元にして、英語上達の秘訣を語っていただいています。

押味 貴之(おしみ たかゆき)
国際医療福祉大学医学部 准教授、日本医学英語教育学会 理事、立命館大学国際関係学部卒業、旭川医科大学医学部卒業、Macquarie大学大学院翻訳・通訳学科卒業
「医学英語」「医療通訳」の分野で教育・啓蒙活動に携わる医師であり教育者。2007年から2016年まで日本大学医学部で6年一貫医学英語教育プログラムの開発運営に携わる。2014年より日本医学英語教育学会理事。2016年12月より現職。医師や医学生が本当に必要な医学英語スキルを効率よく学べるよう日々研究実践している。著書に「Dr.押味のあなたの医学英語なんとかします!」(メジカルビュー社)など

国際化する日本と日本の医師の英語力

医学英語のスペシャリストとして、医学英語教育と英語医療通訳者養成に従事してきた押味貴之 国際医療福祉大学医学部准教授はこう語ります。

安倍政権が外国人労働者の受け入れに積極的な姿勢をみせ、日本が移民国家になる日も近いと言われています。

コンビニエンスストアや飲食店に行けば外国の方が沢山働いている現実があり、日本はすでに移民国家になっています。好むと好まざるとに関わらずこれが現実であり、この流れは今後も変わらないでしょう。

移民流入数*で日本はドイツ、アメリカ、イギリスに次いで4位となり、医療現場でも英語での対応が必要になる場面が今よりも多く想定されますが。

医学の世界では英語が共通言語ですので、論文は英語で出版されますし、学会での口頭発表や質疑応答も英語です。ですから国籍や母語に関わらず、英語は身体診察や基本手技と同様に医師にとっての必須のスキルと考えられています。現にスウェーデンやハンガリーといった英語を母語としない国や地域の医学部でも英語の教科書を使い、定期試験も英語で出題することが一般的です。日本のように母語だけで医学教育をする国の方が世界では少数派なのです。

上記のような世界の状況から考えると日本の医学英語教育環境はまさにガラパゴスと言えます。もし医師が当たり前のように英語が話せれば、異国の地で病気になるという大変心細い思いをしている患者さんからすれば頼もしい話です。なぜ、日本のお医者様は英語を話せないのでしょう。

*OECDが発表する2016年の移民流入数。イギリスのBrexitに伴いさらに上位にランクインすることも予想される。

日本の医学部における医学英語教育

日本医学教育学会

第50回日本医学教育学会で Academic Excellence 受賞

今の医学英語教育の環境について

医師が目指す英語力の最低基準として CEFR*(セファール)B2 レベルが考えられます。これは『中上級』の英語力であり、国籍や母語に関わらず全ての医師が獲得すべき最低限の英語力と言えます。日本の医学部のTOEFL ITP の平均点は中級であるCEFR B1レベルに相当する483点**です。一般的にCEFRのレベルを一つ上げるためには、英語教授法の資格を持った講師の指導下での200時間の英語学習が必要になると言われていますので、医学部では英語講師の指導の元、200時間以上の『一般英語』の授業を提供する必要があります。
これに加えて医師として『論文を読む』『論文を執筆する』『口頭発表をする』『議論をする』『医療面接をする」『身体診察をする』『症例報告をする』といった『医学英語』のスキルも身につける必要があります。海外の医学部ではこれらの医学英語のスキルはCLIL(クリル)***という内容言語統合型学修法で身につけています。つまり『医学英語を学ぶ』のではなく、『医学を英語で学ぶ』ことで身につけるのが医学英語学修の王道なのです。

*Common European Framework of Reference for Languages(ヨーロッパ言語共通参照枠)
**国際教育交換協議会(CIEE)日本代表部 TOEFL事業部 2017年6月調べ
***Content and Language Integrated Learning(内容言語統合型学修)

しかし日本の医学部の英語教育は、一般英語と医学英語の授業の総数で100時間から300時間と時間数が絶対的に少なく、また医学英語も英語講師の指導の元で『医学英語を学ぶ』という学修方法で指導しているのが現状です。これでは中上級レベルの英語を獲得し、医学英語を使いこなせるのは困難と言わざるを得ません。
国際医療福祉大学医学部の教員

国際色豊かな国際医療福祉大学医学部の教員。医学英語は9名の医師、英語科目は7名の英語講師が担当する。

2017年に開学した国際医療福祉大学医学部では、この現状を打破すべく1年次に必修科目として240時間、選択科目として180時間、合計420時間の英語講師による「一般英語」の授業を実施しています。その結果、1期生は1年次終了時にTOEFL ITPの平均点が32点スコアアップの551点となり、半数以上の学生がB2レベルに到達することができました。

また1年次と2年次は全ての医学科目を英語で実施する他、2年次には英語を使いこなすことができる医師が指導する『医学英語』の授業を120時間実施しています。日本の医学部では英語講師が一般英語も医学英語も教えなければならず、英語講師への負担が大きいことが多いのですが、幸運なことに本学では7名の常勤の英語講師が一般英語を担当し、9名の医師が医学英語を担当する教育環境が整っています。医学部では医学英語の教育も重要ですが、一般英語の教育も重要です。本学が一つのモデルとなって『医学英語教育を医師の教員が担当することで、英語講師が一般英語教育に専念できる教育環境を作ろう』というメッセージを医学英語教育の分野で発信しています。

Team Medics

Team Medicsの学生たちが日本医学教育学会でその活動内容を発表

確かに、現状医学生が大学の教育カリキュラムの中で医学英語を習得するのは難しいかもしれませんが、学生の中には自主的に医学英語を勉強する学生もいると思いますが。

実はどの大学にも英語にとても興味があり、独学や課外活動を通して一般英語や医学英語の能力を高めている医学生は一定の割合でいます。しかし日本の医学部には「部活文化」という「体育会系の部活動を課外活動の最優先事項とする文化」があり、それが原因で英語学修や留学に十分な時間を割くことができない医学生が相当数いるのです。

もちろんこういった体育会系の部活動には数多くのメリットがありますし、私も部活動そのものを否定するつもりはありません。ただ医学部という小さなコミュニティから外部に目を向けて英語学修や国際的な活動に参加したいと感じている医学生にとって、必ずしも各大学において居場所が見つかるとは限らないのが現状です。

こういった医学生たちが所属する大学に関わらず、一般英語や医学英語、そして国際医療活動に関わる機会を少しでも増やせるようにと、私はVIA*という米国のNPOと一緒に夏休みと春休みにスタンフォード大学医学部を訪れる医学留学プログラムを毎年実施する他、「国際的なコミュニケーション能力の養成を目指す医学生団体」である Team Medics のスーパーバイザーとして、毎月3時間の医学英語セミナーも開催しています。こういった活動に参加した医学生たちが相互に交流をすることで、所属する大学に関わらず一般英語や医学英語のスキルを高め合う機会が少しでも増えていって欲しいと思っています。

*Volunteer in Asia(米国とアジア各国の国際交流プログラムを提供するスタンフォード大学を拠点としたNPO)

Abraham Verghese&Errol Ozdalga

友人であるスタンフォード大学医学部のAbraham Verghese教授とErrol Ozdalga准教授

医療現場では医師が直接英語で対応できるに越したことはないと思いますが、看護師や医療事務といった医療関係者全てが英語を話せるわけではないので、医療通訳者も重要なのではないでしょうか?

もちろん外国人の患者さんが英語を話すとは限りませんので、英語が堪能な医師であっても中国語やスペイン語の医療通訳を使う場面がこれから多くなります。したがって日本においても医療通訳制度の整備は急務です。しかし日本では移民法がないために医療通訳制度を支えるための公的な財源がありません。また日本は相対的にバイリンガルの人材が少なく、英語の医療通訳者の養成機関においても一般英語の学修から始めないといけないほど、欧米と比べて医療通訳者の語学能力が低い傾向にあります。
このような状況を打破し、能力の高い医療通訳者を養成するために国際医療福祉大学大学院では修士号コースの医療通訳・国際医療マネジメント分野」の他、公開講座として「医療通訳講座」を開講しています。どちらも厚生労働省が旗振り役となって作られた「医療通訳育成カリキュラム」を基準とした実践的なプログラムで、病院実習や豊富な通訳演習などを通してかなり高度な医療通訳スキルを身につけることができます。

医学英語教育には様々な障壁がある中、押味先生は現在所属される国際医療福祉大学医学部と大学院での授業に加え、上述したVIAの医学留学プログラムやTeam Medicsのスーパーバイザー、そして現在も北海道大学、岐阜大学、宮崎大学、関西医科大学など、全国の医学部で特別授業も担当されるなど精力的に活動されています。

今でこそこのように医学英語の専門家として活躍されている押味先生ですが、初めから英語が堪能だったわけではなく、現在の立場になられるまでには長い独学の歴史があったのです。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

ピックアップ