【前編】では、日本の医学英語教育の現状と問題を解決するために押味先生が取り組んでいる活動をご紹介しました。【後編】では、医学英語に限らず「英語上達のコツ」や教育者としての熱い想いをお話いただきました。

※写真は趣味のベルギービールを楽しむ押味先生

押味 貴之(おしみ たかゆき)
国際医療福祉大学医学部 准教授、日本医学英語教育学会 理事、立命館大学国際関係学部卒業、旭川医科大学医学部卒業、Macquarie大学大学院翻訳・通訳学科卒業
「医学英語」「医療通訳」の分野で教育・啓蒙活動に携わる医師であり教育者。2007年から2016年まで日本大学医学部で6年一貫医学英語教育プログラムの開発運営に携わる。2014年より日本医学英語教育学会理事。2016年12月より現職。医師や医学生が本当に必要な医学英語スキルを効率よく学べるよう日々研究実践している。著書に「Dr.押味のあなたの医学英語なんとかします!」(メジカルビュー社)など

時間はあるがお金はない。学生時代の押味青年の英語学修方法

今でこそ医学英語の第一人者である押味先生ですが、帰国子女でも特別な環境で育ったわけでもありません。日本で英語を身に着けた多くの英語学修者と変わらないお一人です。実は先生は、医学部に入る前に立命館大学国際関係学部を卒業されています。

先生はどのように現在の英語力を身に着けたのでしょうか?

もちろん初めから英語が話せたわけではありません。小さい頃から海外に漠然とした憧れがあり立命館大学国際関係学部に進みましたが、そこには帰国女子や英語が堪能な学生が多くいて、私はむしろ英語劣等生でした。海外語学留学をするお金もない中、どうやって英語力を向上させようか悩んだ末に思いついた学修法は、洋画を繰り返し観ることでした。
当時大学に洋画を視聴できる施設が図書館にあり、そこで気に入った洋画を日本語字幕が表示されるところをテープで隠して何度も観ました。当然最初は全然聞き取れないのですが、自分で発音しながら何度も繰り返し聞き取るうちに少しずつ何を言っているのかが聞き取れていきます。図書館のビデオなのですが、それこそビデオテープが擦り切れるくらい観ていました(笑)
入学当初は受験科目としての英語力はそれなりにあったのですが、音声として英語を扱うことは全くできませんでした。しかし英語母語話者が使う英語をそのまま聞いて覚えるという学修方法を早い段階で体験できたのは幸運でした。私が実践していたシャドーイングリピーティング、そしてディクテーションは、科学的根拠に基づいた英語学修方法として今では広く実践されています。こうしてある程度英語が聞き取れるようになって、いくつかの定型表現を話す練習をしたら、国内の英語母語話者を相手に実践します。その繰り返しで少しずつ英語を上達させていきました。

現在のように英語字幕が当たり前ではない時代に、このように地道な努力を積み重ねて、英語力を向上させていったのですね。

そうはいっても順調に進んだわけではありません。少しずつ使える英語表現が増えていき、「英語が上手くなってきたかも」と思ったらすぐにまた挫折を経験する、ということの繰り返しでした。(笑)

自分の好きな医学英語で生きていく

国際医療福祉大学医学部

押味先生のアイディアが詰め込まれた国際医療福祉大学医学部の Language Room のデザイン。理想的な語学教育ができる環境となっている。

その後、医師への道を志した押味先生は旭川医科大学に進学。その後、医学英語専門家としてのキャリアを歩んでいかれます。

もちろん生命の現場に興味があったので医師を志したのですが、自分がずっと臨床の医師として働くことは医学部入学当初から想像できませんでした。それよりも自分が得意で人よりもうまくできること、興味を持てることは何だろうと考えた結果、やはり英語、とりわけ医学に関する英語だと思ったのです。当時は今よりも医学英語に携わる人は少なかったですし、ましてや医師でありながら臨床や研究ではなく、医学英語を専門にする人なんて聞いたこともありません。しかし、自分にとっては医学英語が一番面白いものだったので、周りがどう感じようが、自分の好きな医学英語で生きていこうと思ったのです。

押味先生は医学英語の様々なスキルを学ぶ中で「日本の医学英語教育の父」とも言われる元東京医科大学教授のPatrick Barron先生(J. パトリック・バロン)に師事していました。その中で通訳としての技術を高めたいと思いオーストラリアのMacquarie大学大学院への留学を決めます。

当時、一般英語も医学英語もかなり力がついていたと思うのですが、それまで自分流でやっていた通訳と翻訳の技術を基本から学びたいと思ったのです。

英語で「通訳」を意味する interpreting は「解釈する」というイメージの言葉です。従ってそこから派生する 「通訳者」の interpreter には、「対話する二者の間に入り、それぞれの発話を解釈して相互理解を補助すること」が求められます。人工知能が発達してそれが人格を持つことができる日までは、「通訳した内容が正しく理解されたかを確認すること」と「文化の違いを確認して相互理解のきっかけを作ること」という役割は自動翻訳機器には代用ができません。

オーストラリアに留学する以前から米国などで医療通訳のトレーニングを受けていて、日本でも医療通訳養成講座をたくさん行なっていたのですが、通訳するとはどういうことなのかを基本から学び直したいと思い、応用言語学と通訳翻訳学で有名なMacquarie大学大学院に留学しました。

英語に関しては現地の大学院での授業は全く問題なかったのですが、現地の友人たちと飲みに出かけると、トリビアナイトといわれるクイズイベントなどに参加することがよくありました。そうするとオーストラリア人なら当たり前に知っている歴史やカルチャーの知識がなく、そこでの英語には本当に苦労しました。

大学院では医学に限らず様々なジャンルの通訳と翻訳を経験し、先生は当初の目的であった通訳・翻訳のスキルを獲得していきました。

大学院在学当時はそのままオーストラリアに残り、医療通訳分野の専門家として大学教員になろうと考えていたのですが、恩師であるBarron先生から「日本大学医学部で6年一貫の医学英語教育を始めるらしい。10年に1度あるかないかのポストだから帰国してこのポストに応募しなさい。」と勧められました。当時は既に医療通訳者に医学英語や医療通訳技術を指導することはしていて、教えること自体は好きだったのですが、日本の医学生に英語を教えるとは全く考えておらず、医学部での医学英語教育のポストには正直全く興味が持てませんでした。

帰国して感じた日本の医学英語教育の問題点

The Best Teacher Award

左は何よりも嬉しい医学部1期生からの The Best Teacher Award。右は大学院1期生から贈られたリンゴのオブジェ。アメリカでは教師にリンゴを贈る習慣がありますが、押味先生の名字にちなんで "The more you push, the better it tastes!" が刻印されている。

自分自身、日本の国立医学部を卒業していますから、日本の医学生が授業を軽視してあまり出席していないこと、そしてほとんどの医学生にとって英語は優先度が高くないことはよくわかっていました。また個人的に「医学英語教育において重要視すべき対象は医学生でなく、教員の医師である」と強く感じていて、医学生を対象とした医学英語教育にはそれほど魅力を感じていませんでした。

そういうわけでBarron先生にお話をもらった時は応募を躊躇したのですが、先生に説得される形で応募し、2007年から日本大学医学部 医学教育企画・推進室の助教として6年一貫の医学英語教育に携わることになりました。

ここから医学英語教育の専門家としてキャリアを積むことになりますが、問題も多かったのではないでしょうか?

働き始めてすぐに感じたのは、それまでの医学英語教育の問題点です。私が教員として働き始めた頃、日本医学英語教育学会では「論文の読み方」と「論文の書き方」の指導が医学英語教育の主流でした。しかしこれらは医師や大学院生であれば優先度が高いのですが、臨床医学が学修対象となっている医学生にはあまり優先度は高くなく、必然的に興味関心も高まりません。それよりも医学生にとって本当に必要だったのは「医学の授業で学んでいる内容を英語でも学ぶ」ということを医学英語の授業で提供することでした。
そこで私は医学英語教育主任として「学生が医学の授業で学んでいる内容を英語でも学ぶ」「扱う教材は英語圏で作られたものだけを使う」「様々な英語学修方法を提供する」という3つの指針を立てて、「医療面接をする」「身体診察をする」「症例報告をする」という臨床医学英語を重視しつつ、「論文を読む」「論文を執筆する」「口頭発表をする」「議論をする」という学術医学英語も包括した6年一貫の医学英語教育を構築しました。
教員として働き始める前は医学生を教えることにそれほど魅力を感じていなかったのですが、働き始めてすぐに日本の医学生が英語で困っている状況を何とか変えてあげたい、医学生が夢を叶えて自己実現することを助けてあげたい、と強く感じるようになりました。自分が学生だった頃には全く知らなかった「医療面接」や「症例報告」の英語表現やマナーなど、「もっと早い段階で学ぶことができたら良かったのに」と思うことを若い医学生に伝えたいと思うようになったのです。

今では医学英語教育を通して、医学生や医師が一人でも多くの患者さんの生命と健康を守ることに貢献することが私の人生の喜びとなっています。思えば日本の高校と医学部を卒業した私にとって、日本の医学生が経験する医学英語学習の困難さを理解できるのは当然かもしれません。医学英語の講師としては英語圏の医師が理想ではありますが、自分のように日本で英語を身につけてきた医師にしか教えられないこともあると思うのです。

2007年から2016年まで日本大学医学部の医学英語教育主任を務めさせていただき、その間たくさんの医学生や大学院生を指導する幸運に恵まれました。また日本大学以外にも様々な大学の医学部に特別授業や講演会などの講師として呼ばれるようになっていき、そこでもまた数多くの医学生や医師の方々を指導する幸運に恵まれました。

その後、現在の職場である国際医療福祉大学医学部医学教育統括センター准教授として医学部の英語教育を統括させてもらっています。本学は日本の医学部としては全国初となる「医学を英語で学ぶ」というCLIL(クリル)を本格的に導入し、最初の2年間は医学科目を全て英語だけで学びます。また1年次に420時間、2年次に300時間、合計720時間の一般英語と医学英語の授業を行い、一般英語と医学英語の両方のスキルを獲得できるカリキュラムを提供しています。

大事にしているのは「祝祭空間」としての学び場

ハロウィーン

ハロウィーンの Language Room のデコレーション

現在教鞭をとられている大学で押味先生は、日本人の学生だけでなくアジアを中心に各国の留学生に対して英語で医学を教えています。

押味先生は、今どのように学生さんを指導しているのでしょうか?

本学の医学生は学年140人のうち20人はアジア各国から集まった優秀な留学生で、彼らは総じて高い英語力を持っています。120人の日本人学生には帰国子女もいますが、ほとんどは日本で生まれ育ったいわゆる「普通の医学生」です。そんな彼らにとって様々な国から来た留学生と一緒に学べる本学の「多文化共生社会」は、国際的な感覚を身につけるには理想的な文化土壌と言えます。

いくら英語の授業がたくさんあっても「医学を英語で学ぶ」ことは、多くの一般的な日本人学生にとって負担が大きいのが現実です。医学英語の習得には「型を身につける」ことが基本ですが、それに加えて私達が重要視しているのが「安心して学ぶ」「楽しく学ぶ」「好きなものを学ぶ」「仲間と共に学ぶ」ことを可能にする学修環境です。

他の分野の専門英語と同様に、医学英語でも「型を身につける」ことが重要です。「医療面接」や「症例報告」には基本の「型」となる定型表現がありますから、まずはこの「型を身につける」ことが最初のステップになります。ただこの「型を身につける」のはあくまでも最初のステップであり、その後に英語力の地金である自分の一般英語のスキルと組み合わせて、間違いながら学んでいくという作業が必要になります。

しかし、受験英語で正しい英語を使うことへの意識が強い医学生にとって、この「間違いながら学ぶ」ということは心理的な抵抗が大きいのが現実です。ですからまずは様々な課題を英語で行うことを通して「英語を間違っても大丈夫なんだ」という経験を数多くしてもらいます。こうすることで大学全体に「安心して学ぶ」という文化が醸成されるのです。

また少しでも「楽しく学ぶ」ことができる環境を作ることも大切です。授業の内容を楽しくすることはもちろん、語学教室をイベントに合わせてデコレーションし、授業の合間には季節や流行に合わせた英語の音楽もかけたりアロマを使うなど、少しでもリラックスして英語学修ができるように工夫しています。

必修の英語科目では学修項目が決まっていますが、毎日夕刻に開講する自由選択科目としての英語科目では、「医学」「科学」「世界情勢」「趣味(映画やスポーツなど)」「一般英語」「アカデミック英語」など 6つのテーマについて学生が「好きなものを学ぶ」ことができるようにしています。自分の興味のあることを英語で会話をすることで、英語で自由に意見を述べるスキルを自然に習得できるようにしています。

インターネット上で知識の習得が容易になった現在、大学など教育機関には「その時間、その仲間と、その場所でしか体験できないもの」を提供することが求められています。過去の「お祭り」をアーカイブで体験することにほとんど価値がないのと同様に、教育機関も「仲間と共に学ぶ」ことが重要な意味を持つ祝祭空間のような学び場になるべきであると考えています。

英語上達の秘訣は“Fake it until you make it!”

Captain America

国際医療福祉大学医学部のハロウィーンパーティーは教員も仮装する本格的なもの。この年は Captain America として参戦!

押味先生が考える、「英語上達の秘訣」などあれば是非教えてください。

よく英語上達のコツを聞かれるのですが、私からのアドバイスは “Fake it until you make it.”です。これはつまり「できるようになるまで(until you make it)あたかもできるように演じろ(Fake it)」ということです。

例えば、学会での発表が苦手な医師がいるとします。そういう時は英語で自信を持って発表ができるという理想の自分を演じるわけです。最初は確かにハッタリなのですが、理想とする自分にもうなっているんだと演じ続けることで、理想の自分が現実化するのです。

よく英語が上達してから学会での口頭発表に応募しようという話を聞きますが、「英語が上達してから口頭発表をする」のではなく、「口頭発表をすると決めてから英語を何とかする」というのが正しい順番です。誰でも最初は初心者です。ですから英語を使えるようになるためには、「安心して」「楽しく」「好きなものを」「仲間と共に」英語で学んでいく環境を作ること、その際には「最後には英語が使えるようになる」と根拠なく思い込むことが大切なのです。

理想の自分は英語で自信満々で聴衆を引き付けるような話をしている。そのような自分になるために今の自分には足りないのはどんなことか?どうすれば距離が縮められるか?を考えながら演じ続けることが、英語上達には大切なのですね。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

ピックアップ