急な海外赴任を言い渡されたとき、自信をもって渡航することができますか?十分に準備をする時間もなく渡航となる場合、何から手を付けたらいいかわからなくなることもありますよね。

しかし、英語学習が最も大事であることは言うまでもありません。仕事もプライベートも、すべて英語でのコミュニケーションありきです。この記事では、海外赴任先で困らないために必要な英語レベルと、そのための学習方法について解説しています。

急な海外転勤辞令!赴任先で必要な英語レベルとは?

辞令というのは、急なものです。実際の赴任まであまり時間がない、ということも多いですよね。突然海外転勤を言い渡された時に最も不安なことは、言語の問題だと思います。

仕事をするにしても、日常生活を営むにしても、社会で生きていくためにはまず言語によるコミュニケーションをとっていく必要があります。海外赴任ですと、多くの場合、英語力が求められることになるでしょう。

実際の赴任にあたって、どの程度の英語力が必要かご存知ですか?まずは、海外赴任に先立って目指すべき英語レベルの確認からしていきましょう。

大量のビジネスメールや早口の会議を理解する「インプット能力」

英語で業務にあたるということは、連絡や指示がすべて英語でなされ、それを理解する必要があるということです。

例えば、毎日仕事で読んでいる膨大な量のメールが、すべて英語で届きます。重要な会議やミーティングも、もちろん英語で行われます。議論が白熱してきたら、早口でまくしたてられることもありますが、そんな中でも、話題を理解して会議についていく必要があります。

ビジネス英語において最も重要なのは、素早いインプット力です。素早いメールの内容把握、会議資料の理解ができるリーディング力と、早口の相手の主張も理解するリスニング力が不可欠です。

簡潔に意見を述べる「アウトプット能力」

もちろん、他人が言っていることを理解するだけでは、仕事になりません。インプットした情報を処理したら、次は自分の意見を述べる必要があります。

その際に大切なのが、ライティング・スピーキングといったアウトプット能力です。自分の言いたいことを簡潔に述べることができる力、伝えたいことやリクエストを誤解なく相手に伝えるメールが書ける力、そして、企画書を作成し自分の言葉でプレゼンできる力が必要です。

また、ビジネスの場においては、ふさわしい表現が存在します。カジュアルな口語だけでなく、フォーマルな英語も身に着け、使いこなす必要があります。

海外駐在員が英語力不足だとどうなる?

冒頭から少々厳しいことを述べました。上で紹介した英語レベルは、赴任先で不自由なく能力を発揮して働くために必要な英語力ですから、赴任当初からこのレベルに達している必要がある、ということではありません。業務を通して英語力が上がっていくことも十分に考えられます。

しかし、英語力不足では、業務上不利になることは間違いありません。例えば、以下のようなことが起こる可能性があるのです。

仕事に時間がかかる

英語力が足りないと、インプット・アウトプットそれぞれに膨大な時間がかかります。例えば、日本語であれば流し読みで済むような簡単なメールですら、読み終わるまでに30分かかってしまったりします。

すべての仕事は英語できますから、ひとつひとつに時間をかけていたら、仕事の内容把握だけで1日が終わってしまい、結局作業が満足にできなかった、ということになりかねません。

重要な仕事を割り振られなくなる

何か重要な仕事を任せるときには、担当する人が業務を問題なく遂行できることが条件になります。ふだんの仕事に時間がかかっている人には、任せたいとは思いませんよね。英語力不足では、スムーズに業務ができない可能性が大いに考えられますので、重要な仕事を担当させてもらえなくなってしまいます。

普段から信頼に足る仕事をするためには、英語力が不可欠です。自分に何かひとつ突出した専門スキルがあるという場合は別ですが、そうでない場合、インプット・アプトプットに時間をかけていると、「仕事ができない人だ」と認識されかねません。自分の能力を発揮するには、まずベースとなる英語力を磨きましょう。

現地での仕事に困らないようにするには?英語習得のポイント

海外赴任先で満足に業務ができないという事態にならないためにも、赴任が決まったら、必ず英語の準備をしておきましょう。「赴任したら勝手に話せるようになる」という考えは大間違いで、非常に危険です。言語は、何もしなくて自然に身につくということはまずありません。

もちろん赴任後でも、必要に駆られて英語力は伸びていくでしょう。しかし、自ら学んでいかなければ伸びはすぐに頭打ちになります。また、不自由なく英語が話せるようになるまで、企業側が待ってくれるとも限りません。赴任後の不自由を少しでも解消できるよう、早い段階から効率的に英語を学習し、準備しておくことが大切です。

では、具体的にどのようなポイントを意識しておくべきなのでしょうか。

ビジネス英語や専門用語をインプットする

海外赴任前の英語学習で意識していただきたいのが、ビジネス英語と日常会話の違いです。これまで学校や資格試験の勉強で学んできた英語は、ビジネス英語ではなく、日常のコミュニケーションのための英語だったと思います。しかし、赴任先で求められるのは、ビジネスで使える英語です。ビジネスで使うフレーズや語彙を意識して準備する必要があります。

また、赴任先で携わる業務がある程度わかっている場合は、その業務内容に関連した単語やフレーズもチェックしておくと、よりスムーズに現地の業務に取りかかれるでしょう。赴任までは時間があまりないことがほとんどです。遠回りせず、赴任後に必要な内容にポイントを絞って学習することが大切です。

リスニング・スピーキングを優先する

英語の能力には、リスニング・リーディング・スピーキング・ライティングの4技能があります。英語で業務を行うなら、この4技能はバランスよく身についている必要があります。

しかし、英語を学習する段階においては、4技能バランスよく時間をかけることはおすすめできません。まずは、リスニングとスピーキングに大部分の時間を割いて勉強しましょう。というのも、日本の英語教育においては、特にリーディング・ライティングに重点が置かれているため、この2技能については中学・高校で基礎力が十分ついている場合が多いからです。リスニング・スピーキングについては、学校ではあまり教わってきていませんので、赴任前に集中的に伸ばす必要があります。

間違いを気にせず会話する

英語学習で最も大切なのは、トライ&エラーです。とにかく試して、間違っていた時には正しい知識を取り入れることで、英語力はどんどん伸びていきます。ほかの人と話すときは細かなミスを気にすることなく、どんどん発言してみましょう。

間違いをおかさないよう慎重に学ぶと逆効果になってしまうことも。完璧な英文を意識することで、アウトプットに時間がかかります。会話が弾まず、相手に不快な思いをさせてしまう原因となります。会話が弾まなければ、それだけインプットもアウトプットも少なくなりますから、英語の学習機会を逸しているということにもなるでしょう。過度な慎重さは、英語の上達に水を差してしまいます。

海外赴任までの短い期間に効率的に英語力を上げたいのなら、間違いを恐れてはいけません。積極的に話しかけ、わからなければ恥ずかしがらずに聞き返し、相手に伝わらなかった時には何度でも言い直したり、言い換えたりしましょう。それを繰り返していけば、英語力は飛躍的に向上していきます。

海外赴任前に準備しておこう!今から実践できる英語勉強法

赴任後に英語で困らないためには、事前にしっかりと勉強をしておくことが重要です。赴任までの期間があまりない方は、以下3つの学習方法を実践しましょう。ぜひ、今日からでも始めてみてください。

英会話教室やオンライン英会話教室でスピーキング・リスニング力向上

赴任前にしておくべきことは、とにかくスピーキング力・リスニング力の向上です。口頭でのコミュニケーションが取れなければ、仕事にはなりません。短期間で英語コミュニケーション能力を上げるには、実際に英会話をするほかありません。

英語を使って話せば話すほど、当然ながら英語力は上がっていきます。話すときに、ネイティブスピーカーを相手に、できれば間違いを指摘してくれる学習環境がのぞましいです。ネイティブスピーカーとの英会話を経ることで、英語のリスニング力が上がることはもちろん、自分の発音も矯正され、驚くほどの早さでレベルアップできるでしょう。

短期間で英語力を向上させるノウハウを持った、英会話サービスを利用することをおすすめします。プロの指導の下、自己学習よりもずっと効率的に学べるでしょう。赴任前の準備に追われている方には、時間の制約を受けないオンライン英会話もおすすめです。

書籍や経済ニュースでビジネス英語をインプット

5分、10分のスキマ時間にできる英語学習は単語やフレーズだけでなく、リーディングの訓練も可能です。特に、ビジネス文書を意識して読むことで、海外赴任後の実践的なリーディング力を上げられるでしょう。読むものは、ビジネス書籍や、ビジネス英語の例文集等、または、Bloombergなど経済ニュースサイトの記事がおすすめです。

ビジネス英語にも、日本語の場合と同じく、フォーマルな言い回しやお決まりのフレーズが多く存在します。たとえ1回の学習に割ける時間が少なくても、読めば読むほどパターンが自分の中に蓄積されていき、楽に英文リーディングができるようになってきます。

通勤時間や入浴中などのスキマ時間利用して、ビジネス英語で書かれた文章を読む訓練をしてみてください。

海外ドラマや海外のニュースを視聴してリスニング力向上

5分、10分といわず、もう少し時間に余裕がある方は、海外の映像を視聴してみても良いでしょう。リスニング力の向上に大いに役立ちます。海外のニュース番組であればフォーマルな言い回しを学べますし、海外ドラマや洋画でも、難しすぎない内容であれば英会話の学習に有効です。日常会話の中でのちょっとした言い回しやユーモアに触れておくことは、赴任後に現地でスモールトークをする際の大きな武器となるでしょう。

アカデミックな番組・作品を選ぶ必要はなく、自分の興味がある分野の映像を、テレビを見ている感覚で楽しんで視聴してみてください。継続しているうちに、いつの間にか聞き取れる内容が増えていることに気づくことでしょう。

海外赴任地で困らないための英語レベルアップ法まとめ

海外へ赴任し、仕事をしていくということは、当然ながら日本国内に比べ各段に高い英語力が求められることになります。赴任先で困ることがないよう、事前に十分な準備をしておく必要があります。

間違いを恐れないマインドをもって、まずはリスニング・スピーキング力を集中的に向上させましょう。紹介した学習法を実践すれば、効率的にレベルアップできるでしょう。

英語学習は、海外での業務が始まったら時点で完了、ということではありません。むしろ、赴任先で実際に業務に当たりながら学んでいくことの方がずっと多いです。異動後も貪欲に英語を吸収していってくださいね。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

ピックアップ