英語学習が続かない・・・という悩みをお持ちの方は多いと思います。

今回はマルチリンガル(英語・ドイツ語・スペイン語)の私から、習慣化の重要性についてお伝えさせていただきます。

CristianoRyo

10歳で行ったイギリス観光をきっかけに語学に興味を持つ。オーストラリア、ドイツ、スペインに留学経験あり。話せる言語は英語、ドイツ語、スペイン語。学生時代はサッカー部。レアルマドリー、シャルケ04、ユベントスのファン。10か国語をマスターすることが目標。

リスニング力アップのコツ

今回はリスニング力が伸びる方法をお伝えします。以下の3点に絞ってお伝えします。

  1. 聞き流しは効果がない!
  2. 英語独特の発音、読み方に慣れる
  3. リスニングのインプット、アウトプットとは?

①聞き流しは効果がない!

重要なことは「何を話したのか」と「どんな音だったのか」を確認することです。

もし仮に、市販の教材や動画で学習される場合は、訳と発音のチェックを忘れずやってください。

内容も理解しようとせず、ただ聞き流していているだけだとその音は「雑音」でしかありません。

もし音声だけで練習する場合は、「何を言ったのか」を集中して聞き取ってください。

その上でシャドーイングや文章を書くと学習効果が上がります。

②英語独特の発音、読み方に慣れる

「訳を見ればわかるけど聞き取れない」のは、自分が思っている音と実際の英語の音にギャップがあるからです。カタカナ読みで認識していると、聞き取りは難しいです。

重要なポイントは・・・

  • 発音の規則性を覚える
  • 不規則な発音にも慣れる
  • 自分も発音できるようになること
  • アクセントもしっかり覚える

この4点を意識してください。

発音の規則性を簡単に覚える方法

全く聞き取れない場合は規則性を覚えるところからスタートです。

まずは、フォニックス発音を学習してください。

規則性をある程度分かっている場合は、不規則な発音を学習してください。

単語と単語が繋がった時に少し違う発音(リンキング)、読み方になることがあります。

また省略することもあります。

例えば、「let it go」はレティゴーと発音し、「on it」はオネィのように発音します。細かいところですが、これも聞き逃しに繋がるポイントです。シャドーイングや音読をして身に着けてください。

あとは自分が発音できないと当然、音の認識ができません。発声して発音を確かめてください。

そして最後にアクセントですが、これも重要です。日本語には基本的アクセントがありません。単語を覚える際はアクセントもセットで覚えましょう。

③リスニングのインプット、アウトプットとは?

リスニングのインプットは単語を覚えること、そしてリーディングです。

そもそも語彙力がないと字幕を見ても理解できません。

単語自体を知らないことが多い場合は、単語をもう少し覚えましょう。

リーディングについては構文を理解する上で重要です。

翻訳癖がある状態ですと英語を聞いたときに、日本語訳を作って理解しようとします。

従って、英語文章を定期的に読んで「英語の表現」に慣れてください。日本語で考える癖を失くすと聞き取りも楽になります。

とにかく実践

そして、リスニングのアウトプットですが、これは発声練習、音読、そして英会話です。

自分で正しい音が出せるように練習してください。

そして、英会話のアクティブな会話を通して、耳に落とし込んでください。発音も矯正してもらいましょう。

以上、リスニング力が伸びる方法をお伝えしました。

英会話でリスニング力を伸ばすためには、発音の矯正と音読が重要です。

発音を正しく指導できる講師との英会話の「量」を増やしていきましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

ピックアップ