今やビジネスマンに必須のスキルとなりつつある英会話ですが、いざ教室に通い始めてもなかなか上達しないという声も聞かれます。英語力アップに貢献する英会話教室を選ぶには何を基準にすればよいのでしょうか。今回は大人のための英会話教室選びのコツとおすすめの勉強法をご紹介します。

1.英語が上達しない大人に合う英会話教室の特徴・レッスンスタイル

大人がいつまでも英語初心者から抜け出せない原因はさまざまです。それぞれの上達しない原因を解決するための、英会話教室の特徴・レッスンスタイルについてまとめてみました。

1-1.マンツーマン

英語ができないのは恥ずかしい、なかなか上達しない自分を見られたくないという方にはマンツーマンレッスンがおすすめです。先生と二人きりのプライベートレッスンなら他人の目を気にすることなく英語学習に専念できます。しかし、個人レッスンの場合、比較対象となる他の生徒がいないため、自分の上達具合を把握しにくいという難点もあります。

1-2.グループ

競争心は学習意欲を高めてくれます。特に大人の場合、仕事でライバルに打ち勝ち、結果を出すことにやりがいを見出す方は多いものです。仕事へのモチベーションを維持してくれる競争心は英語学習の場においても役立ちます。同じ目的を持つ仲間と切磋琢磨できるグループレッスンなら、競争心を英語力アップにつなげられます。また、講師からのみならず、自分とレベルの近い生徒さんが話す英語というのは、意外に自分に取り入れやすく、いい学びになります。独学だとすぐに挫折してしまうという方は、グループ学習でライバルを見つけましょう。

1-3.時間自由選択制

忙しくて曜日や時間を固定しての通学が難しい方におすすめなのが、時間自由選択制のレッスンです。自分のスケジュールに合わせて事前予約ができるため、継続での受講がしやすくなります。もっとも希望の時間帯に枠が残っていなかったり、毎回予約をしなければならなかったりといった手間がかかってしまうデメリットはあります。

2.英会話教室のチェックポイント

数ある英会話教室の中から自分に合うスクールを選ぶためには、何を基準にするのがよいのでしょうか。英会話教室選びのチェックポイントについてみてみましょう。

2-1.学習メソッド

各スクールによって学習メソッドは異なるため、どんなものがあるのかをまずは知ることが大切です。パンフレットやクチコミなどで情報を集め、無料体験レッスンがあれば参加して、具体的なメソッドを確認するようにしましょう。

2-2.レッスンスタイル

英語学習にはさまざまなスタイルがあります。先生とマンツーマンのレッスンもあれば、複数のクラスメイトとともに学ぶグループレッスンもあります。グループレッスンの場合は、クラスメイトの人数もチェックしておくようにしましょう。あまりに大人数だと質問しづらかったり、自分が英語を話す時間が短くなったりということもあります。グループレッスンを選ぶなら、少人数レッスンを選ぶことをおすすめします。

2-3.コース・カリキュラム

英会話教室にはさまざまな英語レッスンコースが用意されています。日常会話をレベル別に学べるコースや、ビジネス英語が学べるコース、海外留学向けのコースなど、教室ごとにラインナップは異なります。また、せっかくお目当てのコースがあっても、すでに枠が埋まっていたり、開講時間に通学できなかったりといったミスマッチも考えられるので、コースの有無だけでなく、開講日時や開講校などもチェックしておきましょう。

カリキュラムも教室や講師によって異なります。自分が学びたいポイントがきちんと組み込まれているかを事前に確認しておくことで、より満足度の高いレッスンが受けられます。マンツーマンの場合は自分に合ったカリキュラムを組んでもらえるか確認しましょう。

2-4.講師の質

英語を学ぶうえで欠かせないのが英語講師の存在です。どんなカリキュラムも講師の腕次第で良くも悪くもなります。外国人講師を希望する方が多いですが、常にそれが正解とは限りません。特に初心者の場合、日本人講師によるきめ細やかなフォローが必要な場合もあるからです。

また、ネイティブ講師といってもそのバックグラウンドはさまざまで、出身国や文化的背景によって英語の発音や言い回しは異なります。講師の性格や人柄、指導技術も重要なチェックポイントです。いかにすぐれた講師であっても、相性が悪ければ上達につながらないこともあります。どんな講師が所属しているのか、受講した際には誰が担当講師になるのか、わかる限り調べておきましょう。

2-5.教材

講師と同じくらい重要なのが教材です。市販のテキストが使用されることもあれば、オリジナルの教材が用意されることもありますが、自分に合っているものでなければ上達は望めません。実際にどんな教材を使っているのかを体験レッスンの際に確認しておくとよいでしょう。どんなに評判のよい教材でも自分が興味を持てなければ積極的に取り組もうという気にはならないものです。なぜその教材なのか、どんな狙いがあって採用しているのか、できるだけ詳しく聞いておくと教材を使う際の心構えも違ってきます。

2-6.料金

何事もその大枠を決めるのは予算です。どんなに素晴らしいものでも予算を大きくオーバーするようなら選択肢から外さざるを得ません。まず初めにトータルでいくらかかるのか概算を把握するようにしましょう。そのうえで個々のプラン内容を確認し、高く評価できるなら予算を引き上げることも検討しましょう。
料金体系はスクールごとに異なります。月謝制のところもあればチケット制のところもあります。体験レッスンの際には見積もり金額を出してもらいましょう。複数のスクールで見積もりをとって比較検討すれば、納得のいく選択がしやすくなります。

2-7.サポート体制

レッスンだけでなく、予復習のフォローや困ったことが起きた際の相談窓口など、サポート体制についてもあらかじめ確認しておきましょう。独学であれば自力で解決しなければならない問題点も、プロの力で解消できるのが専門機関を利用するメリットです。それぞれのサポート体制を比べてみるのも英会話教室を選ぶポイントです。

2-8.教室の雰囲気

英語学習は長期にわたって継続することが大切です。途中で挫折しないためにはレッスン内容といったソフト面だけでなく、校舎や教室といったハード面もチェックしましょう。教室の雰囲気はスクールごとに大きく異なります。それは運営側が目指すコンセプトを表現したものでもあります。

どんなにすばらしいレッスン内容でも教室に清潔感がなかったり、スタッフに好感が持てなかったりすると、モチベーションは下がっていってしまいます。英語学習を実りあるものにするために教室の雰囲気のチェックも忘れないようにしましょう。

2-9.通いやすさ

通いやすさも英会話教室選びの重要なポイントです。通学時間が長かったり交通の便が悪かったりすれば通い続けるのは困難です。平日夜に通う場合、退社時刻からレッスン開始までそれほど時間がないことが多いでしょう。思わぬ残業が入っても、短時間でスムーズに移動できる場所に教室がないと、たびたび遅刻や欠席をせざるを得なくなるかもしれません。

休日に通うなら自宅近く、平日に通うなら職場近くにある教室を選ぶなど、通学の利便性も念頭に置いて検討しましょう。

2-10.受講生のタイプ

教室の雰囲気はともに学ぶ受講生のタイプにも影響されます。体験レッスンの時と実際のクラスとでは大きく雰囲気が違うことも考えられます。待合室にいる時などにどんな受講生が出入りしているのかチェックしておくとよいでしょう。顔ぶれは曜日や時間帯、コースなどによっても異なります。できるだけ通学予定の時間帯に教室を訪れるようにしましょう。スタッフにどんな受講生が多いかを尋ねてみてもよいでしょう。

受講生のタイプは教室の立地によっても変わります。ビジネス街にある教室ならば当然、ビジネスパーソンが多くなります。住宅街なら主婦や高齢者が増え、近くに学校があれば学生の割合が多くなります。特にグループレッスンの場合、クラスメイトによってクラスの雰囲気も左右されます。長く通い続けるためにも事前のチェックがおすすめです。

3.英語を上達させたい大人の英会話教室の選び方

英語の上達を目指すなら、それを妨げる壁を取り除くことが大切です。ここでは英語力を身につけられる英会話教室選びのコツをまとめてみました。

3-1.英会話教室選びのポイントを絞る

複数の英会話教室についての基本情報を集めたら、何を基準に選ぶかポイントを絞りましょう。

まずは、自分が英会話教室に求めるポイントを at random(アトランダム)に書き出します。(前述の「英会話教室のチェックポイント」も参考にどうぞ)「長く通いたい」「早く結果を出したい」「楽しく学びたい」など、いろいろなポイントがあるでしょう。

それらを全て書き出したら、それぞれの項目に優先順位をつけていきます。全部に番号を振ったら上位3位までを選択基準とし、すべての条件を満たしている教室の中から選びましょう。すべてを満たす教室がいくつかある場合は、4位以降の条件で選別し、3教室ほどに候補をしぼります。そうすることにより満足度の高い教室選びができます。

3-2.目標・目的に合わせて選ぶ

何のために英語を学ぶのか、自分自身の目標や目的を明確にすることはとても大切です。なぜなら、英会話教室はその目的を叶えるための手段であり、それが定まっていないと自分に合った教室を選ぶことができないからです。

たとえ、予算オーバーや立地の不便さがネックになるとしても、ほかの英会話教室より目標・目的が達成できる可能性が高いなら、ネックを解消する方法を考えてみるべきです。英会話教室に通うことが重要なのではなく、英会話教室を利用して目標・目的を叶えることが大切だということを肝に銘じておきましょう。

3-2.無料体験レッスンを受けてみる

候補をしぼったら、無料体験レッスンなどの体験制度があるならば、すべての教室で受けるようにしましょう。実際に受けてみるとイメージしていたものと違っていたということは珍しくありません。受講して合わないと感じたら、具体的な理由を添えて断ればそれ以上の勧誘は避けやすくなります。

特に教室の雰囲気や講師との相性は体験してみないとわからないこともあり、またレッスンを受けることで必要な条件が新たに見えてくることもあります。無料体験レッスンは大切な情報収集の一環と捉え、忙しくても時間を工面して受けるようにしましょう。また、実際にレッスンを受けることが、英語学習へのモチベーションアップにつながることもあります。

4.+αで取り入れたい!苦手タイプ別【初心者向け】おすすめ勉強法

英語の苦手ポイントは人それぞれです。ここでは苦手タイプ別に初心者におすすめの勉強法をご紹介します。苦手を克服して上級者へとステップアップしましょう。

4-1.リスニング

日本人はリスニングが苦手とよくいわれます。特にビジネスシーンでは電話で英語の受け答えをするのが苦手という方も多いのではないでしょうか。しかし、苦手意識を持ってしまうと英語が聞こえてきただけでパニックになり、ますます聞き取れなくなってしまいます。

苦手意識を緩和するために、まずは知っている単語が多く出てくる教材を使いましょう。おすすめは子ども向けの教材です。発音は明瞭、スピードもゆっくりで聞き取りやすく、難しい単語も出てこないため、リスニングに対する苦手意識の克服におすすめです。

4-2.スピーキング

スピーキングが苦手という方は少なくありません。しかし、それは最初から流暢に話したいという願望があるからではないでしょうか。普段英語を使っていないのに、初めからスムーズに話せるということはまずありません。それを肝に銘じた上で、どんどん話して慣れていくことが苦手克服への近道です。

そのために英会話教室を利用するのは有効な手段です。国際化しているとはいえ、日本にいると日常で英語を使う機会はまだそう多くはありません。けれども、英会話教室でなら英語で話す機会が持てます。グループレッスンを選択する場合は少人数レッスンを選びましょう。生徒の人数が多すぎるとなかなか話す機会に恵まれないこともあります。

4-3.リーディング

英語の文章を読むのが辛いという方は、自分のレベルに合ったテキスト選びがおすすめです。いきなりビジネス文書や専門性の高い洋書に挑戦してしまうと、苦手意識が高まってしまいます。自分にわかる単語、理解できる文章が書かれた本を手に取ることから始めましょう。

4-4.ライティング

ライティングは語彙やフレーズを組み合わせる作業です。言葉を決まった枠組(文法)にあてはめていくことで文章を作ることができます。文法を学び、語彙力を上げながら、短くてもいいので英語で日記やブログを書くことを習慣化しましょう。そうした英語経験の積み重ねがライティング力を養ってくれます。

5.大人のあらゆる「上達しない悩み」を解決するならオンラインレッスンがおすすめ

英語を勉強したくても通学が困難だったり、英検やTOEICで好成績を収めながらも恥ずかしくて話せなかったり、大人の英語学習にはさまざまな障害がつきまといます。そんな大人の英語学習に対するあらゆる悩みを解決したいならオンラインレッスンがおすすめです。

オンラインレッスンなら通学にかかる時間を授業にあてることができ、貴重な時間を無駄なく使えます。また、直接対面ではないので恥ずかしさも軽減し、自宅なら緊張し過ぎることもないでしょう。

オンライン英会話にもいろいろありますが、たとえばvipabcのオンライン英会話は24時間いつでもレッスンを受けられるのが特徴です。さらに、講師からは受講生側が見えないため、部屋がちらかっていても寝起きの格好でもログインすればすぐにレッスンを受けられます。逆に、こちらのジェスチャーや表情も先生には見えません。コミュニケーションをとる手段は英語での会話のみなので、集中して英会話のレベルアップに取り組むことが可能です。

レッスンは基本、少人数のグループ制です。同じレベルの英語力を持つ生徒と一緒にレッスンを受けるので、レベルの違いを感じて挫折することがなく、また、ほかの人の受け答えを聴くことも勉強になります。独学にありがちなモチベーション低下の防止にもなるでしょう。さらに予習や復習のサポート体制も整っているため、安心して勉強に取り組むことができます。

5-1.大人の学びはセルフプロデュース

グローバル社会といわれる現代、ビジネスでも英語力を求められる場面は増えています。しかし、改めて英語を学ぼうと思っても、多忙で時間が取れなかったり人目が気になったりで、思うように英会話が上達しないと悩む方も少なくありません。効果的な英語学習を行いたいなら、自分のペースや目標に合わせられるオンライン英会話がおすすめです。

大人になってからの学びに必要なのはセルフプロデュースです。受け身で授業を聞き流す学生時代と同じ姿勢ではスキルを身につけることは困難です。英語が話せる自己イメージをしっかりと思い描き、対策していくことが上達の鍵となります。自分のペース・目標に合わせられるオンライン英会話の柔軟性はそうしたニーズに的確に応えてくれます。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

ピックアップ