【前編】で佐藤先生には、現在の英語教育をとりまく「誤解」について、これまでの英語学習の経験について、幅広くお話いただきました。後編でも、英語教育についてさらに深堀りさせていただきました。

佐藤 久美子

佐藤 久美子

玉川大学大学院 教育学研究科教授、小学校英語指導者認定協議会(J-SHINE)理事。
津田塾大学大学院博士課程修了。ロンドン大学大学院博士課程留学。言語心理学、英語教育専攻。乳幼児の言語獲得・発達研究に従事し、その科学的成果に基づく英語教育を提案している。2008年より小学校英語指導者認定協議会(J-SHINE)理事。
1998~2001年度、2012~2015年度の期間、NHKラジオ「基礎英語3」、「基礎英語2」の講師を務めたほか、現在も「えいごであそぼ」「えいごであそぼ with Oton」(2012年度~総合指導)、「エイゴビート」(2017年度~番組委員)など多くの英語教育番組制作に携わる。『イラスト図解 小学校英語の教え方25のルール』(講談社)、『こうすれば教えられる小学校の英語』(朝日出版社)等、著書多数。

英文法の研究から、「どうしたら英語を身に付けられるか」という研究へ転換。

私は英文法のルールがとても好きだったので、大学で研究を続けながら、教員として学生たちに英文法を教えていこうと思っていたんです。でも20代で玉川大学の教員になり、いざ文法を教えると学生たちがつまらなそうなんですよ(笑)

みんな「どうやったら英語を話せるようになるか」という実利的なことにしか興味がないんですね。

それなら方向転換しようと、学生たちと「第二言語習得法」、つまり母語ではない第二言語である英語をどうしたら身に付けられるか、という研究を始めることにしたんです。学生たちも、同じ敷地内にある中学部に行って英語の授業を熱心に研究したりして、人気のゼミになりました。

そして、もともと私は理論や研究調査したことを、教育の現場にどう生かすかを考えることが好きでしたので、14年ほど前から東京都町田市の小学校の英語教育導入に関わることになりました。今、町田市内の小学校42校に英語学習のカリキュラムを配信しています。また、2017年からは放課後英語教室も立ち上げて、英語に興味のある子どもたちが気軽に学べる環境をつくっています。

英語を早くから習うと、日本語がおかしくなる?

小学校の英語教育に関わり始めた2004年前後は、未就学児や小学生への英語教育に対して反対する声がほとんどでした。「小さな頃から英語を学んでは、日本語がおかしくなる」とか、「日本人の担任が教える英語でいいのか」と批判されましたね。

そこで、きちんとデータを集めて検証を始めたところ意外な結果が出たのです。

未就学児で言うと、英語を学んでいる子たちは、まったく英語にふれていない子たちと比べると、母語である日本語の反復力(初めて聞いた言葉をまねして発音する力)が2倍ほど高くなったのです。大人の発音を注意して聴くとか、それを真似してみるとか、英語で学んだ反復力が、日本語の習得にも適用されることが分かりました。

英語を学ぶことで悪影響が出るどころか、いい影響が生まれていたんです。

英語の発音がそれほど得意でない、担任の先生に習っても大丈夫?

授業ではネイティブの先生やDVDなどの教材のお手本の音声も使いますので、先生の発音がネイティブの先生のようでなくても問題ないんです。

保護者の方や先生の英語反復力と、子どもの反復力には相関がありません。つまり、先生方がお手本のように発音できなかったとしても、子どもはちゃんとお手本の音声を聴き、担任の先生の発音には影響されないことが実験から分かりました。ですから、心配する先生たちに「ご心配なく」とお伝えしています(笑)

小学校の担任の先生が英語を教えるよさ

ケーキ

ですが、担任の先生が英語を教えることには、特別の良さがあるんです。

例えば、文科省の指導要領では、エンピツが並んだ絵を見て「How many pencils?」と問いかけるような例文があります。でも「エンピツは何本?」なんていう文、子どもは興味を持たないんですよ。

ところが担任の先生が給食の時間に、「How many cakes?(デザートが余ってるよ!食べたい人いる?)」「Three!」「Rock, scissors, paper, 1,2,3 !(英語のジャンケン)」と投げかければ、子どもたちはもう夢中で英語を使っていきますよ。

学校生活の中で、小学生が乗ってくる場面をご存知なのはやはり担任の先生ですから、日常の中にうまく英語の会話を取り入れていっていただけると思います。

小学校の英語教育というのは、これまで中学で習い始めていたことの先取りですか?

今、文科省の作成している小学校向け英語教材には、かなり中1分野の英語が入ってきています。たとえば「What do you want to be?」とか「Where do you want to go?」とか。文法的に言うと<不定詞>ですが、これが不定詞というもので…という教え方はもちろんせず、やりとりが大事なので、チャンク(※リズムに乗せて楽しみながら英語の言い回しを覚えていく方法)で、必ず会話形式にして、自然になじんでいくようにするんです。
そして新しい指導要領にはライティングも入っているのですが、まずは音声でなじんだ後に、書くことが大事ですね。

ところが、皆さんも中学校時代にご経験があるのではと思いますが、新しく習う単語を10回ずつ書くとか…知らない英単語や英文をいきなり書くという習い方が多いですよね。今の小学校の先生方もその記憶があるせいで、子どもたちにも同じ方法をうっかり取り入れがちです。

また、小さい子には、まずは簡単な英単語からスタートさせよう…と思われがちですが、赤ちゃんが日本語を獲得していく時でも、単語だけの会話というのはせいぜい1歳までで、2歳になったら親ごさんと「今日は寒いね」とか「もうお腹空いた?」というように対話していますよね。英語を学ぶときも同じで、相手と対話してコミュニケーションする形で学んでいくと、習得が早いんです。

小学校の先生方には、こうした対話形式の英語学習を通して、人と人とのコミュニケーションの方法も自然に学んでいけるんですよと、よくお伝えしています。

ところで、先生へのお子さんへはどのような英語教育をされましたか?

実は仕事が忙しくてそれほどできませんでしたね(笑)2、3歳ごろから英語の本や辞典を与えてみたりしました。ですが「お話が分からないから日本語で読んで」と言われてしまいました・・・

佐藤 久美子教授

以前調査したのですが、これが、0~1歳から英語の本を読み聞かせていた子たちの場合、英語でお話を読んであげても自然に受け入れるということが分かりました。だからといって日本語のお話が分からなくなるわけではなく、日本語の絵本を読んでも「これは日本語のお話だな」と切り替えてそちらも聴いて理解できるんです。

まだ間に合う保護者の方がいらっしゃったら、調査結果や私の経験もふまえて、英語は0歳から始めるといいと思いますよ(笑)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

ピックアップ