商社マンは海外で活躍する機会に恵まれることが多く、そのため企業側から求められる英語力もほかの業界と比較すれば高いです。新卒や中途で入社を希望している人にとって、今自分が希望している商社がどれくらいの英語力を求めているかというのは気になる点なのではないでしょうか。

そこで今回は、総合商社が新入社員や中途社員に求める英語力はどの程度なのか、また就職活動を有利に運ぶためには何の資格を取得すればいいかなどについて解説します。これから就職活動を控えている方は、ぜひご覧ください。

総合商社を受ける際に必要・有利になる英語力関連の資格

このセクションでは、総合商社を受けるにあたってどのような英語系資格のスコアや級が求められるのかについて解説します。業務で英語を使う機会も多く、人材に求める英語力もほかの業界と比較すれば高いですが、求められる資格試験のスコアは、「ものすごく高い」と言うわけではありませんので安心してください。

TOEIC

TOEICは、ETSが作成、企画している語学系試験であり、日本では抜群の知名度と人気を誇っています。特にTOEIC LRテストを採用の基準としている企業は非常に多く、総合商社においても例外ではありません。

日系企業が社員に求める英語力はTOEIC600点程度です。しかし、業界を商社に限定した場合は730点が最低ラインとなり、100以上の高いスコアが求められます。TOEICはあくまでも企業側が英語力を判断するための材料の一つですが、ほかの業界で求められる英語力よりも相当高めの英語力が求められていることは事実でしょう。

TOEICはビジネスコミュニケーションの能力をメインとして測るテストであり、ハイスコア保持者であれば実践で使える英語力を有しているという証明になります。TOEICは月に一回のハイペースで開催されているので、早めの段階で受験しておくことがおすすめです。

英検

日本ではTOEICと双璧をなす英語系資格である英検も、商社に語学力をアピールする武器として有効です。あくまで日本限定の資格のため、国際的な価値はあまり認められていません。しかし、数十年以上続くある意味老舗の資格ですので、若い人からも年配の人からも高い認知度を誇っています。

準一級、あるいは一級を持っているのであれば、積極的に武器としてアピールするといいでしょう。準一級は中学、高校英語教師に求められるレベルですので、かなりの英語力を持っていることをアピールできます。

逆に二級~五級は持っていてもあまり意味はありません。このレンジの級は高校~大学受験で参考程度に利用されるようなレベルですので、伏せておいたほうがベターでしょう。

ちなみに、一級と準一級のレベル差は桁違いです。特に英検一級はTOEIC990よりも難易度が高いという意見もあり、知る人ぞ知る超ハイレベルな資格であるといえます。腕に自信があるのであれば受けてみてもいいかもしれません。

またTOEICと英検、どちらがアピールポイントになるかという議論もありますが、結論から言えばTOEICのほうが有効です。もちろん英検に全く意味がないというわけではなく、英検の資格も十分武器になります。

TOEFL・IELTSなどが重視されることもある

TOEICや英検の他に、TOEFL(トーフル)IELTS(アイエルツ)という英語系資格があり、これらの資格が重視されることもあります。

TOEFLは、もともと英語圏にある大学へ留学する人が受ける試験であり、留学を希望する学生に現地の大学での講義についていけるレベルの英語力があるかどうかをチェックする目的で使われています。(TOEFLにはiTPテストとiBTテストがありますが、一般に「TOEFL」と言うとiBTテストを指すことが多いです)

そのため、TOEICがビジネスコミュニケーションに重きを置いている反面、こちらのTOEFLはアカデミックな内容に力が入っているという特徴があります。リスニング問題も大学講義を模したものなどが多く、簡単ですが専門用語なども出てきます。

日本ではTOEFLの開催頻度も低く受験人口も少ないため、留学を目的とする人以外の受験者は少ないです。しかし、TOEFLはTOEIC LRテストとは異なり四技能すべてを測定する試験であり、英語力の評価基準をTOEICからTOEFLにシフトする企業もだんだんと増えています。

ちなみに、TOEICと比較すればTOEFLはかなり難しいです。英語を当たり前のように使う商社の採用担当や役員であれば、TOEFLの難しさやその価値を理解していることも多いため、アピールポイントの一つとしてスコアを持っておく意味はあります。

IELTS(アイエルツ)はあまり聞きなれないかもしれませんが、TOEFLと同様に海外留学を目指す学生向けに作成されたテストで、違いは留学先の大学がどちらのテストを採用するかの違いくらいです。TOEFLよりもさらにマイナーな試験ですが、IELTSのスコアが採用で有利に働く場合もあります。

ただしTOEFLとIELTSは、TOEICや英検と比較して受験料が高いです。大学の制度で割安、あるいは無料で受験できる場合もありますので、機会があればチャレンジしてみよう、という感じでOKです。

今の英語力ならどこを受ける資格がある?TOEICスコア別商社紹介

このセクションでは、今の英語力でどの商社を受ける資格があるかを、スコアレンジ別にまとめています。また、以下に示すスコアレンジはあくまでも必要条件であり、このスコアを越えたら必ず受かるというわけではありません。

TOEIC725点以下

TOEIC725点以下のスコアはあまり英語力の差別化要素として働きませんが、だからといって725以下だと商社への入社試験で門前払いになってしまうわけではありません。

日系企業には、新入社員を自社で長い時間をかけてじっくりと育てるという風潮があります。そのため、平均的、あるいは平均以下の英語力で入社したとしても実践で使えるレベルの英語力まで伸びる可能性も十分あります。門戸を広く開放している商社もありますので、情報を広くチェックするといいでしょう。

例えば、伊藤忠商事はTOEIC700点を要件として課しています。このレベルは実際にバリバリ働く商社マンの英語力と比べれば確かに低いですが、「自社で英語力を養成して一人前にすれば大丈夫」という社の意識の表れといえるかもしれません。

TOEIC730~825点

730~825点のスコアレンジだと、平均と比較すればかなり上のレベルであり、英語ができる人、として社内で認知され始めるレベルです。まだ不自由なく英語をツールとして使いこなすレベルであるとは言えませんが、素地も伸びしろもばっちりあることが証明でき、そのポテンシャルを買われる可能性は十分にあります。

住友商事は730点レベルの英語力を要件として課しています。上で説明したように、このレベルが商社で求められるスタートラインですので、最低限730点は超えておきたいところです。

TOEIC830~895点

TOEIC830~895点のレベルは、ノンネイティブスピーカーとしては十分な英語力を持っています。自分が言いたいことを、3~4語程度の容易な文章であればなんでも表現できるようになるのもこのレベルです。

三菱商事は860点レベルの英語力を要件として課しており、日系企業はもちろん、商社の中でもかなりレベルの高い要件を課しています。

TOEIC900点以上

TOEIC900点以上を明確な基準として定めている日系の商社は今現在ありません。900オーバーのスコアを持っていれば、少なくとも書面上の英語に関する要件であればいずれの企業でもパスできると断言できるでしょう。

ただ、要件としてはありませんが、実際に海外拠点でバリバリ働く人のTOEICスコアは900点台ばかり、ということも多いそうです。また英語が主要言語となる部署や中途採用といった条件の変化で、求められるレベルも更に上がる可能性があります。

商社での採用の英語力判断の基本はまだまだTOEIC!効率的な勉強方法について

商社をはじめ、日系企業がどのように採用人材の英語力を測るかはさまざまですが、やはり今でもTOEICが主流であることは間違いありません。これからTOEICを受ける予定があり、ハイスコアを狙いたいのであれば、最低限以下のことを意識して勉強してみてください。

TOEICはとにかく時間との戦いです。悠長に解いていたら制限時間までに解ききれないことは目に見えていますので、普段のトレーニングで速く正確に解く技術を身に着ける必要があります。

特に、リスニング、リーディング問わずに使える王道テクニックとして「先読み」があります。Part 1であれば音声が流れる前に写真を見て何が問われそうか予測する、Part 7であれば長文を読む前に設問から先に読んで本文のどこに重要なポイントがあるか予測するといった要領で、徹底的に時短をするためのトレーニングをこなしましょう。

他にもairvipでは、さまざまなTOEICの勉強方法を紹介しています。こちらもぜひチェックしてみてください。

総合商社に就職後に英語力が求められるシチュエーション

英語力や英語系資格のスコアが求められるのは就職活動中だけではありません。最後に、実際の仕事で英語力が求められるシーンをご紹介します。

海外赴任

日系でも海外に拠点を持っている商社は多く、海外赴任は当たり前のようにあります。海外赴任を任せられた場合、仕事はもちろん日常のすべてが英語になります。

通訳がつくような場合もありますが、基本的には自分を取り巻く環境がすべて英語になると考えたほうがいいでしょう。そのため、海外赴任を任せられるような場合には特段高い要件が求められます。

適性検査・昇格試験

TOEICや英検のスコアを持っているだけで、昇進に有利に働くことはよくあります。また、新しいポストへの採用の際などの判断材料になる適性検査でも、英語のスコア提出が必須となることがあります。

逆に英語力がネックとなると、能力も高く昇進まで目前であるのに昇進できないなんてこともあります。若いうちに取得した語学試験のスコアは基本的にはその後ずっと有効ですので、早めにハイスコアをとっておくに越したことはありません。

外国人の社員とのコミュニケーション

商社に限った話ではないかもしれませんが、仕事中に日常会話を英語でする必要があることもあります。

例えばランチタイムのたわいもないやり取りなんかも、次のプロジェクトのいいアイデアになるかもしれません。また相手が上司や重役だった場合、ちょっとした雑談でも英語力を買われて重要な仕事を任せられるようになるかもしれません。

そもそも社内公用語が英語の場合も

社内公用語とは、会議やプレゼンなどの場で英語によるコミュニケーションをすることを基本とする制度のことです。外資系企業のみならず、楽天やソフトバンクなどの日系企業でも社内公用語を英語とする会社は多く、商社も例外ではありません。

会議中に大事な話が聞き取れないなど、実務に支障が出てしまうレベルですので、英語力が足りないとかなり不自由することになります。後から日本語でこっそり聞くのも恥ずかしいですよね。

総合商社で活躍するには読み書きだけでなく会話の英語力も必要

英文で書かれた書類を作成したり処理したりする場合にはリーディングライディングのスキルがあれば十分ですが、実践ではもちろん英会話のスキルも求められます。高いスコアをもって鳴り物入りで入社したにも関わらず、実際に英語を使う現場で全然活躍できなかったら、「思っていたよりはちょっと…」という評価となってしまう可能性も。

そうならないためにも、ぜひ英会話のトレーニングも怠らないようにしましょう。英会話のトレーニングをする手段はいくつかあります。その中でもオンライン英会話はかなりおすすめです。比較的リーズナブルに英会話の機会を作ることができますので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

総合商社就職に求められる英語力まとめ

商社が人材に求める英語力は確かに高いですが、特段高いというわけではありません。また、就職活動で英語力をアピールする手段はTOEICだけではなく、英検やTOEFL、 IELTSなど多岐にわたります。

もちろん、商社マンに必要とされるスキルは英語だけではなくトーク力や体力などもありますが、英語がメインの要素の一つであることは間違いありません。ぜひ就活中のうちから英語力を磨いて、入社前にも入社後にもきっちりアピールできるようにしておきましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

ピックアップ