海外のタクシーを利用した経験がないと、乗車時や乗車中、精算時にドライバーとどのような会話をすればいいのかわからず、困ってしまうこともあると思います。しかし、使う英語はそこまで難しくなく、ある程度テンプレートに沿った会話さえできれば初心者でも簡単にタクシーを利用することができます。

今回は、海外旅行などでタクシーを快適に利用するための英会話をご紹介します。

タクシーを拾うときに使う英会話

まずはタクシーを捕まえる必要があります。もちろん、近くに空車が走っていれば手を上げるだけでピックアップしてもらえますが、タクシー乗り場にいく、あるいはホテルスタッフの方にアレンジしてもらうほうが確実です。

タクシー乗り場をきく場合

Where is the taxi stand?
タクシー乗り場はどこですか?

「taxi stand」は駅前や空港、ショッピングモールなどの大型施設にあるタクシー乗り場のことです。たくさんのタクシーが乗車待ちの列を作っているので、そこに行けば簡単にタクシーを捕まえられるでしょう。

ホテルやお店でタクシーを手配する場合

Could you call a taxi for me?
タクシーをよんでいただけますか?

「Can you ~?」でもOKですが、少しフランクすぎるので、「Could you ~?」がベターです。ちなみに「Can you call me taxi?」と言うと、私のことをタクシーさんって読んでね、という意味になってしまいますので注意です。もし間違って使ってしまっても本意は伝わると思いますが、正しい表現を心がけましょう。

タクシーに乗車するときに使う英会話

いざタクシーに乗車した後も、英会話が必要になります。ここでは、行き先の確認など、乗車するときの英会話についてご紹介します。

運転手に行き先を伝える英語表現

乗車したら、もちろん行き先について聞かれますので答えましょう。答え方は行き先の名称に「to」をつけるだけでOKです。

Where should we go?
どちらにいけばよろしいですか?

To the art museum.
美術館までお願いします。
To the aquarium.
水族館までお願いします。
To XXX restaurant.
XXXレストランまでお願いします。

行き先のホームページなどをスマホ画面で見せながら、「I want to go here. (ここまで行きたいです。)」と伝えても大丈夫です。

ほとんどありませんが、ドライバーに行き方がわからない、と言われるときもあります。その際には、行き先付近にあるメジャーな施設まで連れて行ってもらう、あるいは、自分で案内するという手もあります。

I will navigate with Google Map.
Google Mapを使って私が案内します。

メーターがないタクシーでは乗車時にドライバーと値段交渉する

日本のタクシーでは当たり前のようについている料金メーターが、海外ではついてない場合も多々あります。その場合は、降車時にぼったくりにあわないよう、事前に値段交渉をしておきましょう。

How much is it to XXX?
XXXまでいくらですか?

タクシーの乗車中に使う英会話

タクシーでの移動中には、何もしゃべらなくても大丈夫ですが、場合によっては会話が必要となります。ここでは、乗車中にタクシードライバーへ何かリクエストしたいときに使える英語をご紹介します。

進路をリクエストしたい場合

ドライバーにおまかせではなく、こちらで逐一進路を指示する場合もあります。そのようなときの指示のやり方も覚えておくといいでしょう。

Please go straight.
まっすぐ進んでください。

Please turn right/ left at next crossing.
次の交差点で左折/ 右折してください。

Please stop at the next corner.
次の角で停車してください。

Please use the highway.
高速道路を使ってください。

停めるときには、交差点の名前や、近くにある建物の名称などを上手に使って説明しましょう。

Stop in front of XXX station entrance.
XXX駅入口の前に停めてください)

どのくらい時間がかかるか聞きたい場合

How long does it take to XXX?
XXXまでどれくらい時間がかかりますか?

急いでいるのであれば、「I’m in a hurry.(急いでいます。)」と一言付け加えましょう。

今すぐに降りたい場合

目的地の近くについたからあとは徒歩でいきたい、あるいは、トラブルになったから途中だけどおろしてほしいといったこともあると思います。その場合は、すぐにここで降りたいという意思を伝えましょう。

Let me out here.
ここでおろしてください。

Here’s fine.
ここで大丈夫です。

Stop at the next corner/ crossing.
次の角/ 交差点で停車してください。

しかし、走行中にいきなり止めてといっても、ドライバーはきっとびっくりしてしまうでしょう。できるだけ余裕をもって、具体的にどのあたりでおろしてほしいのかを的確に伝えるのがベターです。

タクシーを降りるときに使う英会話

How much?
いくらですか?

Do you accept credit card?
クレジットカードは使えますか?

I will pay by credit card/ cash
クレジットカード/現金 で支払います。

Could you open the trunk?
トランクを開けてもらえますか?

Is there any change?
おつりはありますか?

もちろん、降りた後には「Thank you.」と一言いいましょう。無言で去っていくと少々失礼です。

海外でタクシーを利用するときの注意点!

突然の事態にもあせらず対応できるよう、海外のタクシーに乗る際の注意点を解説します。

ドライバーから「taxi?」と誘ってきたら白タクの可能性大!

海外の観光地で、「taxi?」とフランクに声をかけられた経験はありませんか?観光客相手に白ナンバーの車で不法にタクシー営業を行う「白タク」はかなりの数います。

白タクは違法なので、どんな時でも使わないことをおすすめします。「No thank you. (結構です。)」の一言で対応しましょう。しつこく付きまとわれても、無視してればあきらめてくれます。

タクシー乗り場で拾うか、ホテルのスタッフに呼んでもらうのがいいでしょう。

メーターが正常に動いているか確認する

乗車時、走行中に自分の目で料金メーターを確認して、不自然な値の変化がないか確認するようにしましょう。

深夜帯など追加料金が取られて高くなることもありますが、特に追加される理由がないのに割高になっていたら要注意です。

値段交渉の際は毅然とした対応を

降車時の支払いの段階で、最初の話とは違う値段を示されることもありますが、毅然とした態度で対応しましょう。妥当な値段、最初の話で聞いた値段を数字できちんと明示しましょう。

It is too expensive. How about 30 USD?
高すぎです、30ドルはどうですか?

英会話に自信がないときに便利な配車アプリ「Uber」

英語のやり取りに自信がないのであれば、配車アプリ「Uber(ウーバー)」がおすすめです。

乗車地と行き先はアプリで指定すればOK。乗車中、ドライバーはナビに従って運転するため道案内の必要がありません。また、決済もアプリ上で完結するので、ドライバーと一言も会話をする必要がありません。専用アプリをダウンロードしてアカウントを作成し、クレジットカード情報を入力すればだれでもすぐに使えます。

ただ、地元のタクシードライバーを守るなどの目的から、Uberが使えない国もあります。事前にチェックしておきましょう。ちなみに、日本でも規制の関係上、2019年時点では、すべてのエリアでUberを利用することはできません。

まとめ

海外でのタクシー利用は少々勇気がいるものです。ドライバーと1対1で英会話をしなくてはならず、ときにはトラブルが起きてしまうこともあります。しかし、今回解説した英語を使えば、きちんと対等な立場でドライバーと会話をすることができるでしょう。

また、ドライバーのペースに合わせるのではなく、自分の意思や主張をきちんと明確にすることができれば、慣れない海外でも快適にタクシーを利用することができるでしょう。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

ピックアップ