グローバル化が進むにつれ、就職活動や転職、昇進等の基準としてTOEICのスコアを求められることが増えてきました。

今回の記事では、TOEIC試験の概要から、まず目指すべきTOEICスコアである600点をとるための勉強法まで、TOEIC初心者の方に必要な情報をすべてまとめました。TOEICについてまだ何も調べたことがない方でも、安心してスタートダッシュをきれますよ!

TOEIC試験とは

TOEIC(トーイック)は、英語でのコミュニケーション力を測る、世界共通の試験です。現在では世界約160か国で実施されており、大変有名なものです。TOEIC試験の特徴は、合格・不合格で結果が出るわけではなく、スコアによって受験者の英語力を測る点です。そのため、自身の英語力を客観的かつ定量的に見ることができ、さまざまなシーンにおいて英語力の指標として重要視されています。

TOEIC試験は2種類

TOEICには2種類の試験が存在します。インプット能力を測る「Listening & Reading Test(LRテスト)」と、アウトプット能力を測る「Speaking & Writing Test(SWテスト)」が存在しています。一般的に、TOEICとだけ表現される際にはLRテストを指し、就職活動や人事評価で重視されるのもLRテストです。SWテストについても、最近少しずつ注目されてきてはいるものの、LRテストに比べると認知度はまだまだです。

また、TOEIC試験には公開テストとIPテストがあります。IPテストとは、企業や学校等で団体受験するテストです。テストの難易度や方式は全く同じですので、それぞれのスコアには同等の価値があります。ただし、公開テストでは公式認定証が発行されますが、IPテストの場合は公式認定証が発行されず、スコアシートと呼ばれる書式でスコアが通知されます。企業によっては公式認定証が必要になることもあるので、注意が必要です。

TOEIC LR試験の概要

TOEIC LR試験は、英語のインプット力、つまりリスニングとリーディングの力を測る試験です。試験内容も、リスニングパートとリーディングパートの2つに分かれています。それぞれのパートで100問ずつ、計200問が出題され、試験時間は120分です。リスニング・リーディングそれぞれ495点、合計990点満点で計算されます。

TOEIC LR試験 設問の構成

TOEIC LR試験の設問構成は毎回同じで、下記のとおりです。

<リスニング(45分)>

Part1 写真描写問題 6問
Part2 応答問題 25問
Part3 会話問題 39問
Part4 説明文問題 30問

<リーディング(75分)>

Part5 短文穴埋め問題 30問
Part6 長文穴埋め問題 16問
Part7 1つの文書
複数の文書
29問
25問

受験方法

TOEIC LR試験は2月・8月を除いた毎月実施しており、1年に10回実施されます。2019年4月以降の実施日は以下のとおりです。

テスト日程 結果発送予定 インターネット申込受付期間
4月14日(日) 5月14日(火) 2月1日(金) 10:00 ~ 2月26日(火) 15:00
5月26日(日) 6月25日(火) 3月1日(金) 10:00 ~ 4月2日(火) 15:00
6月23日(日) 7月23日(火) 4月5日(金) 10:00 ~ 5月14日(火) 15:00
7月28日(日) 8月27日(火) 5月17日(金) 10:00 ~6月18日(火) 15:00
9月29日(日) 10月29日(火) 6月21日(金) 10:00 ~ 8月6日(火) 15:00
10月27日(日) 11月26日(火) 8月9日(金) 10:00 ~ 9月10日(火) 15:00
11月24日(日) 12月24日(火) 9月13日(金) 10:00 ~ 10月8日(火) 15:00
12月15日(日) 2020年
1月14日(火)
10月11日(金) 10:00 ~ 10月29日(火) 15:00

受験申し込みはインターネットまたはコンビニエンスストアから可能です。

【インターネットの場合】
TOEICの公式サイトから会員登録が必要になります。会員登録後、会員専用ページから申込フォームに必要事項を入力して申し込みます。

【コンビニの場合】
各コンビニの情報端末から申し込むことができます。

インターネット申込の場合は受験料の割引があるほか、認定証の発送よりも約1週間早く、インターネットからスコアの確認が可能です。特に理由がない限りは、インターネットからの申し込みがおすすめです!

TOEICスコアの目安。初心者は600点を目指そう!

では、実際にTOEICスコアを就活や転職に活用したい場合、どの程度のスコアを取ればいいのでしょうか。

スコア別の目安

TOEIC試験の平均点は500点台です。ですから、600点台を取ることができれば、平均よりは英語が得意なレベル、ということになります。一般的に就職や転職の際、履歴書に記載することで有利になるスコアが600点以上といわれます。

700点台であれば、英語をある程度使って仕事ができることを示せるでしょう。大手企業や外資系企業に入社を希望する場合、700点台以上が必要だと考えてください。800点以上であれば、英語をメインに実業務を遂行できるレベルと言われており、900点以上となれば超一流企業でも抜きんでた英語力があると認められるでしょう。

まずは600点を目指そう

これまでTOEIC試験を受けたことがない人、あるいは最新のTOEICスコアが500点台以下の人は、まず600点を第一目標とすることをおすすめします。たとえ今のスコアが200点以下だったとしても、600点台であれば、努力次第で十分到達可能な目標です!

初心者におすすめのTOEIC勉強法

これからTOEICの対策を始めようと思っても、まず何から始めたらいいかわからないですよね。TOEICには、効率的な勉強法が存在します。はじめての方でも効果を期待できる方法を紹介します。

TOEIC公式問題集は必ず一冊やりこもう

TOEIC公式問題集は、実際のTOEIC試験と全く同じ構成、問題量、難易度で作られた模擬問題です。TOEIC試験は問題用紙の持ち帰りが禁止されていますから、実際のTOEIC試験の構成に慣れるためには、このような公式問題集を使う必要があります。

勉強を始めるときには必ず1冊購入して、まずすべてのPartを通しで解いてみましょう。120分で200問をこなすのは、時間的にかなり難しいことがわかるはずです。公式問題集で実際の時間配分を体感してから勉強を進めることで、自身のペースが確立され、本番でも焦らず対応できるようになります。

文法は中学と高校の復習から

TOEIC試験でハイスコアを取るためには、基礎的な文法知識も欠かせません。TOEIC Part5の短文穴埋め問題を解くためだけでなく、長文読解問題やリスニングパートの内容を理解するためにも、文法の知識がすべてのベースとなるのです。

英語苦手意識をもっている方は、まず中学・高校英語の基礎文法の復習から始めましょう。すべての英文は、中学で習った基礎文法のルールに従って成り立っています。基礎文法をマスターするだけで、TOEICのスコアも驚くほど上がるはずです。すべての文章の基礎となる、S(主語)+V(動詞)+O(目的語)を特に意識して学習を進めましょう。

TOEIC専用単語帳で頻出単語を覚える

TOEIC試験は問題形式のみならず、出題される単語にも一定の傾向があります。英語力を上げるためには当然、語彙力が必要になってきますが、TOEICのスコアアップを目指すなら、特にTOEIC頻出単語から覚えていくことが効率的です。600点を目指すのであれば、5,000語程度の語彙力が求められます。

TOEIC専用の単語帳を1冊購入し、収録されている単語を中心に勉強しましょう。単語を覚える際には、意味だけでなく発音も必ずチェックする習慣をつけましょう。リスニング問題で出題されたときにも、正しい発音を知っていれば内容が頭に入りやすくなります。

公式問題集のCDなどでリスニング力をつけよう

公式問題集にはリスニング用のCDが付属していますので、内容を覚えてしまうくらいまで何度も繰り返し聞きましょう。リスニング力をつけるには、なによりも英語のネイティブスピーカーの発音に聞き慣れる必要があります。

さらに効果的な学習を進めるなら、リスニングCDに合わせて音読・シャドーイングをするのがおすすめです。シャドーイングとは、リスニングCDを聞きながら、少し遅れて自分も同じように声を出してみるトレーニングです。音読・シャドーイングの際にも、CDから聞こえるネイティブスピーカーの発音をよく意識しましょう。そうすることで、リエゾン(連続する単語の最初と最後の音が一体化する変化)や音の消失(最後の子音がほぼ発音されない変化)等、英語独特の音のルールも覚えられます。

まとまった勉強時間が取れないときには、スキマ時間を見つけて英語を聴くこともリスニングの力になります。TOEIC対策の無料アプリを活用し、関心のあるトピックのものを選べば、楽しんで聴くことができるでしょう。

大量のリーディングに慣れよう

また、TOEIC対策として、長文読解への対策を避けて通ることはできません。特に、英語初心者の方は、長文を見ただけで読む気がなくなってしまう、わからないと決めつけてしまうこともあるでしょう。まずはTOEIC対策テキストで英語の長文に慣れ、苦手意識をなくすことが大切です。その上で、よりスピーディーに読む訓練を行うことが効果的です。

具体的には、公式問題集の長文を何度も繰り返し読む勉強法がいいでしょう。公式問題集を活用することで、TOEICに出題される長さ・難易度の文章に慣れることができます。公式問題集にある文章は、少なくとも3回ずつ以上は読むようにしましょう。

初心者の人もふだんから英語を勉強する習慣をつけよう

初めてTOEIC試験の勉強を始めるときに、もっとも大変なのは英語を勉強する習慣をつくることです。社会人にもなれば、毎日机に向かって決まった時間勉強をすることはなかなか難しくなります。英語初心者の方ならなおさらですよね。

しかし、5分でも10分でもいいので、毎日少しずつ英語に触れる時間をつくってみましょう。だんだんと苦手意識は薄れていき、英語を勉強する習慣がついてきますよ。習慣づけさえうまくできてしまえば、TOEICのスコアアップへの道は自ずと開かれるでしょう。

英語の習得には2,200時間が必要といわれている

「2,200時間」
これは、日本語を母国語とする人が、英語を習得するまでに必要とされている時間です。TOEIC600点達成までに必ずしも2,200時間必要ということはありませんが、英語の勉強には長い時間が必要ということを覚悟して始める必要があります。だからこそ、自分に合った時間の使い方、つらく感じないように習慣づけることが重要になってくるのです。

スキマ時間を活用しよう

仕事を終えた後のリラックスタイムを削ってTOEICの勉強にあてるのはとてもつらく、あまり長続きしなくなってしまいます。できれば、それ以外の時間を有効に使いたいものですよね。
振り返ってみると、私たちの生活には意外と多くのスキマ時間が存在しています。

通勤中に英語アプリで毎日5単語覚えるようにする、防水スピーカーを使って湯船でシャドーイングする、ランチを早めに切り上げてお昼休みにも問題を解くなど、スキマ時間を有効に活用することで、無理なく英語学習の習慣がつけられますよ!

TOEICでは効率的に解くテクニックも求められる!

TOEIC試験は問題形式が決まっていることもあり、効率的に問題を解くためのテクニックがいくつも存在します。テクニックを意識して反復学習するだけでも、スコアアップが期待できます。

時間配分を意識する

TOEICは制限時間120分で200問を解かなくてはならず、終始時間に追われる試験です。そのため、各問題の時間配分がとても重要になってきます。以下を意識して上手に時間を使いましょう。

(1)わからない問題はこだわりすぎず次の問題へ進む

TOEIC試験の満点は990点。600点であれば、全体の1/3は間違えても良いということになります。わからない問題に時間を使いすぎず、潔く次へ進むことも大切です。

(2)自分に解けるパートをしっかりと解く

公式問題集を繰り返し学習するうちに、自分が比較的解けるパートが分かってくると思います。そのパートはしっかりと正答することを意識して時間配分しましょう。Part1,2,5は比較的簡単な問題もありますので、ぜひ得点源にしてください。文法が苦手な場合は、Part5よりもPart6,7の対策をしっかりして、当日も多めに時間をかけるという手もあります。

リスニング問題の先読みをする

リスニングパートのうち、Part3,4ではすでに設問と問題が問題用紙に記載されています。実際に音声が流れる前に、この設問と選択肢にざっと目を通しておきましょう。これからどんな内容の文章が読み上げられるのかを先読みし、設問内容に焦点を当てて聴くことができるようになります。心理的にも余裕が生まれるでしょう。

初心者向けTOEIC勉強法まとめ

今回ご紹介した勉強法をもう一度振り返ってみましょう。

  • TOEIC公式問題集は必ず1冊やりこむ
  • リスニングは覚えるほど聴き、リーディングは3回以上読む
  • 文法は中学・高校の基礎文法の復習から
  • TOEIC専用単語帳で頻出単語を身につける
  • スキマ時間を活用し、英語学習の習慣をつける
  • TOEIC試験で効率的に解くテクニックを意識する

これらのポイントを押さえて学習することで、自力学習でもTOEIC600点台は十分に目指すことができます。グローバル化社会において、TOEICはこれまで以上に重要視されていくことでしょう。しっかり勉強し、自分の武器となるTOEICスコアを手に入れてください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

ピックアップ