TOEIC800点は英語上級者への入り口というべきものです。しかし、TOEIC800点を目指していても、何年かかっても越えられないなど、苦戦を強いられている人も多いと思います。

そこで今回は、主にTOEIC L&R(トイック リスニングリーディング)テストで800点越えを狙っている受験者に向けて、学習における考え方や突破のための具体的な勉強法について解説しています。

ポイントのみ完結にまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。

TOEIC L&R試験800~900点ってどれくらいのレベル?

TOEIC800点は、「日常会話や容易なビジネスコミュニケーションが難なくこなせるレベル」と考えて問題ないでしょう。逆に言えば、800点や900点を取得したとしても、高度な専門用語を用いる専門性の高い議論や、英語のラジオやテレビをそつなく聞きこなせるレベルであるとは言えません。TOEIC800点や900点はあくまでも英語力の通過地点であり、ゴール地点ではないということを理解しておきましょう。

ちなみに、TOEICにはL&RテストとSWテスト、さらに中高生向けのTOEIC Bridge(トイック ブリッジ)と言うテストもあります。受験人口が最も多いテストであり、このテストがいわゆる「TOEIC」として日本では認知されています。

就活・転職・人事評価で「英語が得意」「英語で仕事ができる」とみなされるレベル

TOEIC800点を超えれば、さまざまなシーンでのアピールポイントとして十分に機能します。就活でのエントリーシートや転職での履歴書などで積極的に点数を記載して、堂々と自身の英語力を示して良いでしょう。

逆に、400点台や500点台の場合、点数を公表するとかえってマイナスポイントになる場合があります。TOEICの平均点は、おおむね550点前後なので、このレンジのスコアを堂々と公開するのは適切ではありません。

800点を超えれば、多くの企業において十分に英語力があるとみなされますが、スコアはあくまで評価の目安です。英語において最も重要なのは、実際に現場でコミュニケーションが取れるかどうか。TOEICで点数が取れることと、実際に外国人と対等に英語を話せることは別の話であるということを頭に入れておきましょう。

海外経験がなくても800点越えはできる

TOEIC800点保持者というと、ネイティブや帰国子女でなければ取れないというイメージがあるかもしれません。しかし、海外経験のない方でも、独学でTOEIC800を超えることは十分可能です。

とはいえ、すぐに達成できるわけではなく、並大抵ではない努力が必要になります。TOEICに特化した正しい学習を行い、800点以上を目指しましょう。

TOEICで800点を取るために意識すること

TOEIC800点は、無計画のまま、ただがむしゃらに勉強するのでは達成できません。TOEICに特化した対策を行い、計画的に、効率よく勉強してはじめて800点越えが見えてきます。

ある程度の勉強期間が必要

TOEIC800点は付け焼き刃では取れません。少なくとも2ヵ月は勉強するための期間を確保しましょう。

ちなみに、2ヵ月間というのは、受験申込締め切りから受験日までの期間と同じくらいです。受験申し込みをしたその日から気持ちを切り替えて勉強に取り組む方法がおすすめです。時間と教材を確保して、じっくり学習に取り組みましょう。

リスニングのほうが得点アップしやすい

TOEICにはリスニングセクションとリーディングセクションがありますが、一般的にリスニングのほうが得点しやすいといわれています。事実として、過去の統計でもリスニングセクションのほうが総じてスコアが高くなるという結果が出ています。自身の現在のスコアを見て、もしリスニングセクションが伸び悩んでいるのであれば、むしろ大チャンスと捉えましょう! リスニングの伸びしろが大きいということですので、大幅なスコアアップが期待できます。

多読と多聴が必要

TOEIC対策とはいっても、TOIEC専門の参考書だけをこなすだけでは不十分です。英語の素地を鍛えることを意識して、幅広く取り組みましょう。おすすめは、かんたんに手に入る英語の音源や文書に数多く触れることです。
音源で勉強するのであれば、ラジオ講座、動画サイト、英語ニュースなど、自由に聴くことができる”教材”がインターネット上に無数に存在します。文書から勉強する場合もペーパーバックの本を一冊買って読む、あるいは日本人向け英字新聞を購読して毎日読むことを習慣づけるだけで、相当の分量の英語に触れることができるでしょう。

スコア800以上を達成するための具体的なTOEIC学習法

TOEIC Listening & Reading

公式 TOEIC Listening & Reading 問題集 4 - amazon

このセクションでは、TOEICスコア800越えを達成するための具体的な方法について解説します。どんな人でも、必ず行うべきことを厳選してまとめましたので、ぜひ実践してスコアアップを目指してみてください。

基礎から比較的複雑な文法までマスターする

基礎がおろそかになっているという自覚があるのであれば、TOEIC関連の問題集や参考書に触れる前に、中学・高校レベルの英語を総復習しましょう。学生時代に使っていた教科書やノートが手元にあるのであれば、それを使って記憶を呼び起こすのもおすすめです。

学生時代の教科書が手元になければ、少し恥ずかしいかもしれませんが、書店で中学生、高校生向けの学習参考書を購入して学習するのも選択肢の一つです。学生向けに書かれているので解説もわかりやすく、基礎の学習には最適です。

わからないTOEIC単語はノートにまとめて暗記

TOEICに出てくる英単語はおおむね決まっており、ハイレベルな単語は基本的に登場しません。そのため、覚えるべき英単語も限られます。TOEIC800点突破に特化した単語帳が売られている書店もありますので、ぜひ1冊購入して、ボロボロになるまでやり込みましょう。

音源がついてくる単語帳であればなお良しですし、スマホの英単語アプリも充実しています。音源と単語帳をフル活用して、耳と目、ふたつを駆使して英単語を覚えましょう。また、わからない単語をまとめて、自分専用の単語帳を作る方法もおすすめですよ!

リスニング

TOEICを受験したことがある人であればお分かりかと思いますが、TOEICのリスニング問題において、音源は一度しか流れてきません。2回流してもらえるセンター試験や英検とは違い、一度で聞き取らなければなりません。また、各問題の間も比較的短いため、リスニングで流れてくる文章をいちいち頭の中で日本語に変換しているようでは、TOEICリスニングのスピードについていけなくなってしまいます。

もし、英語を毎回日本語に変換する習慣がついているのであれば、矯正する必要があります。ディクテーションやシャドーイングなどのトレーニングを徹底的に行い、瞬間的、反射的に英語を理解できるまで鍛えましょう。英会話の瞬発力トレーニングに特化したラジオ番組などは、TOEICのリスニング対策にはもってこいです。

リーディング

TOEICのリーディングセクションもまた、スピードとの戦いです。リーディングセクションを時間内に解ききれる人は、満点近い得点を取るような上級者か、あるいはまったく問題が解けずにすべて当てずっぽうで解いた人、などと冗談半分に言われることもあります。

リーディングセクションをスピーディに解くには、コツがあります。

まず、Part 5の回答時間を「10分」に収めることです。Part 5は文法、語彙問題であり、知っていれば解ける、知っていれば解けないという二極化の激しいパートです。つまり、文法や語彙の強化が解答時間の圧縮に直結するのです。

次に、Part 7の長文読解で「全体をまんべんなく読む」よりも「読むべきところを重点的に読む」ことです。TOEICの長文読解では、正答の根拠を長文の中から探します。そのため、この設問の正答の根拠はどこか、それはどのパラグラフにあるか、といったことを常に考えながら問題を解く必要があります。

公式問題集

TOEIC対策において、TOEIC公式問題集の利用はマストといって良いでしょう。必ずしもリーズナブルなものではありませんが、将来への投資だと思って、新形式に対応した最新の公式問題集を購入しましょう。

ポイントは、あらゆる問題数に触れるのではなく、公式問題集だけを何回も解くことです。TOEICの問題は型にはまっているので、同じ形式の問題を繰り返し解くだけでも十分にトレーニングになります。公式問題集一冊に書いてあるすべての問題(400問)を丸暗記してしまうくらいの勢いで取り組んでみましょう!

「公式問題集をもっと解きたい!」という方には、バックナンバーの購入もおすすめです。公式問題集は定期的に出版されているので、もし最新の問題集を解ききってしまったのであれば、バックナンバーに触れてみるのも良いでしょう。

スキマ時間でできるTOEIC対策

TOEICの勉強は机に向かって行うもののみならず、休憩や移動時間にできることもあります。5分~10分のすきま時間も有効に使いましょう。

通勤・通学の電車内でリスニング

AFN Tokyo

AFN Tokyo YouTube

通勤通学の電車内や、車通勤での時間を英語学習の時間に充てましょう。NHK第二放送AFN(American Force Network)が特におすすめです。TOEICの問題集についてくるCD音源やダウロードしたMP3音源をスマホに入れて日常的に聞くのも良いでしょう。

リスニング力強化のためには、ただ英語の音源をお経のように聞き流しても全く意味がありません。英語が自分の頭のなかで正しく理解されているか、音源のスピードにきちんとついていけているか、英語を日本語で解釈していないか、などをきちんと確認しながら聞きましょう。

何が理解できていて、何が理解できていないかを明確にすることで、リスニング力の向上につながります。ながら学習でメモを取ることは難しいかもしれませんが、聞いている間にわからなかったところはメモをとり、復習に役立てましょう。

昼休みにスマホアプリで学習

TOEIC対策には、スマホアプリの利用もおすすめです。ただし、TOEIC学習系のスマホアプリは実にさまざまで、なかには質の低いアプリも多数出回っています。評価やレビューも参考に、しっかりとTOEICに準じたハイクオリティなアプリを利用しましょう。大手出版社などがリリースしているアプリであれば、安心してTOEIC対策ができるでしょう。

おすすめは、単語に特化したアプリや、Partごとに一問一答形式の問題の学習ができるアプリです。長文読解の学習ができるアプリもリリースされているのですが、すきま時間で長文読解問題を解くのは難しく、スマホ画面では効率も下がってしまいますので、あまりおすすめできません。

お風呂で単語を覚える

お風呂に単語カードや単語帳を持ち込んで暗記するという方法もおすすめです。本番サイズの公式問題集をお風呂に持っていくのはさすがに気が引けますが、手のひらサイズの単語カードや単語帳はお風呂での学習に最適です。

お風呂はスマホやテレビなどの誘惑がなく、目の前の教材に集中できるので学習には最適のスペースです。紙が湿気でしわしわになってしまうのが気になる方には、防水タイプの単語カードを利用もおすすめです!

また、最近では防水のスマホやBluetoothスピーカーも市販されていますので、単語帳のCD音源を利用しながらお風呂で単語を覚える、という勉強もできるでしょう。

本物の英語力をつけるにはSW試験ハイスコアも必要

本物の英語力をつけたいなら、「読む」「聞く」「書く」「話す」の4技能すべてをブラッシュアップする必要があります。先にも説明しましたが、TOEICにはリスニング・リーディング(L&R)テストと、スピーキング・ライティング(SW)テストがあり、多くの方が受けるのはL&Rテストです。しかし、4技能をバランスよく伸ばしたいのであれば、TOEIC L&Rテストと同時に、SW試験でもハイスコアをとる必要があるでしょう。

実際に、L&Rテストで高得点を取っている人が、SWテストを受験したら散々な結果だった、という例はあります。勉強法も全く異なりますので、余裕がある方はぜひトライしてみてはいかがでしょうか。

他の資格試験にも目を向けよう

英語系の資格はTOEICだけではありません。確かにL&RテストとSWテストでハイスコアが獲得できれば4技能バランスよく高い実力を持っていることが証明できますが、必ずしも、それで十分とはいえません。例えば、テクニカルな英語に特化した工業英検や、英語系資格唯一の国家資格である「通訳案内士」など、英語系の資格は非常に豊富にあります。TOEICという狭い範囲で縛られずに、ご自身の目標に沿った幅広い資格試験に目を向けてみることもおすすめできます。

TOEICスコア800点越えをめざす学習法まとめ

TOEICで800点越えを目指すには、正しい学習方法と考え方をきちんと理解しつつ、毎日の地道なトレーニングが必要です。

また、TOEICの対策のみに特化して行うのではなく、中学高校レベルの語彙文法の総復習といった、英語の素地をきちんと固める作業も必須となります。すぐにハイスコアをとらなければならない人も多いと思いますが、焦ることなく、ぜひ長い目で見てじっくりと英語の力を鍛えてみてください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

ピックアップ