英会話スクールの講師などで、「TOEIC満点講師」のような売り文句を目にすることはよくあると思います。しかし、確かにすごいことはわかると思いますが、具体的にどれくらいすごいのか、ネイティブではなくても満点は目指せるのかなど、疑問に思ったことがある人は多いのではないでしょうか。

この記事では、TOEIC満点が果たしてどのくらいすごいのか、といった疑問に対して、複数の観点から答えてみました。満点を目指している人にとっても、すでに満点を取っている人にとっても役に立つ記事になっていますので、ぜひご覧ください!

TOEICのスコア構成はリスニング495点+リーディング495点の990点満点

TOEICは、リスニングセクション100問、リーディングセクション100問の合計200問で構成されています。配点に比重はなく、200問のうち何問正答できたかという正答率から、5点刻みでスコアが算出されます。英検などと異なり合格・不合格はないため、どんなに正答率が低くとも必ずスコアは算出されます。

また、TOEICの問題は3択あるいは4択問題で構成されているので、すべての問題に直感で答えても200点程度のスコアが出るようです。そのため、スコアのほとんどは200~990のレンジに集中しており、事実上の最低点は200点あたりであるといえます(もちろん、すべて白紙で提出したら最低点の5点になります)。

TOEIC990点満点を取る難易度は

では、TOEIC満点は果たしてどの程度の難易度なのでしょうか。

外国語の習得状況を示す際に用いられるガイドラインであるCEFR(セファール)という国際基準によれば、TOEIC990点のレベルは「C1」に該当します。「C1」は、英検でいえば1級に相当するレベルであり、語学系資格で測定可能な英語力の最高レベルであるといえます。結論からいえば、TOEIC990点満点をとることは、非常に難しいです。統計では全世界の受験者の1%程度であり、日本人という括りで見ればもっと希少な存在といえそうです。

また、TOEICは日常やビジネスで使える英語力を測るテストであり、問題自体には難問奇問は一切含まれていません。そのため、英語の実力が十分にある人であれば、特に込み入った対策やトレーニングをせずとも満点が取れるようになっています。英語ネイティブの人が何の対策をせずにTOEICを受けて、あっさり満点を取得することもあります。

全問正解しなくても990点満点がとれる?

実は、TOEICのスコアは、200問すべてに正答しなくても990満点がとれます。もちろん、満点保持者の中には本当に200問正解している人もいますが、リスニングセクションとリーディングセクションでそれぞれ2~3問程度間違えている人もいます。正答率は「アビリティメジャード」を参照するとわかります。

TOEICのスコアは基本的に1問5点で正答数に比例します。200問全部正解で1000点、逆に全部不正解で0点なのではと思われている人がよくいらっしゃいますが、実は違うのです。TOEICのスコアは過去のデータをもとに統計処理を施したものであり、母集団の中で自分がどのあたりにいるかという、偏差値のような意味があります。テストの開催年度によらずスコアに一貫性があり、過去のスコアと最新のスコアの比較が可能であるのもこのためです。

本当のTOEIC満点は1390点?

「TOEIC」というと、ほとんどの人が一般的なTOEICリスニング・リーディング(LR)テストを想像すると思います。しかし、TOEICにはスピーキング・ライティング(SW)テストというものもあります。TOEIC SWテストの満点はスピーキング200点、ライティング200点の合計400点ですので、本当のTOEIC満点は、LRテストとSWテストのスコアを合計した1390点といえるかもしれません。

SWテストのスコアが企業や大学の要件として求められることはほとんどありませんが、自分のレベルチェックなどの目的で受験することには意味があるといえるでしょう。世間一般ではTOEIC LRテスト満点=英語がペラペラ、というイメージですが、LRテストはインプット特化のテストであるため、必ずしもそうではありません。つまり、英語を聞いたり読んだりすることは難なくこなせても、話したり書いたりすることが全然できないといった、4技能のバランスが著しく偏った人もかなり存在するということです。

そのため、800~900点を取得している中上級者は、LRテスト満点を目指すことももちろん選択肢の一つですが、SWテストを受験して4技能をバランスよくレベルアップさせるのもおすすめです。自身の英語力を総合的にアピールするためには、4技能の実力を客観的に示す指標が必要となります。TOEICはSWテストとLRテストの二本柱であると考えるべきでしょう。

TOEICの点数は900以上あれば一流企業でも評価される

TOEIC900点以上をもっていれば、日系企業で課されるTOEIC関連のボーダーをほぼすべてパスできます。一流企業を目指す場合でも、まわりの人たちより頭ひとつ飛びぬけ、大いに評価されるでしょう。

就職活動において新卒社員がもっていると望ましいとされているスコアは、600~700点程度です。また、エアライン系など業務で日常的に英語を使うような業界の社員であったとしても、800点程度であることがほとんどです。

TOEIC900点を採用や昇進の要件として課している企業はほぼないに等しく、900以上あればどの分野、業界でも英語を武器にできるといえるでしょう。ただし、TOEICのスコアが通用するのは基本的に日本と韓国のみであり、英米などではTOEFLやIELTSなどの語学試験のスコアのほうが評価されやすくなりますので、注意しましょう。

TOEIC満点=ネイティブレベルとは限らない

TOEIC満点取得者がネイティブレベルの英語力を有している場合ももちろんありますが、そうでない場合もあります。ネイティブレベルが具体的にどのくらいのレベルかというのは人により感じ方は違うと思いますが、満点保持者でありながら英語を流暢に使えない人も一定数います。

また、TOEIC満点は通過点であり、その先にも道はあります、英会話やスピーチなど、実践で使える技術を磨く、英検などほかの語学系資格に目を向けて挑戦してみる、海外旅行に出て実践しながら学習するなど、満点の先にあることは無数にあります。

知らない単語・フレーズの吸収を継続しよう

英語の実力をつけるには、とにかく多読多聴で大量にインプットをこなして、自身の中に英語のストックを溜めることが重要です。これは、TOEICで満点を取るような上級者においても例外ではなく、満点を取った後でもトレーニングを継続する必要があります。

たとえば、TOEICで出てくる英語よりもずっと難しい、英字新聞や英文誌に出てくる英語は、ハイレベルな英単語やフレーズのオンパレードです。これらを難なく読みこなすには、相当なレベルの語彙とフレーズを自身にストックしておく必要があり、TOEIC990点レベルでも全く足りないといえます。英字新聞や英文誌で使われる単語は10000語以上ともいわれ、よりレベルの高いトレーニングで習得する必要があります。

いずれにせよ、TOEICで満点を取ったから英語学習はおしまい、というスタンスでは非常にもったいないです。英語学習の道は終わりなきものと心得て、生涯にわたって学びつづけるものと考えて取り組みましょう!

TOEIC満点のまとめ

TOEIC満点のすごさは、理解していただけたでしょうか。TOEIC満点は、英語の語学試験で測定可能な最高レベルです。しかし、TOEICで満点をとることが英語学習の最終目標というわけではなく、他にも英語力を高めるための多くの道が開けているということを知っておきましょう。

TOEIC満点がどこまで価値があるのか、TOEIC満点でも足りない箇所は何かということを十分に理解したうえで、英語学習を行うといいかもしれません。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

ピックアップ