就活を控え、TOEICスコアで英語力をアピールしたいと考えている皆さん、目標スコアはどのくらいに設定していますか?どのくらいのレベルであれば英語が得意だと示すことが出来るのか、周りの就活生がどのくらいのスコアを持ってくるのかなど、目安が分からず迷ってしまいますよね。そこで今回は、就活でアピールできるTOEICスコアの目安や、TOEIC本番に向けた対策についてわかりやすく解説したいと思います。

TOEICが就活で有利とされる理由

まずは、TOEICが就活で有利とされる理由について見ていきましょう。

就活生の英語力を定量評価できる

各企業が採用の際にTOEICスコアを参考にする背景としては、受験者が圧倒的に多いということが挙げられます。採用担当者が就活生同士を比較する時、別々の検定試験のスコアを持ってこられても比べようがないですよね。TOEICは、英語力をアピールするための定番の検定試験として多くの就活生が受験していますから、企業側もTOEICの点数で単純比較しやすくなります。これが、TOEICが就活で有利にはたらく理由のひとつなのです。

また、試験の性質として、合格/不合格の二択ではなく細かくスコアが出るというポイントにおいても、ひとりひとりの英語力を評価しやすく、企業側としては使い勝手が良く好まれています。

企業がTOEICの点数で足切りするのも嘘ではない

書類選考の際、TOEICスコアで足切りしている、という話を聞いたことがありますか?「本当なの?」と思われるかもしれません。しかし、すべての企業とはいえませんが、実際にTOEICのスコアで足切りをしている企業は存在しています。

募集要項の中に「TOEICスコア600点以上の方」と明記されている企業もありますし、就活生側には知らされないけれど、選考の際足切りの基準がある、という企業もあります。外資系企業やグローバル市場を中心としたビジネスの業種においては、多くの場合最低ラインとなるTOEICスコアがあると思って良いでしょう。TOEICで高得点を取っておけば、間違いなく有利になります。

他の就活生と差別化するためのアピール材料になる

TOEICは目に見える数値(スコア)でその人のスキルを表すことが出来るため、他の就活生との差別化にも使われます。ただし、ここで言う「スキル」とは、英語のスキルに限った話ではありません。そのスコアを達成するに至るまでの向上心や忍耐力などのマインド面も、採用活動において評価対象となります。

学習に向かう姿勢を通じて採用後の仕事に向かう姿勢をアピールすることができるというわけです。

就活でアピールできるTOEICスコアの目安は?

それでは、実際に就活でアピールできるTOEICスコアの目安を見ていきます。企業や職種によってさまざまですので一概には言い切れません。実際に企業が社員にどの程度の英語力を期待するかによって、求められるスコアは違ってきます。あくまで参考レベルに考えてください。

履歴書に書くのは700点以上がのぞましい

結論からいいますと、履歴書に書くのに600点台では少しインパクトに欠けます。600点といえば、ゆっくりであれば日常会話が理解できる程度のレベルではあるのですが、取り立てて英語力があるとアピールする材料にはなりません。就職活動を有利にすすめたいのであれば、700点台以上を目指すことをおすすめします。TOEICスコアで足切りをしている企業においては、730点をボーダーラインにしているところも多いようです。

英語をアピールポイントにするなら800点以上

先ほど紹介したように、「足切りのライン」という意味では700点以上が一つの目安になりますが、大手企業や外資系企業で即戦力として英語を使っていくとなると、やはり800点以上は必要になってきます。

700点台まではこれまでの基礎学習が十分身についており、英語に苦手意識がないというレベル。800点台になって初めて、英語を自分のものとして使いこなすことができるとみなされます。日常会話やシンプルなビジネス会話、友好的交渉であれば英語で十分に行えるでしょう。

800点は、留学経験がなくても、国内での学習で十分に目指すことができるスコアです。

大手企業でもまわりと差がつけられるのは900点以上

900点以上のスコアを取ることができれば、大手企業を受験する際にも、まわりの就活生としっかり差をつけることができます。TOEICスコアの分布をみると、900点以上を取っている人は全体の3%程度です。
900点以上のレベルであれば、ネイティブスピーカーと同等の英語力があるとみなされるでしょう。

業務上、海外に出向く機会の多い職種や企業になると、入社時点でこのレベルを求められることも少なくありません。大手総合商社や大手外資系企業を狙っている方はぜひ900点を目指して頑張ってみましょう。

企業によって求めるレベルが異なる

上に挙げた例はあくまで目安です。実際には、企業や業種によって求められる英語力も異なります。

例えば、外資系企業ではTOEIC800点以上を採用条件としている企業もあります。日系企業の中でも、自動車産業等グローバル市場に重きを置いている業種では、700点以上は取っておきたいところです。英語力がそこまで必須でない企業では、600点台でもアピールとなる企業もあるでしょう。

自分が狙っていきたい企業や業界をしっかり研究し、どの程度の英語力が求められているのかを見極めることが大切です。

理系・文系・出身大学によって評価される点数が異なる場合も

就活で求められるTOEICスキルは、先ほど述べたように企業や職種などによっても違いますが、出身大学によっても違うと言われています。例えば、出身大学が一流大学だった場合や、外国語学部など英語に特化した学部だった場合、「このくらいならちょっと勉強すれば取れるレベルなのでは?」と思われる可能性があるのです。

特に、東京大学や一橋大学、京都大学等の難関国立大学レベルであれば、ある程度英語はできて当然とみられ、700点台でやっとアベレージ、という評価になることもあります。また、専攻分野が英語に関わるものであった場合も、あまり高くないスコアを申告すると、研究における評価を疑われかねません。そういう場合は、あえてTOEICを受験しない、というのもひとつの戦略と言えるかもしれません。

そして先ほども述べましたが、TOEICスコアは単純な英語力だけでなく、そこに到達するまでのプロセスやマインドも評価対象になります。「大学での専門分野の勉強もある中で、目標設定してそれに向けて熱心に学習しました!」という姿勢が見えることも大切なポイントなのです。

就活に備えてTOEICはいつまでに受験すべき?

みなさん、目標とするTOEICスコアは定まってきたでしょうか?

現時点のスコアからすると途方もなく高いスコアのように感じるかもしれませんが、TOEICはコツを掴んで正しく対策すれば高得点が狙えるテストですから、落ち着いて学習を進めていきましょうね。
なお、TOEICは受験後すぐに結果が出るわけでなく、実際にスコアがわかるまでにはタイムラグがあります。TOEICを就職活動に使おうと思うのであれば、スコアが届くまでのスケジュールを鑑み、前もって受験しておく必要があります。

それでは、就活に備えたTOEICの学習スケジュールについてご紹介したいと思います。

就活1ヶ月以上前に受ける

公式サイトを見ると、TOEICの認定証は受験後30日以内に郵便にて発送するとされています。スコアだけであれば、認定証発送予定日の1週間程度前にはインターネット上で確認できます。それより早くには、どんな事情があってもスコアの照合はできません。
TOEICスコアをエントリーシートに記載したい場合には、就活スタートの1か月前には受験を済ませておくようにしましょう。そこから逆算して学習スケジュールを立てていくといいですね。

就活開始後は無理して受けようとしない

TOEICで良いスコアを残せないまま就職活動が始まってしまった場合も、就活開始後に焦って受験し続けるのはあまりおすすめできません。就活が本格的に始まると、企業研究や企業説明会、エントリーシート作成などに時間を割かなくてはなりません。そんなときに焦ってTOEICの学習まで手を広げてしまうと、どれも中途半端になってしまいかねません。

多くの企業ではTOEICスコアはエントリーシートに記載させ、書類選考での検討材料にしますから、エントリーシートの提出期限に間に合わなければ、TOEICスコアをアピールするタイミングはないと考えていいでしょう。就活も本番に実力を出す勝負強さがカギになってきますので、その練習だと思って「就活開始前までに結果を出す!」というつもりで取り組んでみてくださいね。

2019年TOEIC L&Rテスト試験日程

それでは、2019年のTOEIC L&Rテスト試験日程を見ていきましょう。申し込みの際には公式情報もご参照ください。

実施日 インターネット申込期間 結果発表日
第238回 2019.3.10 2018.12.14~2019.1.29 2019.4.9
第239回 2019.4.14 2019.2.1~2019.2.26 2019.5.14
第240回 2019.5.26 2019.3.1~2019.4.2 2019.6.25
第241回 2019.6.23 2019.4.5~2019.5.14 2019.7.23
第242回 2019.7.28 2019.5.17~2019.6.18 2019.8.27
第243回 2019.9.29 2019.6.21~2019.8.6 2019.10.29
第244回 2019.10.27 2019.8.9~2019.9.10 2019.11.26
第245回 2019.11.24 2019.9.13~2019.10.8 2019.12.24
第246回 2019.12.15 2019.10.11~2019.10.29 2020.1.14

TOEICは他の検定試験と比べて申し込みのタイミングが早いので、しっかりとスケジュール管理して手続き漏れの無いようにしておきましょう!

就職後も英語を武器にするには4技能すべてを伸ばす必要がある

toeic

https://www.iibc-global.org/toeic/test/sw.html

上でご紹介したのはTOEIC Listening & Readingテスト(TOEIC L&Rテスト)であり、英語の「聞きとり」「読み」を試すテストです。就活においても、一般的に評価対象となるTOEICはL&Rテストです。

しかし、最近ではTOEIC Speaking & Writingテスト(TOEIC S&Wテスト)の受験者も増加傾向にあります。Speaking(話す)やWriting(書く)のスキルもスコアとして持っておきたいという受験者が増えてきているのです。

実際に英語をコミュニケーションツールとして使いこなそうと思った場合には、スピーキング・ライティングというアウトプットスキルも不可欠になります。ビジネスシーンでは「読む」「書く」「聞く」「話す」を総動員して使っていくことになりますので、就職後も、社会人として英語を武器にしていきたいと考えるならば、やはり4技能すべてをバランスよく伸ばしていくことが大切です。せっかく英語の勉強するのなら、就活だけでなくその先まで見据えて取り組みたいものですね。

スピーキング力向上はオンライン英会話の活用も

英語の4技能のうち、日本人である私たちが最も苦手意識を持つのは、やはりスピーキングですね。英語では、日本語にはない独特の発音が登場しますので、聞き取るのも自分で発音するのもとても難しいです。まずは、英語の音に慣れることを意識して、英語を日々耳に入れる練習をしていきましょう。

動画サイトにも英語学習用にゆっくり話してくれるチャンネルがありますし、息抜きがてら洋画や洋楽を聴くのも良いでしょう。スピーキングとリスニングは表裏一体ですから、英語が聞き取れるようになってくると自分でも徐々に発音できるようになっていきます。

また、今は自宅で利用できる英会話教材やサービスが充実しています。就職活動と並行してTOEIC対策を行うなら、オンライン英会話などwebを利用した英会話学習もおすすめです。高品質なサービスでは、「vipabc(ブイアイピーエービーシー)」が24時間365日のレッスン受講が可能で、帰宅が遅い日にふと思い立った時でも受講できるため大変便利です。また、独自システムで目標レベルまでの最短ルートを算出した上でレッスンカリキュラムを組むため、短期間でも無駄のない学習ができます。

就活で勝つための必要TOEICスコアまとめ

就活でアピールできるTOEICスコアの目安や、TOEIC本番に向けた対策について解説してきました。参考になりましたでしょうか?就活でTOEICを武器にしていくためには、以下4点を意識しましょう。

  1. 就職活動で英語力をアピールするならTOEICスコア700点台~
  2. 目指す企業や業種、また自分の専攻分野・出身大学によって目指すスコアは変わる
  3. TOEICスコア800点台くらいなら、国内での学習でも充分に目指すことができる
  4. 就職後も英語を武器にしたいなら、4技能(リスニング・リーディング・スピーキング・ライティング)すべてを鍛える必要がある

TOEICはただ漫然と受験するだけではなかなか成果が上がりません。英検と違って合否が無い分、自分で明確な目標設定をする必要があります。就活期間中は、大きな緊張感の中で多くの作業をこなしていかなければならないため、想定していた以上にストレスを感じることになると思います。上手にスケジューリングして、就活に自信を持って臨めるようなTOEICスコアを獲得していきましょう!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

ピックアップ