日系企業への転職活動で求められる履歴書や職務経歴書では、TOEICのスコアの記載が必要であることが多いです。しかしながら、どれくらいのスコアであれば堂々と記載できるのか、転職先の企業はどれくらいのスコアを求めているかというのは疑問ですよね。

この記事では、転職に必要なTOEICのスコアはいったいどのくらいか、どの程度のスコアレンジであればアピールポイントとして機能するかなどを解説しています。これから転職を控えている方は、ぜひご参考にしてくださいね!

最低で700点は必要!転職に必要なTOEICスコアの目安

このセクションでは、転職に必要な最低限のTOEICスコアとはどのくらいのものかについて紹介しています。なお、あくまでも目安であり、「このスコアを越えたら必ず転職が成功する」という意味ではありませんのでご注意ください。

500点台:社会人の平均

TOEIC500点は社会人の平均的なスコアとされており、またTOEIC受験者全体の平均点も回によらず、おおむね550点前後です。業務で英語を使うか使わないか、国内勤務か海外勤務かなどによらず、社会人であるならば最低限500点台は越えておきたいところです。しかし、転職活動において500点台ではとてもアピールポイントにはならないと思っておきましょう。

ちなみに、TOEIC500点が受験者や社会人の平均的なスコアであることは事実ですが、だからといって500点が日本人の平均というわけではありません。TOEICの受験者は全体的には日本人平均よりも高い英語力であると予想されるので、日本人の平均的な英語力は400点から500点くらいであるといえそうです。

600点台:平均より少し上。履歴書にギリギリ書けるレベル

社会人の平均レベルである500点台よりワンランク上の、TOEIC600点台のスコアを持っている人は、「平均より少しだけ上」の英語力を持っているといえるでしょう。転職の際のアピールポイントとして最低限機能しますが、面接官の目に特別留まるほどではありません。履歴書やESにぎりぎり記載可能なレベルと捉えましょう。

逆にいえば、TOEICの受験経験が何度かあるにもかかわらず600点に到達していないと、かえって英語ができないというイメージを与えてしまう可能性もあります。その場合には、あえて受験経験を「なし」にして記載しないのも一つの手です。受験しているにもかかわらず記載しなかったからといって、採用に影響が出ることはありません。

700点以上:大手グローバル企業で求められるレベル

TOEIC700点は、日系の大手グローバル企業や外資系企業、エアライン業界などが新卒、既卒、中途入社の社員に求めるレベルです。これらの企業では社内、社外業務で日常的に英語を使いますので、実際に使える英語力が求められます。700点台で海外勤務は少しハードルが高いかもしれませんが、海外出張であれば、転職後にいずれ任されるようになるかもしれません。

700点はノンネイティブでも十分目指せるレベルであり、学生時代に英語に自信があった人であれば容易に取得可能です。少々時間はかかるかもしれませんが、社会人として英語力をつけたいと思っているのであれば、最低限このレベルには到達したいものです。

企業が求めるTOEICスコア(700点台)

700点以上

  • ファーストリテイリング
  • NTT東日本
  • キリン(事務・技術職の配属、異動)
  • シャープ(課長職)
  • ブリヂストン
  • みずほ証券
  • ヤマト運輸
  • 伊藤忠商事(入社4年目社員)
  • 楽天(課長級)
  • 三菱自動車(事務職)
  • 三菱電機
  • 資生堂

730点以上

  • ソフトバンク
  • NTTコミュニケーションズ(新人の1年間派遣権利)
  • 丸紅
  • 三井物産
  • 三菱商事
  • 住友商事(管理職)
  • 双日
  • 日本IBM(次長)
  • 武田薬品工業

750点以上

  • 丸紅(入社5年目社員)
  • 楽天(上級管理職・部長級)
  • 三井物産(入社3年目社員)
  • 三菱商事(課長クラス)

800点以上:実際に英語で仕事ができるレベル

TOEIC800点台は、ノンネイティブとして十分な英語力を有していることの証明となります。海外の部署や事業所に配属になる際の必要条件としてこのレベルの英語力が求められることが多く、本格的に海外で働く仕事に転職したいのであればTOEIC800点以上を目指しましょう。

実際、TOEICのテストプログラムを開発しているETS(Educational Testing Service)も、TOEIC860点以上のスコア保持者を「ノンネイティブとして十分なコミュニケーションができる」レベルであるとしています。海外旅行や日常英会話のみならず、多少込み入ったコミュニケーションが難なくできるようになり始めるのも、このレベルからです。

企業が求めるTOEICスコア(800点台)

800点以上

  • KDDI(事務・技術職の配属、異動)
  • 三井住友銀行(総合職全員の努力目標)
  • 住友不動産
  • 日本マクドナルド
  • 日立製作所(経営幹部)
  • 野村不動産

860点以上

  • 野村ホールディングス(グローバル型社員)
  • 三菱商事(社内留学)
  • 富士通(海外出張)

900点以上:超一流企業においても有利になるレベル

転職活動においても、TOEIC900点台を要件として求める企業はほとんどありません。900点台は英語系語学試験で測定可能な英語力の上限であり、このレベルに到達したら、転職において書類上で求められるあらゆる要件をパスできるといえるでしょう。

また、900点とTOEIC満点の990点は実力としては大きな差がありますが、アピールポイントとしては実はほとんど差がありません。採用担当者の中でも900点台保持者はほとんどいないため、採用側から見ても900点と990点で何が違うのか理解できない、というのが現状でしょう。TOEICの学習は、900点台に到達したら区切りとして問題ないでしょう。

ただし、それはあくまでも転職活動での書類上の話で、実際にビジネスシーンで英語を使いこなせるかどうかは全く別の話です。事実として、TOEICなどの語学系資格で高得点を持っている人でも、英語を話すのが苦手という人も一定数います。TOEIC900点台はあくまでも通過点であり、その先には使える英語、本物の英語というさらなる高みがあることを忘れてはなりません。

企業が求めるTOEICスコア(900点以上)

  • サムスン
  • Panasonic(国際広報担当)

Panasonicの国際広報担当のポストは900点以上のスコアを求めています。コアとなる業務が英語によるコミニケーションとなるような場合、900点という高いスコアが求められるようです。

中途採用は新卒採用よりも高いTOEICスコアが求められる傾向にある

新卒社員に求められるスコアと中途社員に求められるスコアを比較した場合、大きな差ではありませんが全体の傾向として中途社員に求められるスコアのほうが高くなっています。

新卒で入社した社員に対しては、研修の一環として語学レッスンを提供するなど、自社で英語力を鍛えることが可能です。しかし、転職で入社する中途社員は即戦力人材として期待されるため、求められる英語力も高くなる傾向にあるのです。

英語を使わない仕事でもTOEICのスコアアップには意味がある

社員が日本人しかいない、取引先も顧客も日本人ばかりという企業に勤めている人は、当たり前かもしれんが英語力は全く必要とされません。英語を使う機会がない職場では、TOEICの受験やスコアアップを目指す動機づけがなく、やる気になれないかもしれません。

しかし、英語を全く使わない仕事に就いている人でも、TOEICのスコアを伸ばすことには大きな意味があるのです。

TOEICの勉強は仕事術にも応用できる

TOEICの勉強は、現状把握、課題分析、実行、効果測定といった、業務でよく行うプロセスに似たような学習方法です。つまり、TOEICを勉強しているだけで業務にそのまま応用できそうな仕事術を獲得することも十分可能であり、実際に自分のやり方でスコアアップができたのであれば、自分自身で構築したその勉強方法をそのままアピールポイントとして展開することも可能です。

昇進・昇格の基準にしている企業がある

日系企業の多くは、TOEICのスコアを昇進や昇格の必要条件として課しています。そのため、仕事の能力が十分高く、昇進に値するような有能な人でも、TOEICスコアの要件をパスできずに昇進できない、という事態に陥ってしまうこともあります。このような事態を避ける目的でも「とりあえず早いうちからハイスコアをとっておく」ということが有効であり、たとえ業務や日常で一切英語を使わないとしてもスコアをとる意味があります。

TOEICのスコアは数年後、数十年後でも有効ですので、運転免許証のような感覚でとりあえずハイスコアをとっておく、というのはかなり理にかなった手段です。

入社直後は英語を使わなくても、将来的に海外と関わる仕事が巡ってくることも

世の中の変化は目まぐるしく、10年後、20年後にはどこでどのように働いているかはわかりません。現在勤めている会社で英語を使わないとしても、突然海外出張や海外勤務を命じられるなど、自分の意に反して英語を使わざるを得ない状況になってしまうことも十分に考えられます。

突然の辞令に備えて、たとえ今、英語が必要とされていない状況に置かれているとしても、下準備として英語の勉強をしておくことには意味があります。TOEICの勉強をして、実際にTOEICを受験してスコアアップを狙ってみてはいかがでしょうか?

TOEIC対策、まずは自分のレベルに合った学習を

toeic text

公式TOEIC Listening & Reading オンライン対策プログラム 新形式問題対応 - amazon

このセクションでは、実際にTOEICの対策をする際の具体的な方法について解説しています。 簡潔にポイントのみまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

新形式のTOEICに対応したテキストで問題演習を積む

2016年にTOEICで出題される問題内容が刷新されて以降、現在では新形式に対応した問題集と2016年以前の旧型式に対応した問題集が両方出回っています。旧型式で学習しても全く意味はないと言い切れませんが、新形式に対応した問題集で学習することを強くおすすめします。

おすすめはTOEIC LRテストの問題を作成しているETSが発行する「公式 TOEIC Listening & Reading 問題集」です。本番と全く同じ形式の問題が利用可能であり、TOEIC受験者必携の良著です。価格は3,000円と他の出版社が出版する問題集よりも若干高めの設定ですが、内容のクオリティが高く、値段相応といえるでしょう。

日常生活にも英語を使う機会をつくる

TOEIC対策の学習法は、TOEIC専用の問題集や参考書だけではありません。例えば、リスニング強化のためにTOEICの音源だけではなく、よりレベルの高い教材でトレーニングをすることも有効です。リーディングにおいても、教材のみならず、ネットの英文記事や英字新聞を読み漁るのも良いでしょう。

英語の実践の場としては、リスニング・スピーキングでインプットとアウトプットが同時にできるオンライン英会話も非常に有効です。好きな時間にレッスンを受けられ、また1人ではできないトレーニングを行うことができるなど、独自のメリットが豊富にあります。

転職に必要なTOEICスコアと求められる英語力まとめ

転職で求められるTOEICスコアは業種や業界によりますが、おおよそ700点程度、最低限600点は必要であると考えたほうがよさそうです。また、TOEICスコアは業務で日常的に英語を使わない人にとっても取る価値が十分あります。自分は英語を使わないから、などと視野を狭めずに、今後のキャリアアップの選択肢を広げるためにも、ぜひTOEICを受験してスコアアップを目指しましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

ピックアップ